先日Windows8.1が発表されましたね。
しかもWindows8を使用している人は、無償でバージョンアップできちゃうんです。
なかなか太っ腹ですね、Microsoftさん。
バージョンアップしたい人は“Windowsストア”アプリからどうぞ!!
自分も早速メインで使っているパソコンをバージョンアップしちゃいましたよ♪

でもWindows8自体これまでのWindowsと比べると結構クセがあるんで、慣れるまで大変なんですよね~。
正直Windows7からバージョンアップしたときはかなり後悔しましたから(^^;;;

そんな後継のWindows8.1ですが、使い勝手についてはいろいろよくなっている面もあるみたいです。
1つはスタートキーの復活!!といっても、7のときのように全部のプログラムが表示されるようなことはないんですけどね。
ただ右クリックするとコントロールパネルやエクスプローラーが開ける上に、新たにシャットダウンもできるようになりましたね。
まぁこれはちょっと便利かもです。

ただ使い始めて早々に感じたこと、それは

アプリで表示されるフォントの文字が大きくなって、画面がぼやけた感じがする

ってことでした。

Outlookとかも、文字はちょっと大きくなったものの、一度に表示されるメールの数が減ってしまって、と~っても不便。
せっかくのフルHDの画面もこれでは生かせなくなってしまいます。

で、原因をいろいろ検索した結果分かりました!!
どうも設定が勝手に変更されてしまったようなんですね。
もちろん使っている機種にもよると思うんですが。
(ちなみに自分は15.5型のVAIO SEを使っております)

というわけで、今回はそれを元に戻す方法をご紹介。

結局はディスプレイの設定を戻せばよいということが分かりました。

始めにコントロールパネルを開いて、”デスクトップのカスタマイズ”をクリック。
win8g1.jpg

続いて”ディスプレイ”をクリック。
win8g2.jpg

すると下のような画面が表示されます。
win8g3.jpg
多分ここで推奨設定が選ばれてしまっていると思います。

ここで”すべてのディスプレイで同じ拡大率を使用する”にチェックを入れます。

すると下のような画面に変わりますので、そこで“小-100%”を選択して、右下の”適用”をクリックすれば完了です。
win8g4.jpg

これできっと元の表示に戻ると思いますがいかがでしょうか?

まぁMicrosoftさん的にはこっちのが見やすいだろうってことで変更したんでしょうが、今までの表示に慣れてる人からしたら、ちょっと余計なお世話って感じもしますけどね。

同じ悩みでお困りの方がおられたら、ぜひお試しあれ。

本日もありがとうございました。