今回は久しぶりのWindows 8.1 Tips編です。

というのも、先日私事ながらパソコンを新規に購入したのでした(^^)/
それはそれで使い勝手が向上して気分が良いのですが、今まで使っていたパソコンと同じ環境を構築するのって結構面倒なんですよねぇ。

で、これまではいろんなデータの移行や設定なんかを新しいパソコンに引き継ぐために

Windows転送ツール

ってのを利用していました。

Microsoft純正のツールですよね。
Windows 7のときはそれで問題なくデータの移行ができたので、今回も同じ方法でやってみようとしたのでした。

Windows 8.1のWindows転送ツールは

現在はWindows 8.1を使っているんですが、転送ツール自体はWindows8.1にもインストールされています。
場所はというと、スタート画面からだと下矢印を押してすべてのアプリを表示させると

tenso1-1一番最後の方に”Windows転送ツール”ってのがあります。
そうでなければ

Windowsロゴキー+Q

でアプリの検索チャームを開いて、“Windows転送ツール”って入力すると下に表示されます。

これを起動してみますと

tenso1-2

たしかにそれっぽいソフトが立ち上がってきます。
そして”次へ”を選択すると

tenso1-3ムムム、これは…。

そうなんです

Windows 8.1標準の転送ツールは、データのインポートしか対応していない

のでした。

これにはまいりました。
じゃあどうやってWindows8.1からデータ移行したらいいんだと。

どうもMicrosoftとしては

Onedriveを利用してデータを移行してほしい

ようですね。

詳しくはマイクロソフトの以下のページをご覧ください。

新しいパソコンにデータを移行する方法 ~ OneDrive や USB メモリ、外付けハード ...
新しいパソコンにデータを移行する方法 ~ OneDrive や USB メモリ、外付けハード ディスク を使ってデータを移行する~

ただしOnedriveを使う場合、通常だと

容量が15GBまでしかない

のです。
メールの容量が多かったりして移行データが大きい方にとっては、これでは全然足りなくなってしまいます。

そう考えるとやっぱり今までのように転送ツールでデータを移行したいわけです。
そしてその難題を解決する方法がありましたのでご紹介いたしましょう。

Windows 8.1から転送ツールを利用してデータを移行する方法

ちょっと前置きが長くなってしまいました(^^;
ではここからが本題です。

どうやってデータ転送ツールを使ってデータを抽出するのか?
いろいろ検索しても、Windows8.1にデータをインポートする方法はたくさん書かれているんですが、エクスポートする方法は書かれていないんですよねぇ。
あんまり皆さん必要としていないのかどうなのか…。

実はデータを抽出する方法なんですが

Window 8まではその機能が実装されていた

ようなんです。
なんでバージョンアップして削っちゃったんでしょう。

ということで、Windows転送ツールを使うためには

Windows8が必要

ということになります。

Windows8から8.1にバージョンアップした方は、Windows8のDVDが手元にあれば、エクスポート用に転送ツールが利用できます。
これはネットを検索していたところ、以下のページに書かれていたので参考にさせていただきました。

Windows 8.1の転送ツールを使って移行する(裏技編) - みゃうのリカバリーをする前に
Windows 8.1のWindows 転送ツールを使った移行では以下のような結果になりました。 Windows 8.1の転送ツールを使って移行する(前編) http://blogs.yahoo.co.jp/akio_m...

 

ただ皆さんがWindows8からバージョンアップしたわけではないですよね。
最初からWindows 8.1がインストールされていたパソコンの場合には、当然Windows8のDVDなんか持っていないわけで。
そうなると転送ツールでのデータ移行ができないとなってしまいますが、ここから解説していくのは

誰でもWindows転送ツールを利用可能にする方法

です。

では順番に説明していきますね。

まずはWindows8の評価版をゲットします

実は、マイクロソフトはWindowsの評価版というのを誰でもダウンロードできるように提供してくれています。

具体的には以下のページです。

TechNet Evaluation Center

このページにアクセスしてもらい

tenso1-4左下の方にある

以前のバージョンの”製品一覧”

をクリックします。
すると

tenso1-5ここに

Windows8 Enterprise

とうのがあるので、これを選択します。

tenso1-6

ここからは

Microsoftアカウント

が必要となりますので、登録している方はメールアドレスとパスワードを入力してください。
まだしていない方は、あらたに登録するか、一時使用コードを使ってサインインしてくださいね。

すると

tenso1-7

登録してある名前とメールアドレスが表示されるとともに、どのバージョンのWindows8の評価版をダウンロードするかを選択します。
使われている環境に合わせて

32bit版か64bit版かを選択

してください。

あとはisoファイルがダウンロードされてくるはずです。

評価版Windows8ディスクに含まれるWindows転送ツールを開きます

ダウンロードが完了したら、そのファイルを開いてみます。
isoファイルはDVDに焼いてもいいですし、そのままマウントしてもOKです。

tenso1-8

エクスプローラーでダウンロードしたものを開くと

support>migwiz

というフォルダの中に

migwiz.exe

というファイルがあるかと思いますので、それを起動します。
すると

tenso1-9

どこかで見覚えのある画面じゃないですか?
ここで次へをクリックすると

tenso1-10

転送方法を聞かれますので、どれかを選択してください。

外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ

ってのを選ぶことが多いかと思われますが。
あとは

tenso1-11

これは今までのPCです

の方を選んでください。

あとは手順に沿って進めていけば、これまでのWindows転送ツールと同じ方法で移行用のデータを抽出してくれるはずです。
抽出したデータは、新しいパソコンのWindows転送ツールでインポートすればOKです。

 

以上、Windows8.1でWindows転送ツールを使ってデータをエクスポートする方法でした。
評価版のWindows8をダウンロードしたりしないといけないので少々面倒な面はありますが、これならどなたでもできるはずです。

もしWindows8.1を使っていて、新しいパソコンにデータを移行したいという場合にはこの方法を是非お試しあれ。

本日もありがとうございました。