Windows 10がリリースされて、そろそろ半年ぐらいたちますね。
しかし自分の周りでは、まだWindows 7を利用している人の方が実は多い気がします。
Windows 8.1もなんだか中途半端でしたし(^^;

Windows1oもWindows 8シリーズよりはずいぶん使い勝手が良くなっていますが、まだまだ発展途上といった印象ですね。
でもマイクロソフトはWindows 10への移行を進めているようですので、今後はWindows 10が主役になっていくことでしょう。

しかしWindows 10にバージョンアップするのはいいけど、過去のPCのデータを新しいWindows 10のPCに移動してくる時にちょっと困るんですよね。
もともとWindows 7や8.1が入っていたパソコンを、Windows 10にバージョンアップする分には全く問題ないのですが。

今回はWindows 10へ移行するにあたってWindows転送ツールを使ってデータを移行する方法を解説いたしましょう。

Windows 10にはWindows転送ツールは入っていません

そうなんです、これ実は知らない人が多いんじゃないでしょうか?
自分もWindows 7のデータを新しいWindows 10のパソコンに移行しようとしたら、この問題にぶち当たったのでした。

今まではWindows標準でWindows転送ツールというデータ移行ツールがインストールされていた

んですよね。

tenso1-2

こんなのですね。

これがあれば、マイドキュメントのファイルやメール、簡単な設定などを比較的スムーズに移行することができました。

しかし

Windows 8.1からは、Windows転送ツールはデータのインポートのみの対応

になってしまったのでした。
そしてとうとう

Windows10では、インポートするツールすらなくなってしまった

のです。
つまり

Windows10にはデータ移行ツールは付属していない

ということなんです。
これは困りますよねぇ。

というのも、マイクロソフトとしては

One Driveを利用してデータを移行してね

ってことみたいなんですけどね。

ネットにつながっていればPCが違っても同じ環境で使えるので、確かにOne Driveで環境を整えるのは一つの方法です。
しかし問題は

One Driveの容量は、フリーで使えるのは15GBしかない

ってことなんです。
自分の場合、過去のメールの容量だけで簡単に15GB超えてしまいますし(^^;;

Windows10で転送ツールを利用するには

ではWindows 10でどうやって転送ツールを使うか。
その方法は

以前Windows 8.1で転送ツールを使った方法と全く一緒

でよかったのでした(^^)

つまりはWindows転送ツールのプログラムファイルである

migwiz.exeを手に入れる

ということですね。

Windows 8を持っている方は、Windows 8のDVDの中にそのファイルが含まれています。
しかし持っていない方も大丈夫。

具体的には、以前解説したページを見てみてくださいませ。

この方法なら

Windows 10しか持っていない人でも大丈夫

ですよ。
またWindows10て使っている環境から、新しいWindows10のパソコンへ移行することも可能です。

Windows8の評価版を使うということで、ちょっと裏技的ではありますが、どうしてもという場合はこの方法もありかと思います。

 

自分も試しにWindows10でインポート、エクスポートをやってみましたが、どちらもエラーなくできました(^^)/

ですので、もし困っている方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

もちろんWindows転送ツール以外にも、もっと便利なデータ移行ソフトはあるかと思いますので、それを利用するのも一つですね。
そちらの方が洗練されているでしょうし。

しかし必要なものだけ、フリーでやるならこの方法もありだと思いますよ。

本日もありがとうございました。