「WordPress」タグの記事一覧


WordPress 3.8の画像挿入で固まった時の対処法

ブログ関連

みなさんWordPress 3.8は順調に使われているでしょうか?

3.7からさらに進化していて非常に良いんですが、まだちょこちょこバグはあるようで。
例えば入力画面でも、ビジュアル方式で画像挿入後に文字を入力すると最初の方の文字の一部が消えてしまったり。

まあそれぐらいはお愛嬌として。
一番これまでに困っていたことが

画像挿入した際に完全に固まってしまうこと!

皆さんはそんな経験ないですか?
自分もこれまでに何度か痛い目に合っています。
いいところまでブログを書いたところで固まってしまって、また書き直しなんてことが。
(実はこの記事を書いている最中にも、一度固まりました(^^;;;)

しかし今回たまたまそれを解除する方法を発見したので、その解決法について書いていこうと思います。

画像の挿入について

WordPressでの画像の挿入方法については、もうみなさんご存知かと思われますが

WP1

左上の“メディアを追加”ボタンを押すと

WP2

上のように“メディアを挿入”という画面が出てきます。
ここで挿入したいファイルをエクスプローラーからドラッグ&ドロップします。

WP3

すると、サーバーにアップロードを開始し

WP4

完了すると右側にファイル名とそのサムネイルが表示されます。
それでよければ右下の“投稿に挿入”をクリックすれば画像が挿入されますよね。

しかし時として”投稿に挿入”を押しても、反応が全くなくなってしまうことがあるんです。
しかも他のボタンを押してもまったく受け付けてくれなくなってしまう。

じゃあと言って再読み込みや戻るボタンを押すと

WP5

“このページから移動しますか?”

というメッセージが出てきてしまうのです。
ここで”ページに留まる”を選択しても、結局無反応な状態からは回復せず。
諦めて”このページから移動”を選ぶと、書き込んだ文章が消えてしまうというわけです。

ただWordPress自体ありがたいことに1分間隔で自動的に下書き保存をしてくれています。
そのおかげで比較的被害は少なく済むことが多いですが、やっぱり頭にきますよね。

具体的な解決法です

というわけで、長くなってしまいましたが、ここからが本題です。
そんな風に固まってしまった時の解決法、それは

ドラッグ&ドロップでファイルを移動するふりをする

ってことなんです。

「フリーズしたー!!」

って思ったら

WP3

先ほどのように画像をドラッグしてアップロードするかのように振る舞い、

“ファイルをドロップしてアップロード”

って青い画面が出たら、ファイルを引っ込めてキャンセルします。
すると、あら不思議。

固まっていたのが完全に解除されるのでした!!

ウソみたいに簡単な方法でしょ?
固まってしまってからぐちゃぐちゃやってたら、たまたま動き始めることがあって発見した方法です。
今のところは成功率はなんと100%。
この方法を発見してからは記事作成中のイライラ度はかなり軽減させることができました(^^)

もし同じ悩みでお困りの方は、ぜひ一度お試しくださいませ。

本日もありがとうございました。

ブログのお引越し -④運営していたブログデータの移動

ブログ関連

この話題もしばらく間が空いてしまいました。
ついついいろいろ書きたいことがあって、どこまで書いたのか忘れてしまうんですよね~。
まだ途中かけになっている記事がたくさんありそうでちょっとやばい(^^;

今回はWordPressが無事インストールされた後に進めていくことを説明していきます。

データの移行について

これまで無料ブログで多数記事を書いてきていたとすると、やっぱりその資産を移行したいですよね?
ただいろいろ調べてみると

データは移行しない方がいい!!

なんて記載もちょこちょこ見かけます。

実際のところ、データは移行せずに新たに一から書き始めたほうが結果的には良いような気がします。
その理由は後日気が付くことになるんですけどね~。

詳細はまた別の機会にお話ししていきます。
(そう言っていていて、またまた忘れてしまいそうなんですけど…。)

実際の方法(Seesaaブログからの移行の場合)

最近の無料ブログには、これまでの自分の記事を簡単に移行する方法を備えているところが多いようです。
自分はSeesaaブログを利用させてもらっていましたが、こちらも簡単に移行が可能でした。
その方法について説明していきますね。

まず自分のブログにログインしてもらい、“設定”をクリックします。
その中の”その他”の中から“エクスポート”というのを選択します。

move2

するとこんな画面が出てきます。
そこで抽出したい記事の期間と、コメントやトラックバックを含めるかどうかなどを選択します。
文字コードについては最初から選択されている“UTF-8”のままでOKです。

そして出力されたlogファイルは、自分の分かるところに保存しておいてください。

注) 過去の記事がたくさんある場合、出力されたlogファイルの大きさが2MB以下になるように期間を調整してください。logファイルは複数になってもOKです。

WordPressへのインポート

WordPressにログインして、左のサイドバーの“ツール”>”インポート”と選ぶと以下の画面が出てきます。

move3

そしたらここで“Movable Type and Typepad”というツールをクリックします。

すると次のような画面に移行します。

move4

ここでSeesaaブログでエクスポートして保存しておいたログファイルを①に入力します。
(ボックスをクリックするとエクスプローラーが開くので、それでファイルを選択すればOKです。)
ただし、上記の注意点でも書きましたが、記載されているように取り込めるlogファイルの最大容量が2MBなので、たくさん記事がある場合には複数回に分割して取り込むことになります。

move5

投稿者の名前を変更するかを聞かれますが、特に変更なければそのままで“submit”をクリック。

以上で取り込みは完了となります。
一応これで記事は無事に表示されるようになるかと思います。

ただし注意点あり

①記事の表示のされ方が違う

取り込みはこれでよいんですが、よくよく見てみると若干表示が違ってしまうんですね。

具体的には

記事中の複数の改行が反映されていない

ってことなんです。

見た目にこだわって行間を調整するように記事を作っていた場合にはちょっとショックかもしれません。
ただこれはWordPressの仕様でもあるようで、なかなか良い解決法がないみたいです。

②画像ファイルの移行

画像ファイルの挿入については

move6

左サイドバーの“メディア”>”新規追加”で上のような画面が出ます。
そこで移行したい画像ファイルをドラッグ&ドロップでOKです。

しかし、実は記事を移行するだけで埋め込んでいた画像も表示されちゃうんです。
というのも、記事中の画像ファイルのリンクはそのままになっているからなんです。

どういうことかと言いますと、記事中のリンクはSeesaaブログ上の画像ファイルのままになっているため、Seesaaブログ上の画像を引っ張ってきて表示しているわけです。

なので自分のサーバーに画像データを移行した場合、移行してきた画像に新たなリンクの紐付けをしないといけなくなってしまいます。
記事の数が少ない場合には苦労は少ないですが、記事がたくさんあって画像もたくさんという場合にはちょっと苦労します。
当然サムネイルの画像も必要になりますからね。

ですからSeesaaブログ自体を完全に閉鎖しないのであれば、画像ファイルを置いたままとしてリンクもそのままというのも一つの方法かもしれません。
ただSeesaaブログ自体を閉じる場合には、画像ファイルとリンクの変更は必須となります。

また自分のサーバーには画像ファイルを置きたくない場合、画像共有サービス上に画像ファイルを置いて、そこにリンクを張るのもいいかもしれませんね。
今後またブログを移行する際にも共有サービスさえ生きていれば、リンクも生きてくれますから。

というわけで、記事の移行に関しては比較的簡単にできてしまいます。

ただし上記に書いた①②がネックになってきますので、そこら辺りはこだわった場合には時間が必要になるかもしれません。

本日もありがとうございました。

WordPressで不正にログインされないためのプラグイン Edit Author Slug

ブログ関連

今日は早速使っているWordPressでちょっと危ないところがあるので、そこを補強するためのプラグインをご紹介します。

不正アクセス???

と言いますのも、ブログを新しいところに引っ越して早々、Google analyticsで見たところ突然すごい数のアクセスがされていたんですよ。
しかもまだしっかり登録などできていない状態なのに。

EAS1

こちらがその画面なんですが、ほとんどが中国からのアクセスです。
日本からのアクセスももちろんあるんですが、それ以外の国からもいくらかアクセスがある状態。

やったぁ!アドレスを変えただけでインターナショナルなブログになれたぞ!
しかも人口が多い中国からのアクセスが一番なんだね~!

なぁんて平和なことは言っておれません。
だいたいブログは日本語でしか書いていないし。
中国人が読めるとは到底思えませんから。

これは怪しいってことで、いろいろ調べてみました。

WordPressのデフォルト設定では危ない

WordPressで作ったサイトは、メインのページのアドレスの後ろに“?author=1”って入力すると、“投稿者1”の人が書いた記事をざらっと表示してくれるんです。

EAS2

複数の人が記載しているサイトでは確かに便利な機能かもしれないんですけどね。
ただしたいていの場合、“投稿者1”ってのが管理ページに入る際のユーザー名になっているんですよ。

EAS3

これって危なくないですか???

つまり、”author=1″って入力すればユーザー名が分かってしまうので、あとはパスワードさえ破れればログインできちゃうってことです。
うーん、知らなかったらとっても怖い話です。

Edit Author Slugの出番です

いろいろ調べていたところ、それを回避するプラグインを発見しました。
その名もEdit Author Slugというものです。

普通にプラグインのところからインストールしてもらってもよいですし、以下からゲットしてきてもらっても結構です。

http://wordpress.org/plugins/edit-author-slug/

インストールが完了するとこんな風に表示されます。

EAS4

そして左メニューの”ユーザー”→”あなたのプロフィール”を選ぶと一番下に”Edit Author Slug”ってのが追加されています。
デフォルトでは一番上の”ユーザー名”が選択されていると思うので、”Custom”を選択して表示したい名前を入力します。
ここでは”inai_inai_bah”としてみました。

EAS5

続いて”プロフィールを更新”をクリックすれば完了です。

先ほどと同じようにアドレスの後ろに”?author=1″って追記してからenterを押してみると

EAS6

“Custom”のところに入力したのと同じように”inai_inai_bah”と見事表示されたのでした!

これにて一応はユーザー名を見られてしまう危険性はなくなりました。
しかし結構ユーザー名を”admin”とか”root”にしている人は多いようなのでご注意を。
もちろんパスワードも簡単に破られるようなものは避けるようにしてくださいね。

ちなみにその後ですが、数日したら中国からの異常なアクセスはなくなりました。
あきらめてくれたのか、はたまたすでにログインできたから攻撃されなくなったのか??

皆さんもお気を付けくださいませ。

本日もありがとうございました。

ブログのお引越し -③WordPressのインストール

ブログ関連

さてさて、ここまでは新しい環境でブログを始めるまでの前段階を書いてきました。
そしてここからがいよいよ、待ちに待った”WordPress”の登場です!

WordPressって?

WordPressについてはレンタルサーバーの回でも書きましたが、サーバー上で動かすブログを作りやすくするためのプログラムっていうところでしょうか。
これをインストールしてから、そのうえでブログを書き始める感じですね、はい。
これが動いていない限りは、無料ブログのような感じで記事を書けないってわけです。

実際のインストール作業

ロリポップさんには”簡単インストール”なる機能が付いているとのことで、それを利用することとしました。
ロリポップさんのユーザー専用ページってのにログインするとこんな画面が出てきます。

WP1

この”簡単インストール”ってところで”WordPress”を選択します。

すると以下のような画面が出てきます。

WP2

そしてインストールするURL(サブフォルダにインストールする場合はそのフォルダ名)、ブログのタイトル、ユーザー名、パスワード、メルアドなんかを記入して、良ければ入力内容確認をクリック。
するとあとは”インストール”ってところをクリックすれば、最新版のWordPressがいとも簡単にインストールされてしまったのでした!!

時間もほとんどかからずに気が付いたら終了って感じでした。

「レンタルサーバーのことすらよく分らないし、変なものをインストールするなんてどうしたらいいんだろう?」

って結構身構えてたんですが、正直少々拍子抜けでした。
まぁとっても便利でありがたいことなんですけどね。

インストール完了後は”管理者ページURL”にアクセスして、先ほど入力した”ユーザー名”と”パスワード”でログインできます。
ログインできればこんな画面が出てきて完了です。

WP3

これでとりあえずはWordPressが使える状態になりました。
次はWordPressの環境整備ですね。

以下はまた次回に。

本日もありがとうございました。

ブログのお引越し – ①サーバー選び

ブログ関連

今回はブログの移転に関することでも書いていこうと思います。

 

前回のお話でブログを引っ越すことになった経緯などを簡単に書きました。
とにかく“WordPress”というのが使えるようにしたいということがあったので、無料ブログは候補から外れてしまったというわけです。

 

無料ブログは確かに最初からいろいろな機能が付いていてとっても便利です。
ほとんど何の準備もしてなくても、文章書いて適当にちょこちょこいじっていれば、結構見栄えのするブログが作れます。
ただ細かく自分流にカスタマイズをしたかったりといったことに関してはいろいろ制限が出てきてしまうんですね。

 

その点“WordPress”で構築したサイトは、

 

自分でいろいろいじり倒せる

 

のでなかなか楽しいです♪
だけどその分しっかり勉強しないといけないんですけどね~。
(ただいまそれでとっても苦戦しちょっと後悔しております(^^;; )

 

ところで先ほどから出てきている

“WordPress”って何??

ってことですが、これはブログを作るためのツール、プログラムって感じでしょうか。
これをサーバー上で動かして、自分の書きやすいように画面や機能を調整し、そのうえでブログを書いていくイメージです。
ちょっと分かりにくいですかねぇ?

そんなわけで、これを利用するにはサーバーというのが必要になるわけです。
もちろん自前でサーバーを作るようなツワモノの人もいるかもしれませんが、管理なんかのこともありますので、動いているサーバーを利用させてもらうのが簡単でよいかと思います。

 

ちなみに”WordPress”を動かすための条件としては、PHPとMySQLが使えるということですね。
最近だとWordPress対応なんて書いてあるところもありますので、参考にしてくださいませ。

 

で、最近は無料のレンタルサーバーもあるようです。
よく聞くのは未来サーバーとかfreewebなんかですかね。

無料というのはありがたいんですが、一部広告が出たり、何かあった時のことを考えるとちょっと不安はありますね。
サーバー自体が不安定だったり、スピードの問題など。

 

そんなことから、自分の場合は比較的安めのレンタルサーバーを利用することにしました。

いろいろ見ていると、よく出てくるのは以下のところでしょうか。

 

①ロリポップ(ロリポプラン)


 

②さくら(スタンダード)



 

③エックスサーバー



 

このあたりが比較的お安く評判もよさそうなところのようです。

【サーバー比較】
サーバー名月額初期費用容量
①ロリポップ(ロリポプラン)¥263/月¥1,57550GB
②さくら(スタンダード)¥500/月¥1,000100GB
③エックスサーバー¥1,050-1,260/月(契約期間により)¥3,150100GB

 

いろいろ調べてみましたが、どこもそれなりに良いようでした。
エックスサーバーは確かにいつかはいいかななんて思いましたが、まだ遊びでやるには贅沢かなぁなんて思いまして。

結局①のロリポップさんにお願いしたというわけです。
月に缶コーヒー2本分ぐらいって考えれば、まぁいいかななんて。

実際契約してみて、今のところは特に大きなトラブルもなく使い勝手は良いように感じています。
そんなに困ってもいないですしね。

ずいぶんと長くなってしまったので、今回はこのあたりで。

 

本日もありがとうございました。

ページの先頭へ