「Windows8.1」タグの記事一覧


Windows 8.1で転送ツールを使ってデータをエクスポートする方法

Tips

今回は久しぶりのWindows 8.1 Tips編です。

というのも、先日私事ながらパソコンを新規に購入したのでした(^^)/
それはそれで使い勝手が向上して気分が良いのですが、今まで使っていたパソコンと同じ環境を構築するのって結構面倒なんですよねぇ。

で、これまではいろんなデータの移行や設定なんかを新しいパソコンに引き継ぐために

Windows転送ツール

ってのを利用していました。

Microsoft純正のツールですよね。
Windows 7のときはそれで問題なくデータの移行ができたので、今回も同じ方法でやってみようとしたのでした。

Windows 8.1のWindows転送ツールは

現在はWindows 8.1を使っているんですが、転送ツール自体はWindows8.1にもインストールされています。
場所はというと、スタート画面からだと下矢印を押してすべてのアプリを表示させると

tenso1-1一番最後の方に”Windows転送ツール”ってのがあります。
そうでなければ

Windowsロゴキー+Q

でアプリの検索チャームを開いて、“Windows転送ツール”って入力すると下に表示されます。

これを起動してみますと

tenso1-2

たしかにそれっぽいソフトが立ち上がってきます。
そして”次へ”を選択すると

tenso1-3ムムム、これは…。

そうなんです

Windows 8.1標準の転送ツールは、データのインポートしか対応していない

のでした。

これにはまいりました。
じゃあどうやってWindows8.1からデータ移行したらいいんだと。

どうもMicrosoftとしては

Onedriveを利用してデータを移行してほしい

ようですね。

詳しくはマイクロソフトの以下のページをご覧ください。

新しいパソコンにデータを移行する方法 ~ OneDrive や USB メモリ、外付けハード ...
新しいパソコンにデータを移行する方法 ~ OneDrive や USB メモリ、外付けハード ディスク を使ってデータを移行する~

ただしOnedriveを使う場合、通常だと

容量が15GBまでしかない

のです。
メールの容量が多かったりして移行データが大きい方にとっては、これでは全然足りなくなってしまいます。

そう考えるとやっぱり今までのように転送ツールでデータを移行したいわけです。
そしてその難題を解決する方法がありましたのでご紹介いたしましょう。

Windows 8.1から転送ツールを利用してデータを移行する方法

ちょっと前置きが長くなってしまいました(^^;
ではここからが本題です。

どうやってデータ転送ツールを使ってデータを抽出するのか?
いろいろ検索しても、Windows8.1にデータをインポートする方法はたくさん書かれているんですが、エクスポートする方法は書かれていないんですよねぇ。
あんまり皆さん必要としていないのかどうなのか…。

実はデータを抽出する方法なんですが

Window 8まではその機能が実装されていた

ようなんです。
なんでバージョンアップして削っちゃったんでしょう。

ということで、Windows転送ツールを使うためには

Windows8が必要

ということになります。

Windows8から8.1にバージョンアップした方は、Windows8のDVDが手元にあれば、エクスポート用に転送ツールが利用できます。
これはネットを検索していたところ、以下のページに書かれていたので参考にさせていただきました。

Windows 8.1の転送ツールを使って移行する(裏技編) - みゃうのリカバリーをする前に
Windows 8.1のWindows 転送ツールを使った移行では以下のような結果になりました。 Windows 8.1の転送ツールを使って移行する(前編) http://blogs.yahoo.co.jp/akio_m...

 

ただ皆さんがWindows8からバージョンアップしたわけではないですよね。
最初からWindows 8.1がインストールされていたパソコンの場合には、当然Windows8のDVDなんか持っていないわけで。
そうなると転送ツールでのデータ移行ができないとなってしまいますが、ここから解説していくのは

誰でもWindows転送ツールを利用可能にする方法

です。

では順番に説明していきますね。

まずはWindows8の評価版をゲットします

実は、マイクロソフトはWindowsの評価版というのを誰でもダウンロードできるように提供してくれています。

具体的には以下のページです。

TechNet Evaluation Center

このページにアクセスしてもらい

tenso1-4左下の方にある

以前のバージョンの”製品一覧”

をクリックします。
すると

tenso1-5ここに

Windows8 Enterprise

とうのがあるので、これを選択します。

tenso1-6

ここからは

Microsoftアカウント

が必要となりますので、登録している方はメールアドレスとパスワードを入力してください。
まだしていない方は、あらたに登録するか、一時使用コードを使ってサインインしてくださいね。

すると

tenso1-7

登録してある名前とメールアドレスが表示されるとともに、どのバージョンのWindows8の評価版をダウンロードするかを選択します。
使われている環境に合わせて

32bit版か64bit版かを選択

してください。

あとはisoファイルがダウンロードされてくるはずです。

評価版Windows8ディスクに含まれるWindows転送ツールを開きます

ダウンロードが完了したら、そのファイルを開いてみます。
isoファイルはDVDに焼いてもいいですし、そのままマウントしてもOKです。

tenso1-8

エクスプローラーでダウンロードしたものを開くと

support>migwiz

というフォルダの中に

migwiz.exe

というファイルがあるかと思いますので、それを起動します。
すると

tenso1-9

どこかで見覚えのある画面じゃないですか?
ここで次へをクリックすると

tenso1-10

転送方法を聞かれますので、どれかを選択してください。

外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ

ってのを選ぶことが多いかと思われますが。
あとは

tenso1-11

これは今までのPCです

の方を選んでください。

あとは手順に沿って進めていけば、これまでのWindows転送ツールと同じ方法で移行用のデータを抽出してくれるはずです。
抽出したデータは、新しいパソコンのWindows転送ツールでインポートすればOKです。

 

以上、Windows8.1でWindows転送ツールを使ってデータをエクスポートする方法でした。
評価版のWindows8をダウンロードしたりしないといけないので少々面倒な面はありますが、これならどなたでもできるはずです。

もしWindows8.1を使っていて、新しいパソコンにデータを移行したいという場合にはこの方法を是非お試しあれ。

本日もありがとうございました。

LAN端子にケーブルが接続されているのに、ネットワークを認識しなくなった時の対処法

Tips

今回は久しぶりにtipsネタです。
これはWindows7だけでなく、8.1や10でも使えるテクニックかと思います。

というのも、つい先日すごく焦るできごとがあったんです。
それは

ノートパソコンにLANケーブルを接続してもネットに繋がらない

という現象でした。

無線でもネットに繋げたりしているんですが、普段デスクの上ではケーブル接続で使用しています。
スピードや安定感では、やはり有線の方が無線よりは上ですからね。

で、いつもどおりケーブルを接続してWindows 8.1を立ち上げると

LAN1-1

なぜか画面右下には無線で接続しようとするようなアイコンが。
通常だと

LAN1-2こんな感じで、イーサネットのアイコンが表示されますもんね。

ネットワーク接続を見てみると

ネットワークの設定がおかしくなってしまっていたりしてネットに接続できなくなる可能性はあります。
そこでネットワーク接続の画面を見てみました。

Windows 8.1だと、左下のスタートボタン上で右クリックをすると

LAN1-3

こんな風にメニューが出てきます。
その中に”ネットワーク接続”ってのがあるので、それを開いてみました。
すると

LAN1-4LAN端子にちゃんとLANケーブルが接続されているにもかかわらず

ネットワークケーブルが接続されていません

とのメッセージが。

そこで、以下のことをまず確認しました。

①ちゃんとケーブルがLANポートに刺さっていること
②別のLANケーブルに変えても動作しないこと
③他のコンピューターを持ってきて、繋がらなかったLANケーブルを接続すると、ちゃんとネットワークにつながること

これで一応ケーブルも壊れていないし、ネットワーク自体の調子が悪いわけでもないことが確認できました。

うーん、一体どうなっているのか???

困った時は復元しましょう

ひとつの可能性として

Windows updateなどでおかしくなったかも?

ってことが考えられます。
新しいドライバが入ったりした際に、それが競合して動かなくなることなども考えられるわけで。

そこでまずは

コンピューターの復元

を試してみました。

コントロールパネルを開いて

LAN1-8

 

カテゴリ表示になっている場合は、大or小アイコンでの表示されるように変更すると

LAN1-9

 

たくさんのアイコンの中に“回復”ってのがあるかと思います。
これを開くと

LAN1-10

 

システムの復元を開く

ってのがありますので、あとは指示に従って、過去に作成された復元ポイントの状態に回復させます。
だいたい何かおかしくなった時は、復元すれば復活することが多いですからね。
困った時はまずこれです。

さすがにこれで回復するだろう

と思ってたのですが、なんと

それでも復活してくれなかった

のでした。

パソコン自体の不調を疑って

となると、やはりパソコン本体の

LAN端子自体の不調

が疑われます。
そこで、まずはLANポート自体がちゃんと動いているかを確認することにしました。

デバイスマネージャーで開いてみると

LAN1-6

ちゃんとデバイスとしては認識されているし、動作もしているようです。
しかしネットワークと共有センターを開いてみると

LAN1-5うーん、やはり普段LANが繋がっていれば表示されるはずの

“イーサネット”

ってのが表示されていません。

次に考えたのは

LANポートのドライバを入れなおそう

ってことでした。

先ほどのデバイスマネージャーの画面で

Realtek PCIe GBE family controller

ってのを、右クリックしてドライバを削除してみました。

そして

ハードウェア変更のスキャン

で、再度ドライバを入れなおしてみました。
しかし状況は変わらず。

次にRealtekのサイトに行って

最新版の”GBE family controller”のドライバをインストール

してみました。

これでどうだ!と思ったんですが、これでも解決される様子は全くなし。

ここまでやってダメだとなると、もう半分お手上げ状態です。
本当にLAN端子自体が壊れてしまったのか、あるいは変なウイルスにでも感染してしまったのか…。

途方にくれながら、ネットでいろいろ検索していたところ

静電気によるトラブルもありうる

という話が。

こちらのブログによると

①パソコンの電源を落として、電源コンセントも本体から抜く
②電源の起動ボタンを5-6回、3-4秒おきにプッシュする

とのことでした。

正直なところ

こんなことで本当に直るのかなぁ??

と思いつつ、これでダメなら再インストールぐらいしか手段がないぐらい追いつめられていましたので、ダメもとでやってみました。

Powerボタンをポチポチポチと…

すると

LAN1-7なんと!!  LANポートが生き返って、イーサネットが復活

したのでした。

これには本当に驚きました。
まさかそんなことが原因でLAN端子が動かなくなることがあるなんて初めて知りました。

以前うちのデスクトップも、突然LAN端子を認識しなくなるトラブルに見舞われ、そのときは諦めて再インストールをしたのでした。
でも、もしかしたら今回みたいな方法で対応していれば、そこまでしなくても復活できていたのかもしれません。

まとめ

今回は、まさかのハードウェア自体の問題でLANが認識できなくなっていたのでした。
しかも静電気で動かなくなることなんてあるんですねぇ。

LAN端子が壊れてしまって動かなくなることも当然あるわけですが、そう考える前に、まずは非常に簡単にできる

電源ボタンポチポチ法

は試してみる価値はあるかと思います。

 

もちろん必ずしもこれが原因とは限らないので、これまで順にやってきたように

1. ケーブルが断線していないか
2. ルーターやモデム自体が壊れていないか
3. LANポートのドライバがちゃんと動作しているか

などを確認したうえで、

a. システムの復元をしてみる
b. LANポートのドライバを再インストールしてみる
c. 電源ボタンポチポチ法

と試してみてくださいね。

上記の何をやってもダメなときは

d. OSの再インストール
e. 修理に出す

となってしまうかもしれませんが、そこまで行く前に何とか修復できる可能性があるかもしれません。

あるいはLANポートをあきらめるのであれば、USB接続のLANアダプタを購入するという手もあります。
こんなのですね。

ただこれもUSBポートが1個消費されてしまうので、どうしようもないときの解決法の1つとしてです。

いずれにしても、すぐにあきらめてしまわずに、自分がやったようにまずはいろいろtryしてみてくださいませ。
無事に回復できることを祈ってます。

本日もありがとうございました。

[Win8&8.1]「デスクトップ」が消えてしまった時の復活方法!

Tips

今日はWindows8のネタで。

先日職場のパソコンを触っていたんですが、起動してメトロUIの画面からデスクトップに移動しようとしたら

デスクトップのタイルがない!!

え、どういうこと?ってすっごく焦ったんですが、復活させる方法があるんですね。
今回はその方法を簡単に説明します。

メトロUIのデスクトップ

通常はこんな風にデスクトップのタイルがありますよね。

desktop1

それを誰がやったか、こんな風に消してしまったんですわ。

desktop2

で、こうなってしまったらどうするかといいますと、すべてのアプリの中から復活させます。

復活方法

1.すべてのアプリが表示される画面に移動します。
メトロUIの中だとデスクトップがあった位置の下に丸で囲まれた「↓」がありますので、それをクリック。

desktop6

2.アプリがすべて表示されますので、その中のデスクトップを右クリック。

desktop3

3.左下に「スタートアップにピン止めする」というのが出てくるので、これをクリック。

desktop4

4.そうするとメトロUIの一番最後にデスクトップのタイルが復活するので、あとはそれを元あった場所でもどこでも、好きな場所にドラッグ&ドロップしてくださいな。

desktop5

以上「デスクトップ」タイルの復活方法でした。

しかし、どうしてもってデスクトップタイルなんかを消す人がいたものか?
謎の職場のパソコンでした。

本日もありがとうございました。

Windows8.1バージョンアップで画面がぼやぼやになった人の解決法

Tips

先日Windows8.1が発表されましたね。
しかもWindows8を使用している人は、無償でバージョンアップできちゃうんです。
なかなか太っ腹ですね、Microsoftさん。
バージョンアップしたい人は“Windowsストア”アプリからどうぞ!!
自分も早速メインで使っているパソコンをバージョンアップしちゃいましたよ♪

でもWindows8自体これまでのWindowsと比べると結構クセがあるんで、慣れるまで大変なんですよね~。
正直Windows7からバージョンアップしたときはかなり後悔しましたから(^^;;;

そんな後継のWindows8.1ですが、使い勝手についてはいろいろよくなっている面もあるみたいです。
1つはスタートキーの復活!!といっても、7のときのように全部のプログラムが表示されるようなことはないんですけどね。
ただ右クリックするとコントロールパネルやエクスプローラーが開ける上に、新たにシャットダウンもできるようになりましたね。
まぁこれはちょっと便利かもです。

ただ使い始めて早々に感じたこと、それは

アプリで表示されるフォントの文字が大きくなって、画面がぼやけた感じがする

ってことでした。

Outlookとかも、文字はちょっと大きくなったものの、一度に表示されるメールの数が減ってしまって、と~っても不便。
せっかくのフルHDの画面もこれでは生かせなくなってしまいます。

で、原因をいろいろ検索した結果分かりました!!
どうも設定が勝手に変更されてしまったようなんですね。
もちろん使っている機種にもよると思うんですが。
(ちなみに自分は15.5型のVAIO SEを使っております)

というわけで、今回はそれを元に戻す方法をご紹介。

結局はディスプレイの設定を戻せばよいということが分かりました。

始めにコントロールパネルを開いて、”デスクトップのカスタマイズ”をクリック。
win8g1.jpg

続いて”ディスプレイ”をクリック。
win8g2.jpg

すると下のような画面が表示されます。
win8g3.jpg
多分ここで推奨設定が選ばれてしまっていると思います。

ここで”すべてのディスプレイで同じ拡大率を使用する”にチェックを入れます。

すると下のような画面に変わりますので、そこで“小-100%”を選択して、右下の”適用”をクリックすれば完了です。
win8g4.jpg

これできっと元の表示に戻ると思いますがいかがでしょうか?

まぁMicrosoftさん的にはこっちのが見やすいだろうってことで変更したんでしょうが、今までの表示に慣れてる人からしたら、ちょっと余計なお世話って感じもしますけどね。

同じ悩みでお困りの方がおられたら、ぜひお試しあれ。

本日もありがとうございました。

ページの先頭へ