「Windows10」タグの記事一覧


Windows 10でWindows転送ツールを使う方法

Tips

Windows 10がリリースされて、そろそろ半年ぐらいたちますね。
しかし自分の周りでは、まだWindows 7を利用している人の方が実は多い気がします。
Windows 8.1もなんだか中途半端でしたし(^^;

Windows1oもWindows 8シリーズよりはずいぶん使い勝手が良くなっていますが、まだまだ発展途上といった印象ですね。
でもマイクロソフトはWindows 10への移行を進めているようですので、今後はWindows 10が主役になっていくことでしょう。

しかしWindows 10にバージョンアップするのはいいけど、過去のPCのデータを新しいWindows 10のPCに移動してくる時にちょっと困るんですよね。
もともとWindows 7や8.1が入っていたパソコンを、Windows 10にバージョンアップする分には全く問題ないのですが。

今回はWindows 10へ移行するにあたってWindows転送ツールを使ってデータを移行する方法を解説いたしましょう。

Windows 10にはWindows転送ツールは入っていません

そうなんです、これ実は知らない人が多いんじゃないでしょうか?
自分もWindows 7のデータを新しいWindows 10のパソコンに移行しようとしたら、この問題にぶち当たったのでした。

今まではWindows標準でWindows転送ツールというデータ移行ツールがインストールされていた

んですよね。

tenso1-2

こんなのですね。

これがあれば、マイドキュメントのファイルやメール、簡単な設定などを比較的スムーズに移行することができました。

しかし

Windows 8.1からは、Windows転送ツールはデータのインポートのみの対応

になってしまったのでした。
そしてとうとう

Windows10では、インポートするツールすらなくなってしまった

のです。
つまり

Windows10にはデータ移行ツールは付属していない

ということなんです。
これは困りますよねぇ。

というのも、マイクロソフトとしては

One Driveを利用してデータを移行してね

ってことみたいなんですけどね。

ネットにつながっていればPCが違っても同じ環境で使えるので、確かにOne Driveで環境を整えるのは一つの方法です。
しかし問題は

One Driveの容量は、フリーで使えるのは15GBしかない

ってことなんです。
自分の場合、過去のメールの容量だけで簡単に15GB超えてしまいますし(^^;;

Windows10で転送ツールを利用するには

ではWindows 10でどうやって転送ツールを使うか。
その方法は

以前Windows 8.1で転送ツールを使った方法と全く一緒

でよかったのでした(^^)

つまりはWindows転送ツールのプログラムファイルである

migwiz.exeを手に入れる

ということですね。

Windows 8を持っている方は、Windows 8のDVDの中にそのファイルが含まれています。
しかし持っていない方も大丈夫。

具体的には、以前解説したページを見てみてくださいませ。

この方法なら

Windows 10しか持っていない人でも大丈夫

ですよ。
またWindows10て使っている環境から、新しいWindows10のパソコンへ移行することも可能です。

Windows8の評価版を使うということで、ちょっと裏技的ではありますが、どうしてもという場合はこの方法もありかと思います。

 

自分も試しにWindows10でインポート、エクスポートをやってみましたが、どちらもエラーなくできました(^^)/

ですので、もし困っている方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

もちろんWindows転送ツール以外にも、もっと便利なデータ移行ソフトはあるかと思いますので、それを利用するのも一つですね。
そちらの方が洗練されているでしょうし。

しかし必要なものだけ、フリーでやるならこの方法もありだと思いますよ。

本日もありがとうございました。

Windows10にupして画面がぼやけたと感じた時にチェックする項目

Tips

今回も前回に続いてWindows10ネタで。

前回お話した通り、今まで使っていたVAIOをWindows7からWindows10にバージョンアップしました。
バージョンアップ後は、一時速度が遅くなるトラブルに見舞われましたが、その後は順調に動いています。
でもまだいろいろバグが隠れているようなので、安心して使いたい方はもう少し待つのもありかもしれません。

今回は自分が経験した

Windows10に変更後に感じた違和感の修正方法

について説明していきます。

Windows10にバージョンアップしたら、なんだか画面がぼやけた感じに

Windows7からWindows10にバージョンアップして、画面の構成などは当然変わりました。
スタートボタンなんかもそうですが、これは明らかにWindows8.1より改善されていい感じでした。

しかし、なんか違和感が。
そう

画面がはっきりしないというか、ボヤボヤしたような感じ

を受けたんですよね。

Windows7の時は、もう少し全体の表示がくっきりしていたような気がして。

で、調べてみたところ、その原因は

Windows10のお節介

だったことが判明したのでした。

勝手に画面の倍率を変更してくれていたみたいなんです

そうなんです、実はWindows10は

勝手に推奨の表示倍率に変更

してくれちゃうみたいなんです。

だからなんとなくぼやけたように見えちゃうんですね。
ということで、この問題を元に戻す方法を、図を交えながら順に解説していきましょう。

Windows10で表示倍率を戻す方法

まずは“スタートボタン”をクリックして

win10_2-1“設定”を選択してください。

すると

win10_2-2Windows10のコントロールパネルのようなものが出てきますので、ここで左上にある“システム”を選択します。
(デスクトップ画面上で右クリックをして“ディスプレイ設定”を選択してもOKです)

 

win10_2-3システムの中の一番上にある“ディスプレイ”の設定が表示されていると思います。
その項目の中の

“テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する”

ってところに注目してみてください。

自分の場合はここが

125%(推奨)

となっていたのでした。

これはディスプレイのサイズや、設定している解像度によって違いはあるかもしれません。

ということで、自分の場合はここを

win10_2-4100%

に変更して、“適用する”をクリックしました。

すると

win10_2-5サインインし直すかどうかの確認が出てきますが、これはどちらでも構いません。
これにて設定完了です。

どうですか、画面は以前よりクリアになりませんか?

 

表示倍率が上がると、文字は大きくなるので見やすくなるかもしれませんが、ややピンぼけな画面になってしまうんですよねぇ。
本来液晶画面が表示できる解像度を、あえて落として表示することになりますので。

文字などが小さすぎて見にくいといった場合には推奨で利用するのもありですが、そうでない場合は100%に変更するほうが良いかと思われます。

この辺りは好みの問題もあるかもしれませんが、自分のように

Windows7で使っていた時と比べて画面がぼやけて気分が悪い!!

という方は、この方法をぜひお試しくださいませ。

本日もありがとうございました。

Windows10にupして動作が遅い時にチェックすべき項目

Tips

今回はWindows8.1のデータ移行のtipsに続きまして、Windows10にバージョンアップした際に気を付けるポイントを書いていきましょう。

というのも、今まで長いこと使っていたノートパソコン(VAIO SE)のSSDが壊れてしまいまして(T_T)

一応新しいパソコンも購入したんですが、SSDだけ購入して再利用できんものかなぁと。
ということで、SSDを買ってきてリカバリーをしてみたら、ちゃんと起動してくれたのでした(^^)

とはいえ、4年前のパソコンですからOSはWindows 7です。
せっかくだからってことで、発表されたばかりのWindows 10にバージョンアップすることにしたのでした。

バージョンアップ自体は簡単でした

Windows 10にバージョンアップするのは、予約して順番待ちが必要と思っていたんですが、実はそうでもないんですね。

Windows10 ダウンロードページ

ってのがありますので、そこからファイルを落としてこればバージョンアップも簡単に可能です。

Windows7に対して上書きインストールしたところ、Windows 10はちゃんと稼働してくれたのでした!
特段大きなトラブルもなかったため、問題なく使えるなと思っていたのですが、そんなことはなかったんです。

Windowsの挙動が明らかに遅くなった!!

Windows10になってスタートボタンも復活したし、使い勝手はWindows 8.1よりなんとなく良い気がしていました。

しかし使いはじめてしばらくしたところで、ちょっとした違和感が。

そう

起動も終了も明らかに遅い!!

ってことでした。

最初のうちは

「これは仕様かもしれない」

とか

「しばらく使い込めばよくなるかも?」

なんて楽観的に考えていましたが、一向に良くなる気配は見られず。

そこでWindows updateの報告がいくつか来ていたので、全部アップデートしてみました。
それで良くなることもあるようですが、まったくもって改善されることはありませんでした。

さらにブログを書いていても、IMEの変換が入力にまったく追いついてきません。
ソフトの起動や終了も全然スムーズにできません。

明らかにWindows7や8.1よりも遅い!!

こんなことならバージョンアップしなきゃよかったと、少々後悔…。

どうせ4年前のパソコンだから、最新のOSはスムーズに動かんのかも

とあきらめモードでした。

よく見るとおかしな表示が、それが答えでした!!

Windows10になってから、立ち上がってからちょっと気になっていたことがあったんですよね。
画面右下のインジケーターのところで

win10_1-1左上に表示されているHDDみたいなアイコンにポインターを合わせると

インテル(R) RSTサービスは実行されておりません

との表示が。

確かにこれまでもこのアイコンは表示されていましたが、別に異常を示す表示はありませんでした。

インテル RSTサービスというのは何ぞや?ということで調べてみましたが、正直難しくてよく分かんなかったです(^^;
簡単にまとめると

インテルのチップセット用に提供されている、SSDやHDDの性能を改善するもの(RAIDを組んだりできるもの)

のようです。

間違っていたらごめんなさい。

で、どうもこれがうまく機能していないのがおかしいんじゃないかと疑い、このソフトはどこにあるかと探ってみました。

インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー(RST) RAIDドライバーの更新

ということで、インテルのサイトの”ダウンロード”のところを見ると

win10_1-2

ちゃんとWindows 10対応の最新版がダウンロードできるようになっていました。
早速そこをクリックすると

win10_1-33つ選択できるようになっていますが、全部入りの一番下のを選択してダウンロードしました。

それを開いてみると

win10_1-4

ちゃんとインストール画面が出てきました。
あとは指示に従って順に“次へ”をクリックしていきます。

win10_1-5ファイルのインストール先を決定して

win10_1-6この画面が出たら完了です。
あとはコンピューターを再起動と。

すると…。

起動時間から明らかに早くなりました(^^)/

これまでと比べて全然立ち上がりが早くなって、今まで使っていたWindows7や8.1と同等となりました。
それまでは「HDDか!」というぐらいに遅くなっていましたからね。

ソフトの起動も今までのようにあっという間に起動してくれるようになりました。

そして肝心のインテルRSTのところを見てみると

win10_1-7おー!!

今までは“実行されていません”の表示だったのが、ちゃんと起動してチェックマークが入っていますよね。
これで問題解決となりました。

ちなみに自分は試していませんが、このインテルRSTをアンインストールしちゃっても問題ないみたいです。
その方法でも、今回のWindows10の速度低下問題は解消されるかもしれません。
そのあたりはお好みで試してみてくださいな。

というわけで、とりあえず今までの環境と同じぐらいのスピードが出るようになったので一安心となりました。

もし

Windows10にバージョンアップしたら、速度が明らかに遅くなった!!

という方は、この項目も一度チェックされることをお勧めいたします。

本日もありがとうございました。

ページの先頭へ