「amazon USA」タグの記事一覧


ParrotのBebop Droneを安く購入する方法

買い物&レビュー

最近何かとドローンドローンと話題になっていますね。
ドローンとは何か皆さんご存知でしょうかね?

少し前からアメリカなどでは話題になっていましたが、大きくまとめて言うと

無人の航空機

ということになります。

ただし最近一般的にドローンといった時には

小型のヘリコプター型の機械

を指すことが多いかと思われます。

もっと分かりやすく言い換えると

ヘリコプター型のラジコン

ですよね。

もちろんラジコンと言っても、いろいろな機能が付いていますから、昔のラジコンとはだいぶ違いますけどね。
ただラジコン如きに国が規制をかけようってのも、なんだかバカバカしい気もするのですが…。

それはさておき、今回はそんな話題のドローンをお得に購入する方法について解説していきましょう。

ドローンと言ってもいろいろあります

自分も話題になる前からドローンには興味がありまして、試しに買ってみようかなって考えていました。

ドローンの老舗というか、非常に有名な会社としてフランスのParrot社中国のDJI社いうのがあります。

DJI社の方はPhantomという機体を発売しています。

DJI Phantom 2(H3-3D対応)

対するParrot社の方は、つい先日Bebop Droneという機体を発売しました。

Parrot Bebop Drone 1400万画素 魚眼レンズ カメラ付 クワッドコプター (ブルー)

ただしどちらも非常に高性能なものなんで、当然お値段はそれなりにするんですよねぇ。

そんなことから、現在はちっちゃなドローン(小ドローン)を先に買ってみようかとも考えています。

Parrot社からはそんな小ドローンが発売されています。

パロット ミニドローンズ ローリング スパイダー ホワイト

上記のものは10,000円前後で買えちゃいます。
まずは試しに小ドローンを買ってみてからでもよいかもしれませんが、きっと高性能な機種が欲しくなることでしょう(^^)
電池の持ちとか、飛行距離とか、カメラ性能とか、いろいろ不満が出てくるのではないかと。

しかもなんだか国がドローンに規制をかけるなんていう噂もありますから、買う気があるならその前に購入しておいた方が良い気もしますし。

ちなみに欲しいなと思ったBebop Droneですが、現在日本で発売されている値段は

最安のAmazonで70,000円前後

となっています。

しかもあった方が絶対いいと言われているコントローラーもセットとなると

141,000円!!

とかなり高額なんですよねぇ。

というわけで、ちょっと導入が長くなってしまいましたが、今回狙いを定めたBebop Droneを安く購入する方法について紹介していきます。

高額なものはやはり輸入です

以前のFitbit Forceのときと同様にAmazon.comで調べてみました。
すると、やっぱり日本で発売されている値段より安いんですよねぇ。

drone1

このとおりで

コントローラー付きで$900

コントローラーなしで$500

となっていました。

ちなみに実際に日本から購入できるか試してみたところ

Amazon.comが販売するものは購入できました!!

ちなみに購入画面で見てみたところ

drone2送料と関税で$150ぐらい余分にかかってしまいますが、$1050ぐらいで購入できます。
これだと注文してから2-4日後には、商品が自宅に届きます!!
便利な世の中ですよねぇ

ちなみに8-16日で届くというAmazonGlobal Expedited shippingを選択すると$1036で購入できるようです。

その差は$10ちょっとと、それほど変わらないですけどね。

ちなみにクレジットカードのレートで考えると

1ドル124.5円前後 (5月16日現在)

でしたので、130,000円前後で購入できるということになります。
日本で購入するより10,000円ぐらいは安く買うことができるという訳です。
もうちょっと円高が進めば、さらに安く購入できるんですけどねぇ。

ちなみに現時点ではAmazonのサイトは品切れのようでした。
ですので、購入したい場合は以下のリンクから訪れてもらえば

直接Amazon.comから購入できるページに移動

します。

Parrot BeBop Drone 14 MP Full HD 1080p Fisheye Camera SkyController Bundle (Blue)

Parrot  BeBop Drone 14 MP Full HD 1080p Fisheye Camera SkyController Bundle (Red)

商品が品切れでなければよいですが、Amazon.comが在庫切れの場合には、上記以外のリンクから訪れた場合、他の販売会社しか表示されないかもしれないのでご注意を。
(表示されている中には日本に発送できない会社や送料が高い会社もたくさんありますので)

Amazon.comから商品を購入するにはどんな手続きをしたらいいんだ!

って方は、以前書いた記事を参考にしていただければと思います。

アメリカAmazonで商品を購入する方法

もし購入するようなことがあれば、どこかでレビューしてみようかと思いますのでお楽しみに。

本日もありがとうございました。

Fitbit Force使用レビュー ①アメリカAmazonから無事到着です

買い物&レビュー

先日アメリカのAmazonで購入したFitbit Forceですが、無事にアメリカから到着いたしました。
思っていたより早かったのでちょっとびっくりしましたが、早速簡単にレビューです。

こんな感じで郵送されてきました

どんな風に届くかと思ったら、意外に普通の段ボール箱でした。

FBF1

iPhone5を比較で並べましたが、箱自体はその倍ぐらいの大きさでしょうかね。
厚みは10cmぐらいでしょうか。
“amazon Prime”ってシールは貼ってありますが、日本でよく見かけるアマゾンの段ボール箱ではないんですね。

当初は1月12日ぐらいに入荷予定で、到着は1月17日前後ってことでしたが、実際は1月11日には到着しました。
予想していた以上に早かったです。
箱をよくよく見ていると、1月6日にアメリカを出荷しているようでした。

注文したのが1月4日で、発送が1月6日、そこから5日で日本に到着なんで、結構すぐに郵送されてくるものだなと感心しました。

ちなみにアメリカ国内はUPSで、日本はヤマト運輸さんが届けてくれました。

早速開封の儀です

というわけで、段ボールを開けてみました。
すると、なかは意外とスカスカで、周囲には衝撃を吸収するようにビニール袋に空気が入ったものが同梱されてました。
そしてFitbit Forceの本体が納められたパッケージがしっかり入ってました。

FBF2 FBF3

本体は透明なプラスチックのケースの中に鎮座しておりまして、ごくごく簡単に使い方の説明が箱に書かれています。
ちなみに”L”っていうのはバンドのサイズですね。
(フラッシュで反射してしまってて、見にくくてすみません(^^;)

中から本体を取り出しますと

FBF4

パッと見おもちゃみたいでしょ?
この数字なんだ?と思って見てみたら、液晶を保護する役目のシールが貼ってあるのでした。

そして本体の下にはさらにボックスが。

FBF5

開けてくれと言わんばかりに、↓が出ております(笑)
そして中を開けてみますと

FBF6

本体の充電およびデータのやり取りに利用するUSBのケーブルと小さなUSBのトングルが入っていました。
そして一緒に用紙が1枚(下に立てかけてあるものです)

説明書かと思いきや

ここにアクセスしてセットアップしてくださいね♪

っていう、いろんな言語で書かれたセットアップのサイトに誘導するための紙ぺらでした。
というわけで、結局ちゃんとした説明書的なものは一緒に入っていないのでした。

そして本体はこちら

本体を透明の台座から外すと、こんな感じです。

FBF7

ボタンは1つしかなくて、すごくシンプル。
ゴムのバンドは2個のボッチで固定することになるんですが、なんだかちょっと心もとない感じだったりします(^^;

ひっくり返すと

FBF8

液晶のちょうど真裏になんだかくぼみがありますよね。
実はここに

FBF9

こんな風に先ほどのUSBのケーブルが刺さるわけですね。
特に蓋があったりしないんで、ごみとか埃とかが入らないように気を付けないといけないかもですね。
これをパソコンなんかにつなげて充電することになります。

以上、とりあえず届いて開封したところまでをお伝えしました。
今後は実際の使用感など、じっくり使いつつレビューしていきたいと思います。
引き続きお楽しみに!!

本日もありがとうございました。

アメリカAmazonで商品を購入する方法

買い物&レビュー

前回の記事(活動量計 Fitbit ForceがアメリカAmazonで普通に買えてしまう件)で少し触れましたが、アメリカのAmazonから商品を購入する方法について今回は書いていこうかと思います。

アカウントの作成方法

まずはアメリカのAmazonに自分のアカウントを登録するところからです。
日本のAmazonに登録されている方でも共通ではありませんので、新たに登録が必要となります。

初めにアメリカのアマゾン(http://www.amazon.com)にアクセスしてください。

amazon1

するとこんな画面が出てくると思います。
そこで右上にある“Hello, sign in YOUR ACCOUNT”というところをクリック。
さらに”Sign in”ボタンの下にある“New Customers? Start here”のリンクをクリックします。

amazon2

次にはこんな画面ができます。
ここではユーザーネーム、メールアドレス、携帯番号、パスワードを入力します。
ユーザーネームはニックネームでも何でも構いません。
携帯番号については入力なしでもOKです。
すべて入力が完了したら“Create account”をクリック。

amazon3

うまく行っていれば、上のような画面が出てきます。

入力したユーザーネームでログインしていることを確認してみてください。
(赤線で引いてあるところですね)

これで一応アカウント自体は作成できたわけですが、まだこれでは商品が送られてきません。
というわけで、引き続き送付先の住所を入力していきましょう。

送付先住所の登録

今度は先ほど同様に右上の“Hello, ○○○○ Your Account”をクリックし、下に表示される中から“Your Account”をクリックします。

amazon4

続いていろいろ出てきますが、その中の”Settings”のうち“Manage Address Book”をクリックします。

amazon5

ここで自分の住所を入力することになります。

Fullname自分の名前をフルネームで
Address line1住所1 番地、町名など
順序は逆から
(例 番地→町名→区)
Address line2住所2 部屋番号、建物名など
City市や区など
State/Province/Region都道府県名
ZIP郵便番号(日本のもので)
Country“Japan”を選択
Phone Number自宅あるいは携帯番号
日本は”+81″を付けてください
電話番号の最初の”0″を外してください
(例 “090”だったら”90″とする)
Optional Delivery Preferenceこの2つの項目は入力なしで可

以上の入力が完了したら“Save&Continue”ボタンをクリックで登録完了です。

ついでにクレジットカードも登録したいという方は、右にある“Save & Add Payment Method”をクリックしてください。

amazon6

そうしますとこんな画面が出てきますので、カード番号、カード保有者の名前、期限を入力し、カードを登録している住所を入力してください。
(先ほど入力した住所と同じならば、下にある“Use this address”ボタンをクリックしてください。)

ここまでできれば商品購入準備は完了です!!
基本的な作りは日本のAmazonと一緒なので、そんなに難しくないでしょ?
あとは自分の買いたい商品を思う存分探してショッピングしてくださいまし。

ちなみに日本から購入できない商品だと、送付先の住所を選択したところで以下の画面が出てきてしまいます。

amazon7

こうなってしまう商品については残念ながら購入できませんのであきらめてください。
あるいはAmazon以外の出品者で海外へも配送してくれる業者さんを選択して購入してください。

海外からの輸入というとちょいと壁が高そうに感じるかもしれませんが、意外と簡単でしょ?
興味ある方はぜひお試しくださいませ。

本日もありがとうございました。


活動量計 Fitbit forceがアメリカAmazonで普通に買えてしまう件

買い物&レビュー

ここ最近慢性的な運動不足を自覚している自分ですが、なかなか運動しようといってもやる気にならないんですよねぇ。
一時はちょっとランニングしたりもしましたが、結局長続きせず…。

そうこう堕落した生活を送っていたところ、徐々に体重が増加してしまい

これはやばい!!

というレベルに至ってしまったため、2014年に変わったことだし何かしようと考えました。

ただやっぱり優柔不断で意志が弱い自分としては、何かきっかけがあった方がいいかななんて。
そんなことを考えながらネットをフラフラしていたところ、こいつを発見したんです。

その名も

Fitbit force

というものです。

Fitbit forceとは?

ここ最近スマホやクラウドと連携して、活動量や体重が自動で保存されるなんてものが流行っていますよね。
Fitbitシリーズもその一つです。
基本的には歩数や上った階段の数、消費カロリー、睡眠サイクルなどを表示し、かつ記録してくれるガジェットです。

日本で発売されているものとしてはFitbit Oneというものがあります。

fitbit1

こちらはベルトなんかに挟んで使うタイプのものですね。
昨年の3月に発売されたようです。

その他に腕時計のように腕に巻くタイプのものとして、Fitbit Flexというものがあります。

fitbit2

なかなかカラフルでよさげでしょ?

しかしこちらはSoftbank HealthCareの独占販売となってしまってます。
ですので、正式にはソフトバンクさんに毎月使用料を払っていかないといけないタイプなんですよね。
本当はFitbitさんが普通に販売してくれればよかったのに…。

じゃあFibit oneを買おうかなぁと思っていたところ、2013年10月に新たにFitbit Forceなるものがアメリカで発売になっていたのを発見。

fitbit3

基本の形はFitbit Flex同様に腕に巻くタイプなんですが、OLEDの画面に歩数や時間なんかの情報が表示されてちょいとかっこいいんです。
しかも噂では、今後のアップデートでiPhoneへ着信があった場合に、着信相手を名前で表示してくれちゃったりできるようになるとか。

そしてお値段の方は$129.95。

おー、これは猛烈に欲しい!!

久々に物欲魂に火が付きました(笑)
ということで、購入できないかと探していたんですが、なななんと。

こちらもSoftbank HealthCareの独占販売となってしまいそうな雲行きなんです。

まだ詳細は発表されていませんが、1月中旬から発売されるようです。
といっても、きっと月額基本使用料を徴収されるタイプになるかと思われるんですけどね。
個人的にはかなり残念な感じです。

ちなみにFitbitシリーズのアメリカでの価格表および機能比較表はこちらを参考にしてくださいませ。

Fitbit Forceを購入する方法

というわけで、通常版のFitbit Forceをなんとか購入できないかといろいろ画策しました。

結局方法としては、

アメリカなどから輸入するか、お土産とかで現地で買ってきてもらう

ということになるわけですね。

日本のAmazonなどを見ていると、確かに並行輸入で取り扱っているお店があるわけです。
しかーし、値段を見ると25000-28000円とアメリカでの販売価格の倍以上の値段が付いています。

買うことができるとはいえ、ちょっとこの値段ではと気が引けてしまいました。

そこで別の手段をということで、iPadなんかをアメリカから購入する方法としてあるんですが、

自分用のアメリカの現地住所を取得して、そこに届いた商品を転送してもらうサービス

を考えました。
こちらのが輸入業者を介して買うよりは確かに安くはなるんですが、手数料や送料などを合わせると商品代にさらに$40以上は必要となりそうでした。
となると、結局20000円以上の出費がかかってしまうのかぁと少しテンション下がり気味。

しかしいろいろ見ていると、

商品によってはアメリカのAmazonで注文しても日本に直接配送してくれる

なんてことが書かれていました。
主にDVDや本なんかはできるみたいですね。
ただ前述のiPadやXboxなどのゲーム系は配送してくれないみたいです。

「そういえば過去に自分もアメリカのAmazonで洋書を買ったことがあったなぁ」というのをふいに思い出しました。
アクセスするとそのアカウントがちゃんと残っておりました、ラッキー(^^)
せっかくだからものは試しということで、そのアカウントで注文してみたところ、

なななんと、日本までちゃんと配送してくれるではないですか!!!

証拠写真です

こちらが証拠写真というか、実際の購入画面です。

fitbit4

ちゃんと日本円で表示もしてくれます。
USドル表示はこちら。

fitbit5

本日の為替レートが1ドル104円77銭ですので、ちょっと比率は悪いですが、まぁこの程度なら良しとしましょう。
配送料と関税を合わせて$21.52なので随分お得感があります。

ちなみに今現在は商品を切らしているみたいですが、1月12日に商品が入荷予定とのことで、その2-4日後には届けてくれるとのことです。
なんと素晴らしいサービス!!

日本への配送方法なんですが、

  1. AmazonGlobal expedited shipping
  2. AmazonGlobal priority shipping

の2つを選択できるんですが、1.は8-16営業日、2.は2-4日で日本に到着とのことです。

1.と2.でかなり値段が違うのかなぁと思ったんですが、試しに1.を選択してみたところ

fitbit6

と、400円ぐらいしか違わないのでした。
400円ぐらい高くなったとしても、1週間以上早く来てくれるんならいいやってことで、2.の方を選択したのでした。

2週間後ぐらいには届くとのことで、ほんと待ち遠しいです。
実際商品が届いて、使った感想についてはまた後日レビューしていきますね。
お楽しみに。

以上、

日本でもFitbit Forceが意外と簡単に買えてしまいますよ!

というお話でした。

ちなみにアメリカのAmazonへのアカウントの登録方法なんですが、そんなに難しくはないですよ。
住所と電話番号、クレカの登録など基本的に日本のAmazonと同じですから。
詳細は長くなってしまったので、

アメリカAmazonで商品を購入する方法

を参考にしてくださいね。

それから現在Fitbit Force自体がアメリカでもかなりの人気で結構品薄なようです。
そのため購入しようとしても直接アメリカのAmazonが販売している商品が売り切れになっていることがあります。
そうすると他の業者さんが出品しているものしか表示されません
(だいだいAmazonの販売価格より高い$160-200ぐらいのようです)
そちらは金額や配送など異なりますのでお気を付けくださいませ。

ただAmazonさんもちょこちょこ商品は入荷はしているようです。
自分が購入したときも品切れかと思いきや、20分後ぐらいにアクセスすると購入できるようになっていたりってことがありました。
ですから、何度か商品ページに訪れていると、比較的すぐに購入できるチャンスが巡ってくるかと思います。
絶対購入したい!!って人は、騙されたと思ってちょこっと試してみてくださいね。

しかしこんな素晴らしい方法を書いちゃったら、輸入業者さんやSoftbank HealthCareさんから

商売の妨害だ!

って怒られて、嫌がらせされちゃうかなぁ…。

もしこの記事が消えていたら、自分がそういう目にあったんだなぁと思ってくださいませ(苦笑)
皆さんの応援があれば、なんとかして残そうかと思いますが(^^;

本日もありがとうございました。

-2014.2.10 追記-

現在Fitbit Forceは全世界的に出荷停止になっているようです。
どうも人によっては皮膚にアレルギーが出る可能性があるからだとか。
自分は今のところ大丈夫ですが。
詳しくはこちらの記事も参考にしてくださいね。

ですので、これから購入するという方は、問題が解決するまではしばらく様子見の方が良いかもしれません。
在庫があるショップは日本・アメリカともに販売しているところもありますが、今後の保証がどうなるかも分かりませんので。
対策品が出荷されたり、対応方法がはっきりするまでは、急ぎでない方は待つことをお勧めいたします。

-2014.2.23追記-

昨日正式にリコールするとの発表があったようです。
詳細はこちらに書きましたので参考にしてくださいませ。
とりあえず日本で並行輸入された商品についても、購入しないことをお勧めします。

(Fitbit FlexとFitbit Oneは大丈夫ですけどね)

ページの先頭へ