「輸入」タグの記事一覧


ParrotのBebop Droneを安く購入する方法

買い物&レビュー

最近何かとドローンドローンと話題になっていますね。
ドローンとは何か皆さんご存知でしょうかね?

少し前からアメリカなどでは話題になっていましたが、大きくまとめて言うと

無人の航空機

ということになります。

ただし最近一般的にドローンといった時には

小型のヘリコプター型の機械

を指すことが多いかと思われます。

もっと分かりやすく言い換えると

ヘリコプター型のラジコン

ですよね。

もちろんラジコンと言っても、いろいろな機能が付いていますから、昔のラジコンとはだいぶ違いますけどね。
ただラジコン如きに国が規制をかけようってのも、なんだかバカバカしい気もするのですが…。

それはさておき、今回はそんな話題のドローンをお得に購入する方法について解説していきましょう。

ドローンと言ってもいろいろあります

自分も話題になる前からドローンには興味がありまして、試しに買ってみようかなって考えていました。

ドローンの老舗というか、非常に有名な会社としてフランスのParrot社中国のDJI社いうのがあります。

DJI社の方はPhantomという機体を発売しています。

DJI Phantom 2(H3-3D対応)

対するParrot社の方は、つい先日Bebop Droneという機体を発売しました。

Parrot Bebop Drone 1400万画素 魚眼レンズ カメラ付 クワッドコプター (ブルー)

ただしどちらも非常に高性能なものなんで、当然お値段はそれなりにするんですよねぇ。

そんなことから、現在はちっちゃなドローン(小ドローン)を先に買ってみようかとも考えています。

Parrot社からはそんな小ドローンが発売されています。

パロット ミニドローンズ ローリング スパイダー ホワイト

上記のものは10,000円前後で買えちゃいます。
まずは試しに小ドローンを買ってみてからでもよいかもしれませんが、きっと高性能な機種が欲しくなることでしょう(^^)
電池の持ちとか、飛行距離とか、カメラ性能とか、いろいろ不満が出てくるのではないかと。

しかもなんだか国がドローンに規制をかけるなんていう噂もありますから、買う気があるならその前に購入しておいた方が良い気もしますし。

ちなみに欲しいなと思ったBebop Droneですが、現在日本で発売されている値段は

最安のAmazonで70,000円前後

となっています。

しかもあった方が絶対いいと言われているコントローラーもセットとなると

141,000円!!

とかなり高額なんですよねぇ。

というわけで、ちょっと導入が長くなってしまいましたが、今回狙いを定めたBebop Droneを安く購入する方法について紹介していきます。

高額なものはやはり輸入です

以前のFitbit Forceのときと同様にAmazon.comで調べてみました。
すると、やっぱり日本で発売されている値段より安いんですよねぇ。

drone1

このとおりで

コントローラー付きで$900

コントローラーなしで$500

となっていました。

ちなみに実際に日本から購入できるか試してみたところ

Amazon.comが販売するものは購入できました!!

ちなみに購入画面で見てみたところ

drone2送料と関税で$150ぐらい余分にかかってしまいますが、$1050ぐらいで購入できます。
これだと注文してから2-4日後には、商品が自宅に届きます!!
便利な世の中ですよねぇ

ちなみに8-16日で届くというAmazonGlobal Expedited shippingを選択すると$1036で購入できるようです。

その差は$10ちょっとと、それほど変わらないですけどね。

ちなみにクレジットカードのレートで考えると

1ドル124.5円前後 (5月16日現在)

でしたので、130,000円前後で購入できるということになります。
日本で購入するより10,000円ぐらいは安く買うことができるという訳です。
もうちょっと円高が進めば、さらに安く購入できるんですけどねぇ。

ちなみに現時点ではAmazonのサイトは品切れのようでした。
ですので、購入したい場合は以下のリンクから訪れてもらえば

直接Amazon.comから購入できるページに移動

します。

Parrot BeBop Drone 14 MP Full HD 1080p Fisheye Camera SkyController Bundle (Blue)

Parrot  BeBop Drone 14 MP Full HD 1080p Fisheye Camera SkyController Bundle (Red)

商品が品切れでなければよいですが、Amazon.comが在庫切れの場合には、上記以外のリンクから訪れた場合、他の販売会社しか表示されないかもしれないのでご注意を。
(表示されている中には日本に発送できない会社や送料が高い会社もたくさんありますので)

Amazon.comから商品を購入するにはどんな手続きをしたらいいんだ!

って方は、以前書いた記事を参考にしていただければと思います。

アメリカAmazonで商品を購入する方法

もし購入するようなことがあれば、どこかでレビューしてみようかと思いますのでお楽しみに。

本日もありがとうございました。

Fitbit Forceがなんとリコールになってしまいました

買い物&レビュー

先日購入してかわいがって使っているFitbit Forceくんなんですが、なんとリコールになってしまいました。
結構優れた製品なだけに、とても残念な話です。

ちょっと前にも出荷停止になっているということをお伝えしました。
そしてとうとう昨日”リコールします”との正式発表があったようです。

やはり皮膚にアレルギーが出てしまう人が1.7%ぐらいいたみたいです。
ステンレススティールの中に含まれていたニッケルがどうも原因みたいですね。
まぁ確かにニッケルアレルギーの人は時々いらっしゃいますから。
でも装着してから数週間経って症状が出た人もいるとのことなんで、ちょっと怖いですよね。
ちなみにFitbit Flexについては問題ないとのことです。

これまではFitbit Forceを購入したうちの希望者のみに返品すれば全額返金という対応をしていました。
しかしこれからは製品の販売停止とともに、商品の回収をするとのことです。
実際アメリカAmazonのページからは、昨日の時点でFitbit Forceの商品自体がなくなってしまっていました。

対応方法は?

現在はFitbitのHPを見ても、具体的な声明は出ていないようですが、そのうち発表されるんでしょうかね。

ちなみにいろいろ調べていたところ、以下のページで対応してくれているようです。

http://fitbit.expertproductinquiry.com/Force.aspx

試しにアクセスしてみました。

recall1

Return kitを送るので、それで返送してくれという感じで書かれています。
じゃあ、早速記入してみようかなと思ったのですが、Countryを選ぼうとすると

United StatesとCanadaしかない!!

なんと…。
やっぱり海外から買う人のことなんて想定していないんですね。
ちょっと残念な感じです、はい。

今後日本で購入した人に対してはどのように対応してくれるんでしょうかね?

ご存知の通りFitbit製品に関しては、日本ではSoftbankさんが扱っています。
ただFitbit Forceは販売直前に中止していることもあり、対応してもらえるかというとちょっと怪しいですね。
日本のちゃんとした代理店があればいいんですが、調べる限りは無いようですから。

Fitbit本社の方がちゃんと対応してくれるとありがたいんですけどねぇ。

とりあえずもうしばらくはことの推移を見守ってみようと思います。
また続報がありましたら、ここに書いていきますので。
(良い情報だといいんですけどねぇ)

本日もありがとうございました。

-2014.3.21 追記-

Fitbit Forceのリコールの件について、動きがあるかもです。
今後は新しいサイトの方でいろいろお知らせしていきますので、そちらをご参考にしてください。

Fitbit Forceの出荷が一時停止になったようです

買い物&レビュー

先日購入してからとっても有効利用させてもらっているFitbit Forceくん。
運動量と摂取カロリーに気を付けていたら、あっという間に1kgほど減量できてしまいました(^^)
うん、まったくもって素晴らしいです!!

そんなFitbit Forceくんなんですが、実は現在出荷自体が一時停止になってしまってるみたいです。

日本での提供も延期のようです

日本ではソフトバンクヘルスケアから2月14日より提供開始予定とちょっと前に発表があったばかりです。
しかしそれ自体も延期になってしまったようです。

「Fitbit Force」の提供延期について 2014年2月4日 ソフトバンクモバイル株式会社

「http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2014/20140204_02/

確かに、以前紹介したアメリカのAmazonでも、現在は代行業者以外からは購入できる商品がないようです。
そのせいもあってだと思いますが、値段も全体的に上がってしまってますね。

どうも全世界的に商品の供給がストップしているようです。

Fitbit ダッシュボードに変化が

そして本日Fitbitのダッシュボードを見ていたところ、見慣れないメッセージが。

FBD1

なんだろうと思って、リンクをたどってみました。

するとこんなヘルプのページへ。

FBD2

どうもFitbit Forceくんのリストバンドに問題があるかもしれないとのことです。
腕に装着していると、皮膚が荒れちゃう人がいるみたいですね。

一応返品・払戻しにも応じてくれるというようなことが書かれています。
ただしアメリカ国内はよいでしょうが、自分みたいに日本から取り寄せた場合はどうなんでしょうかね?
ちょっと気になるところです。

現在原因究明中のようですので、それが解決するまではしばらく待つしかないかもですね。
早く原因が分かって、対応したものを出荷してくれることに期待したいところです。

ちなみに有効活用中の自分の場合は、幸いなことに今のところ大きな皮膚トラブルなく利用させてもらってます。
でもこの先もし何か起こるようなら考えないといけないかもですね。

この先これまでに購入した人に対しても、何かしらの対応をしてくれると本当はうれしいですけどね。
バンドの交換とか、商品の交換とか。
特に日本で対応してくれたりするとまさに”神”になるんですが。
(さすがにそれは難しいかなぁ(^^;)

また続報が入って参りましたら改めてご報告させていただきます。

本日もありがとうございました。

Fitbit Force使用レビュー ①アメリカAmazonから無事到着です

買い物&レビュー

先日アメリカのAmazonで購入したFitbit Forceですが、無事にアメリカから到着いたしました。
思っていたより早かったのでちょっとびっくりしましたが、早速簡単にレビューです。

こんな感じで郵送されてきました

どんな風に届くかと思ったら、意外に普通の段ボール箱でした。

FBF1

iPhone5を比較で並べましたが、箱自体はその倍ぐらいの大きさでしょうかね。
厚みは10cmぐらいでしょうか。
“amazon Prime”ってシールは貼ってありますが、日本でよく見かけるアマゾンの段ボール箱ではないんですね。

当初は1月12日ぐらいに入荷予定で、到着は1月17日前後ってことでしたが、実際は1月11日には到着しました。
予想していた以上に早かったです。
箱をよくよく見ていると、1月6日にアメリカを出荷しているようでした。

注文したのが1月4日で、発送が1月6日、そこから5日で日本に到着なんで、結構すぐに郵送されてくるものだなと感心しました。

ちなみにアメリカ国内はUPSで、日本はヤマト運輸さんが届けてくれました。

早速開封の儀です

というわけで、段ボールを開けてみました。
すると、なかは意外とスカスカで、周囲には衝撃を吸収するようにビニール袋に空気が入ったものが同梱されてました。
そしてFitbit Forceの本体が納められたパッケージがしっかり入ってました。

FBF2 FBF3

本体は透明なプラスチックのケースの中に鎮座しておりまして、ごくごく簡単に使い方の説明が箱に書かれています。
ちなみに”L”っていうのはバンドのサイズですね。
(フラッシュで反射してしまってて、見にくくてすみません(^^;)

中から本体を取り出しますと

FBF4

パッと見おもちゃみたいでしょ?
この数字なんだ?と思って見てみたら、液晶を保護する役目のシールが貼ってあるのでした。

そして本体の下にはさらにボックスが。

FBF5

開けてくれと言わんばかりに、↓が出ております(笑)
そして中を開けてみますと

FBF6

本体の充電およびデータのやり取りに利用するUSBのケーブルと小さなUSBのトングルが入っていました。
そして一緒に用紙が1枚(下に立てかけてあるものです)

説明書かと思いきや

ここにアクセスしてセットアップしてくださいね♪

っていう、いろんな言語で書かれたセットアップのサイトに誘導するための紙ぺらでした。
というわけで、結局ちゃんとした説明書的なものは一緒に入っていないのでした。

そして本体はこちら

本体を透明の台座から外すと、こんな感じです。

FBF7

ボタンは1つしかなくて、すごくシンプル。
ゴムのバンドは2個のボッチで固定することになるんですが、なんだかちょっと心もとない感じだったりします(^^;

ひっくり返すと

FBF8

液晶のちょうど真裏になんだかくぼみがありますよね。
実はここに

FBF9

こんな風に先ほどのUSBのケーブルが刺さるわけですね。
特に蓋があったりしないんで、ごみとか埃とかが入らないように気を付けないといけないかもですね。
これをパソコンなんかにつなげて充電することになります。

以上、とりあえず届いて開封したところまでをお伝えしました。
今後は実際の使用感など、じっくり使いつつレビューしていきたいと思います。
引き続きお楽しみに!!

本日もありがとうございました。

アメリカAmazonで商品を購入する方法

買い物&レビュー

前回の記事(活動量計 Fitbit ForceがアメリカAmazonで普通に買えてしまう件)で少し触れましたが、アメリカのAmazonから商品を購入する方法について今回は書いていこうかと思います。

アカウントの作成方法

まずはアメリカのAmazonに自分のアカウントを登録するところからです。
日本のAmazonに登録されている方でも共通ではありませんので、新たに登録が必要となります。

初めにアメリカのアマゾン(http://www.amazon.com)にアクセスしてください。

amazon1

するとこんな画面が出てくると思います。
そこで右上にある“Hello, sign in YOUR ACCOUNT”というところをクリック。
さらに”Sign in”ボタンの下にある“New Customers? Start here”のリンクをクリックします。

amazon2

次にはこんな画面ができます。
ここではユーザーネーム、メールアドレス、携帯番号、パスワードを入力します。
ユーザーネームはニックネームでも何でも構いません。
携帯番号については入力なしでもOKです。
すべて入力が完了したら“Create account”をクリック。

amazon3

うまく行っていれば、上のような画面が出てきます。

入力したユーザーネームでログインしていることを確認してみてください。
(赤線で引いてあるところですね)

これで一応アカウント自体は作成できたわけですが、まだこれでは商品が送られてきません。
というわけで、引き続き送付先の住所を入力していきましょう。

送付先住所の登録

今度は先ほど同様に右上の“Hello, ○○○○ Your Account”をクリックし、下に表示される中から“Your Account”をクリックします。

amazon4

続いていろいろ出てきますが、その中の”Settings”のうち“Manage Address Book”をクリックします。

amazon5

ここで自分の住所を入力することになります。

Fullname自分の名前をフルネームで
Address line1住所1 番地、町名など
順序は逆から
(例 番地→町名→区)
Address line2住所2 部屋番号、建物名など
City市や区など
State/Province/Region都道府県名
ZIP郵便番号(日本のもので)
Country“Japan”を選択
Phone Number自宅あるいは携帯番号
日本は”+81″を付けてください
電話番号の最初の”0″を外してください
(例 “090”だったら”90″とする)
Optional Delivery Preferenceこの2つの項目は入力なしで可

以上の入力が完了したら“Save&Continue”ボタンをクリックで登録完了です。

ついでにクレジットカードも登録したいという方は、右にある“Save & Add Payment Method”をクリックしてください。

amazon6

そうしますとこんな画面が出てきますので、カード番号、カード保有者の名前、期限を入力し、カードを登録している住所を入力してください。
(先ほど入力した住所と同じならば、下にある“Use this address”ボタンをクリックしてください。)

ここまでできれば商品購入準備は完了です!!
基本的な作りは日本のAmazonと一緒なので、そんなに難しくないでしょ?
あとは自分の買いたい商品を思う存分探してショッピングしてくださいまし。

ちなみに日本から購入できない商品だと、送付先の住所を選択したところで以下の画面が出てきてしまいます。

amazon7

こうなってしまう商品については残念ながら購入できませんのであきらめてください。
あるいはAmazon以外の出品者で海外へも配送してくれる業者さんを選択して購入してください。

海外からの輸入というとちょいと壁が高そうに感じるかもしれませんが、意外と簡単でしょ?
興味ある方はぜひお試しくださいませ。

本日もありがとうございました。


ページの先頭へ