「設定」タグの記事一覧


Windows10にupして画面がぼやけたと感じた時にチェックする項目

Tips

今回も前回に続いてWindows10ネタで。

前回お話した通り、今まで使っていたVAIOをWindows7からWindows10にバージョンアップしました。
バージョンアップ後は、一時速度が遅くなるトラブルに見舞われましたが、その後は順調に動いています。
でもまだいろいろバグが隠れているようなので、安心して使いたい方はもう少し待つのもありかもしれません。

今回は自分が経験した

Windows10に変更後に感じた違和感の修正方法

について説明していきます。

Windows10にバージョンアップしたら、なんだか画面がぼやけた感じに

Windows7からWindows10にバージョンアップして、画面の構成などは当然変わりました。
スタートボタンなんかもそうですが、これは明らかにWindows8.1より改善されていい感じでした。

しかし、なんか違和感が。
そう

画面がはっきりしないというか、ボヤボヤしたような感じ

を受けたんですよね。

Windows7の時は、もう少し全体の表示がくっきりしていたような気がして。

で、調べてみたところ、その原因は

Windows10のお節介

だったことが判明したのでした。

勝手に画面の倍率を変更してくれていたみたいなんです

そうなんです、実はWindows10は

勝手に推奨の表示倍率に変更

してくれちゃうみたいなんです。

だからなんとなくぼやけたように見えちゃうんですね。
ということで、この問題を元に戻す方法を、図を交えながら順に解説していきましょう。

Windows10で表示倍率を戻す方法

まずは“スタートボタン”をクリックして

win10_2-1“設定”を選択してください。

すると

win10_2-2Windows10のコントロールパネルのようなものが出てきますので、ここで左上にある“システム”を選択します。
(デスクトップ画面上で右クリックをして“ディスプレイ設定”を選択してもOKです)

 

win10_2-3システムの中の一番上にある“ディスプレイ”の設定が表示されていると思います。
その項目の中の

“テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する”

ってところに注目してみてください。

自分の場合はここが

125%(推奨)

となっていたのでした。

これはディスプレイのサイズや、設定している解像度によって違いはあるかもしれません。

ということで、自分の場合はここを

win10_2-4100%

に変更して、“適用する”をクリックしました。

すると

win10_2-5サインインし直すかどうかの確認が出てきますが、これはどちらでも構いません。
これにて設定完了です。

どうですか、画面は以前よりクリアになりませんか?

 

表示倍率が上がると、文字は大きくなるので見やすくなるかもしれませんが、ややピンぼけな画面になってしまうんですよねぇ。
本来液晶画面が表示できる解像度を、あえて落として表示することになりますので。

文字などが小さすぎて見にくいといった場合には推奨で利用するのもありですが、そうでない場合は100%に変更するほうが良いかと思われます。

この辺りは好みの問題もあるかもしれませんが、自分のように

Windows7で使っていた時と比べて画面がぼやけて気分が悪い!!

という方は、この方法をぜひお試しくださいませ。

本日もありがとうございました。

Windows10にupして動作が遅い時にチェックすべき項目

Tips

今回はWindows8.1のデータ移行のtipsに続きまして、Windows10にバージョンアップした際に気を付けるポイントを書いていきましょう。

というのも、今まで長いこと使っていたノートパソコン(VAIO SE)のSSDが壊れてしまいまして(T_T)

一応新しいパソコンも購入したんですが、SSDだけ購入して再利用できんものかなぁと。
ということで、SSDを買ってきてリカバリーをしてみたら、ちゃんと起動してくれたのでした(^^)

とはいえ、4年前のパソコンですからOSはWindows 7です。
せっかくだからってことで、発表されたばかりのWindows 10にバージョンアップすることにしたのでした。

バージョンアップ自体は簡単でした

Windows 10にバージョンアップするのは、予約して順番待ちが必要と思っていたんですが、実はそうでもないんですね。

Windows10 ダウンロードページ

ってのがありますので、そこからファイルを落としてこればバージョンアップも簡単に可能です。

Windows7に対して上書きインストールしたところ、Windows 10はちゃんと稼働してくれたのでした!
特段大きなトラブルもなかったため、問題なく使えるなと思っていたのですが、そんなことはなかったんです。

Windowsの挙動が明らかに遅くなった!!

Windows10になってスタートボタンも復活したし、使い勝手はWindows 8.1よりなんとなく良い気がしていました。

しかし使いはじめてしばらくしたところで、ちょっとした違和感が。

そう

起動も終了も明らかに遅い!!

ってことでした。

最初のうちは

「これは仕様かもしれない」

とか

「しばらく使い込めばよくなるかも?」

なんて楽観的に考えていましたが、一向に良くなる気配は見られず。

そこでWindows updateの報告がいくつか来ていたので、全部アップデートしてみました。
それで良くなることもあるようですが、まったくもって改善されることはありませんでした。

さらにブログを書いていても、IMEの変換が入力にまったく追いついてきません。
ソフトの起動や終了も全然スムーズにできません。

明らかにWindows7や8.1よりも遅い!!

こんなことならバージョンアップしなきゃよかったと、少々後悔…。

どうせ4年前のパソコンだから、最新のOSはスムーズに動かんのかも

とあきらめモードでした。

よく見るとおかしな表示が、それが答えでした!!

Windows10になってから、立ち上がってからちょっと気になっていたことがあったんですよね。
画面右下のインジケーターのところで

win10_1-1左上に表示されているHDDみたいなアイコンにポインターを合わせると

インテル(R) RSTサービスは実行されておりません

との表示が。

確かにこれまでもこのアイコンは表示されていましたが、別に異常を示す表示はありませんでした。

インテル RSTサービスというのは何ぞや?ということで調べてみましたが、正直難しくてよく分かんなかったです(^^;
簡単にまとめると

インテルのチップセット用に提供されている、SSDやHDDの性能を改善するもの(RAIDを組んだりできるもの)

のようです。

間違っていたらごめんなさい。

で、どうもこれがうまく機能していないのがおかしいんじゃないかと疑い、このソフトはどこにあるかと探ってみました。

インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー(RST) RAIDドライバーの更新

ということで、インテルのサイトの”ダウンロード”のところを見ると

win10_1-2

ちゃんとWindows 10対応の最新版がダウンロードできるようになっていました。
早速そこをクリックすると

win10_1-33つ選択できるようになっていますが、全部入りの一番下のを選択してダウンロードしました。

それを開いてみると

win10_1-4

ちゃんとインストール画面が出てきました。
あとは指示に従って順に“次へ”をクリックしていきます。

win10_1-5ファイルのインストール先を決定して

win10_1-6この画面が出たら完了です。
あとはコンピューターを再起動と。

すると…。

起動時間から明らかに早くなりました(^^)/

これまでと比べて全然立ち上がりが早くなって、今まで使っていたWindows7や8.1と同等となりました。
それまでは「HDDか!」というぐらいに遅くなっていましたからね。

ソフトの起動も今までのようにあっという間に起動してくれるようになりました。

そして肝心のインテルRSTのところを見てみると

win10_1-7おー!!

今までは“実行されていません”の表示だったのが、ちゃんと起動してチェックマークが入っていますよね。
これで問題解決となりました。

ちなみに自分は試していませんが、このインテルRSTをアンインストールしちゃっても問題ないみたいです。
その方法でも、今回のWindows10の速度低下問題は解消されるかもしれません。
そのあたりはお好みで試してみてくださいな。

というわけで、とりあえず今までの環境と同じぐらいのスピードが出るようになったので一安心となりました。

もし

Windows10にバージョンアップしたら、速度が明らかに遅くなった!!

という方は、この項目も一度チェックされることをお勧めいたします。

本日もありがとうございました。

iPhone6 Plus到着から機種変更や設定まで

iPhone

先日到着しましたiPhone6 Plusですが、ちゃんと使えるようになりましたので早速設定や機種変更の方法の解説とレビューをしていきますね。

いやぁ、しかし今回は手に入れるまでが思った以上に大変でした。
もしかしたらまだ手に入れていない方も多くいるかもしれませんね。

それでも徐々にiPhone6 Plus自体の供給量は増えてきているようですよ。

実際ヨドバシカメラの在庫確認サイトを見ると、docomoついてはiPhone6 Plusの在庫がちらほら見られるようになっています。
まだauとソフトバンクは、当日即契約というのは難しそうですが、この分だともうしばらくすれば皆さんの手に行き渡るようになるかもですね。

ちなみに

地方に住んでいるので、わざわざ行くのが大変

という方には、自分が購入したようにオンラインショップでの予約&契約をお勧めしますよ。

こちらの方法なら、予約と契約がすべてネット上で完結しますので、商品が郵送されてくるのを待つだけでよいですからね。

各社のサイトはこちらになりますので、良かったら参考にどうぞ。

ドコモ     ドコモホームページ

au       au Online Shop

ソフトバンク  ソフトバンクオンラインショップ

ということでiPhone 6Plus到着です

今回は前々回のiPhone4、前回のiPhone5と同様にソフトバンクオンラインショップで契約しました。

こちらは

発売当日に手に入れることはできない

というデメリットはありますが

全てウェブ上で契約完了し、商品は郵送で届く

というのが非常に簡単でよいところです。
しかも店員さんとのやり取りなんかもないので、とってもシンプルです。

で、今回はiPhone6、iPhone6 Plus発売の2日後に商品が届いたのでした。

ip65-1

 

こんな形で佐川急便で届けてくれました。
前回もそうでしたが、ソフトバンクさんは佐川と契約しているんでしょうかね?

開封の儀

ということで、早速届いた商品の箱を開けてみました。

すると

ip66-1

こんな感じで、箱の中にはまず書類が入ってました。
そしてその奥には

ip66-2

 

おー、厳重に周囲をガードされたiPhone6 Plusが鎮座しているのでした。

商品自体は

ip66-3ip66-4

 

表、裏はこんな風になっています。
表面に何が張られているのかと言いますと

ip66-5

 

実はこれ、ソフトバンクのUSIMカードでした。

そして今回のiPhone6 Plusの箱にはほとんど何も書かれていないんですよねぇ。
表面にはその形に合わせたちょっとした突起があるぐらいで。
これまでのiPhoneシリーズの箱とは違って、なかなか斬新なデザインですよね。

そして箱を開けると

ip66-6ゴールドのiPhone6 Plusが登場です!!

中身をすべて取り出してみますと

ip66-7

 

こんな感じで、本体の下には簡単な説明書が入っています。
そしてさらに下には、ライトニングケーブルとUSBがさせるACの変換アダプタ、イヤホンが入っていました。
この辺りはiPhone5と同じ構成ですね。

iPhone5と並べて比較してみました

iPhone6 Plusはかなり大きいと言われていますが、実際の大きさ気になりますよね?
ということで、並べてみたのがこちらです。

ip66-8

 

たしかに

ひとまわりデカい

ですよ、これ。
画面も大きくなっていますが、本体もなかなかの大きさです。

横にして並べてみると

ip66-9このように、厚みに関してはiPhone5より薄くなっています。
しかも周囲が丸くなっているせいか、実際に使いだしてみると”結構薄くなったな”って感じちゃいます。
この辺りはデザインの妙なんでしょうかね?

電話が使えるように設定です

続いて早速電話が使えるようにしないといけません。

まずは先ほどiPhone6 Plus本体とともに到着したソフトバンクのUSIMカードを装着しましょう。
中身はこんなです。

 

ip66-10

 

黒いカードの中に金色に光っている部分がありますよね?
これがnano USIMカードになります。

現状で最も小さなUSIMカードになります。

で、これをカードから切り離します。

iPhone6 Plusの右側面にはnano SIMカードを挿入する部分があります。
小さな穴が開いているので、そこにクリップの先端などを差し込むと

ip66-11

 

nano SIMを載せる台が外へ出てきますので、そこに先ほど切り離したnano USIMを装着して、カチンと挿入すれば完了です。

今回のiPhone6もiPhone5と同様のnano SIMとなっています。
だからSIMだけ差し替えれば使えるはずなのに、なぜiPhone6 Plus用に新しいnano USIMが付いてきたのか最初は謎でした。

実際そのまま差し替えれば使えると思うんですよ。

でもあえて新しいUSIMカードを付けてきた理由が分かりました。

それは

iPhone5を今後も使っていく場合、SIMカードが入っていないと使えないから

ということではないかと考えました。

iPhone6 Plusが使えれば、確かに古いiPhone5は使わなくなってしまうかもしれません。
しかし場合によっては、iPodの機能やWi-Fiでのネットブラウジング用に、古いiPhoneも使いたいって人もいますよね。

この場合

SIMカードが刺さっていないとiPhoneは使えない仕様

になっているんですよね。

以前はこのためだけにダミーのSIMがamazonなんかで売られていたことがあるぐらいですから。
ソフトバンクはそういう苦情に対応してくれたのかもしれませんね。

そんなわけで、まずは新しいnano SIMをiPhone6 Plusに装着してください。

あとは機種変更をしましょう

携帯ショップで購入すればこの作業をやってくれるんですが、オンラインショップで購入した場合はこれを自分でやらないといけません。
といっても、とっても簡単にできちゃいますのでご心配なく。

まずソフトバンクオンラインショップのサイトに接続します。

ip66-12

その中の

商品が届いたら! 設定マニュアル

というタブを開きましょう。

続いてip66-13

いろいろある中から“iPhone”を選びます。

ip66-14

 

この中のステップ2にあたる、電話機切り替え手続きをしていくことになります。

電話をかけてすることもできるのですが、最近はネットだけでも完結できちゃうんです。

どちらでもよいですが、自分の場合は

ウェブサイトでの切り替え方法

を選択しました。

機種変更かMNPかをここで選択します。

機種変更を選択すると

ip66-15

 

こんな画面が出てきますので、後は必要項目を入力して

機種変更オンライン切り替えを行う

をクリックすれば完了です。

あとはしばらく待っていると、自然に以前使っていた機種が圏外となり、iPhone6 Plusの方に”Softbank”という文字が表示されるはずです。
そうなれば機種変更は完成したということになります。

これだったら、機種変更と言ってもたいして難しくないでしょ?

誰でも簡単にできてしまうと思いますよ。

あとはiTunesを介して、元のiPhone5のデータを復元させればデータの移行も完了です。
(そこの方法については今回長くなっちゃったので省略します)

とりあえずiPhone6 Plusが使えるようになりました

というわけで、とりあえず普通にはiPhone6 Plusを使うことができるようになりました。
ここまではそんなにストレスなくできましたよ。

まだ使い始めて間もない状況ですが、とりあえず大画面はなかなか快適です。
あとウェブブラウジングをしていて、スワイプしたときに今までのiPhoneだと角が手に引っかかる感じがあったんですよね。
これが角が丸くなったことで引っかかりが無くなったので、使っていて気持ちいいです(^^)

とりあえずは現時点では比較的満足しております。

また今後いろいろ使いこなしてみて、細かいレビューとか書いていきますね。

本日もありがとうございました。
 

 

iCloudの問題と見直すべき設定について

iPhone

iCloudってご存知でしょうか?

iPhoneを持っている方ならきっと知っていることでしょう。
アップルが無償で提供しているクラウドサービスですね。

ic1-4

アップル製品を購入したりしてapple IDを持っていれば、簡単に使うことができるサービスです。

iPhoneとiPad、Macなどすべてでデータを共有できたりするので、非常に便利なサービスではあるんですけどね。

アップル製品が無くても、普通のブラウザからも

https://www.icloud.com

でアクセスできちゃいます。

これが現在問題になっているんです

クラウドサービス自体非常に便利ではあるんですけど、やっぱり注意は必要なんですよね。
いくらパスワードがかかっているからと言って、

ハッカーさんの手にかかれば、簡単にアクセスされてしまう危険性

もあるわけで。

そんな危惧があったんですが、実際つい先日大きな問題が発生しましたよね。

日本ではないんですが、アメリカでセレブの自分撮りのヌード写真が流出してしまうという事態が発生しました。

米女優などの写真流出、アップル「自社システムへの侵入ない」 (2014.9.3 ロイター)

ジェニファー・ローレンスやリアーナなどのプライベートで撮影したヌード写真が流出してしまったようです。

まぁ自分のiPhoneや携帯で自分の恥ずかしい写真を撮るというのもどうかとは思いますが(^^;
その行為はさて置いても、その写真をネット上に置いてしまうのは非常に危険な行為ですよね。
いくらセキュリティーがある程度保障されているとしても、何が起こるか分からないですからねぇ。

iCloud自体の脆弱性が原因ではないとAppleは声明を発表しているようですが、この先も絶対大丈夫かと言われればどうかは分かりません。
また普通にIDとパスワードが狙われれば、簡単にアクセスされてしまうリスクもありますからね。

特に

他のサイトとIDとパスワードを共通にしている

といった場合は危ないですよねー。

どこかのサイトでハッキングされてしまうと、他のすべてのサービスへのハッキングができるようになってしまいますから。

最近ではFacebookやTwitterでも同様のことは起きているようですし。
そのあたりの意識も高く持つ必要はあるかと思います。

iCloudを使っている人が変更するべき設定は

とは言え、まったくiCloudを使わなくなってしまうのももったいないですからねぇ。

とりあえずは

危険と思われる設定をしないようにする

これが重要かと思います。

一番よく使われていると思われるiPhoneでの設定について説明していきましょう。
現在利用している人も、再確認の意味も含めて見直してみてくださいね。

まずiCloudをどう変更するかと言いますと、iPhoneの“設定”から行きます。

ic1-1

この中に”iCloud”というのがありますよね。
これをタップすると

ic1-2

 

こんな風にいろんな設定項目が出てきます。
それぞれ自分のiPhoneのデータを同期するかどうかを決めることができます。

自分の場合は上のような設定にしています。

この中で特に危ないと思われるのは

①書類とデータ
②メール
③写真

といったところでしょうか。

連絡先も本当は”Off”にしておいた方がよいのかもしれませんね。

とにかく人に知られては困るようなプライベートなものや、個人情報が入っているデータについては

同期を”off”

にしておくことを絶対的に推奨します。

それから、下の方にある“ストレージとバックアップ”という項目ですが

ic1-3

 

この

iCloudバックアップ

という項目は要注意です。

確かにバックアップを取っておくのは、何かあった時のためには有用です。
しかも自動でしてくれるので便利そうではあるんですが、これも

データが全部クラウド上に置かれてしまう

ことになりますからねぇ。
こまめに自分のパソコンにつなげて、iTunesで同期してバックアップする方が絶対安全です。

デフォルトでどこまで同期するようになっていたかが分からないんですが、とりあえずは危険なものはネット上に置かないというのが鉄則ですね。
そして重要なデータについては、自分のパソコンのHDD等にバックアップを取っておくということです。

他のクラウドサービスも注意が必要でしょうね

今回はAppleのクラウドサービスが狙われたわけですが、それ以外にも

GoogleのGoogle Drive

MicrosoftのOneDrive

DropboxやSugarSync

なんかも同様に注意は必要かと思われます。

Dropboxも、以前はiPhoneをパソコンに接続すると、勝手に写真を同期させようとしたりしましたからねぇ。
危ないったらありゃしないです。
自分はすぐにoffにしましたが。

クラウドサービス自体は非常に便利ではあるんですが

とにかく危険性も認識したうえで利用する

ことが重要ということですね。

一度ネット上に広がってしまうと、もうなかったことにするのはほぼ100%不可能ですから。
最近はそういう危険性を認識せずに利用している人が増えていそうな気がしますから、(自分もそうかもしれませんが…。)十分に気を付けていきましょうね。

しかしなぜこのタイミングでこのニュースが出てきたんでしょうかね?
iPhone6発表間近のアップルにとって、この悪いニュースは非常に痛いはずなので。
敵陣営が仕組んだ陰謀だったりする???

本日もありがとうございました。

 

Softbankのiphoneメールがバージョンアップしましたね

iPhone

なんだか最近自分が使っているiPhoneのEメールの挙動がおかしいなと思ってました。
他にも気付いている人、いましたかね?

別にOSのバージョンを変えたわけでもないし。
ソフトバンクが何かやってるのかなぁと思ったら、どうもメールの機能を更新していたんですね。

先日ソフトバンクの総合案内からその旨のメッセージが送られてきてました。
ちなみにこんなメールですがね。

imail1

こんなのが送られてきているのには全然気づいていませんでしたが(^^;

何が変わったの??

結局どこがどう変わったかなんですが、簡単に言ってしまうと

SoftbankのEメールサービスがプッシュ通知に対応した

ということなんです。

プッシュ通知と聞いても「はぁ?」って方が多いかもしれませんよね。

実はこれまでのソフトバンクのiPhoneのEメールサービスってのは、フェッチでやりとりしていたんです。

”メールが届いた”という通知はプッシュで送信してくれてたんですけどね。

imail2

この画面に見覚えがある方は多いかと思います。
これが「メールが送られてきたよ」というメッセージのみのプッシュだったわけですね。

imail3

プッシュとフェッチとは何ぞや?という方のために、簡単にまとめたのが上図です。

要するに

いちいちこちらからメールサーバーに接続しなくても、メールが届いたら直接iPhone宛に送ってくれるようになった

ってことですね。
本来は最初からこうあるべきだったんでしょうけどね。
その辺が、最初にiPhoneを使い始めた人が戸惑いやすかったところだった気がします。

そして変更の方法は?

詳細はsoftbankのページに載っていますので、そちらでご確認を。

http://www.softbank.jp/mobile/iphone/support/mail/notice からどうぞ!

でもそれで終わってしまっては不親切なので、順に説明していきますね。

とりあえずやるべきことは

①iPhoneの設定を変えること
②ソフトバンクのメールの設定を変えること

の2つになります。

iPhone側の設定変更

iPhone本体の設定については”設定”のところからメールの設定を変えることになります。

まず設定メニューの中から“メール/連絡先/カレンダー”を選択します。

imail8

続いて“データの取得方法”を選択します。

imail9

“プッシュ”を”on”として、i.softbank.jpに関して“プッシュ”を選択します。

imail10

続いて設定”の最初の画面に戻って、“通知センター”を選択。
(最初の設定画面のところの②ですね)

下の方にある“メール”を選んで、“i.softbank.jp”を選択します。

imail11

imail12

あとは通知されるスタイルを自分で決めます。

imail13

バナーかダイアログ形式か、またロック画面に表示されるか、プレビューを表示するかなどを選択できます。

以上でiPhoneの設定については完了です。
一応これでプッシュでメールが自動的に送られてくるようになります。

ただこのままだと、これまでのように

“メールを受信しました”

の画面が表示されてからメールを受信することになるので、2回着信音が鳴ったり、2回バイブが震えてしまいます。
これを解決するためには、ソフトバンクから”メールを受信しました”のプッシュが送られて来なくなるように設定しないといけません。

ソフトバンク側の設定変更

これはまずマイソフトバンクに接続してログインします。
ここで”メール設定/迷惑メール対策”を選択します。

imail4

続いて“メール設定(Eメール(i))”“次へ”をクリックします。

imail5

ここでEメール(i)の設定をいろいろ変更できますが、今回は“新着メールお知らせ設定”“次へ”をクリックします。

imail6

これが「メールを受信しました」というメッセージを送るかどうかの設定になります。

imail7

ですので、ここはメッセージが送られなくなるようにするために、“送信しない”を選択して“次へ”をクリックします。

これで設定は完了です。

いかがでしたでしょうか?
うまくいきましたか?

これが使えるようになると、結構便利だったりするんで、ぜひ設定変更にtryしてみてくださいね。
うまくいかないようならば、何か助けられるかもしれませんのでご連絡くださいまし。

本日もありがとうございました。

 

ページの先頭へ