「地震」タグの記事一覧(2 / 5ページ目)


昨日は大きめの地震がありました

スピ

昨夜は長野県北部を中心として、比較的大きめの地震が発生しました。
ここ最近あまり大きな地震が起きていなかったのですが、やはり油断はできませんね。

eq1-1

震源付近では

最大震度6弱

ってことなんで、久しぶりにやや大きめの地震でした。

実際その時間はTVを見ていたんですが、緊急地震速報が鳴ってしばらくしてから地震を体感しましたから。
しかも結構長い時間揺れていたので、東日本大震災を思い出してなんだか嫌な感じがしました。

被害も出ています

さすがにこれだけの大きさの地震だったので、それなりに被害も出たようです。

震源に近かったところでは建物の倒壊なども報告されていますし、けが人も出ているようです。

<長野北部地震>善光寺の灯篭も倒壊 家屋被害など相次ぐ (2014.11.23 THE PAGE)

 

そしてまだ現在も余震が続いているような状況です。

eq1-2

こちらが昨日の震度6弱発生からの地震の状況ですが、長野県北部がずらっと並んでいます。
まだまだ油断はできないように思われます。

それから、長野だけにとどまらず他に飛び火する可能性もあるかもしれません。

というのも、現在の余震というのは

神城(かみしろ)断層

に一致して起きているということなんです。

神城断層というのは、長野県から山梨県にかけてのおよそ150キロに及ぶ「糸魚川-静岡構造線断層帯」の北部に当たる活断層とのことです。
ですから、この糸魚川-静岡構造線断層帯付近はしばらく要注意かと思われます。

特に糸魚川-静岡構造線断層帯付近というのは

フォッサマグナの西縁

でもありますからね。

eq1-3

フォッサマグナというのは、日本を東西に分断する地質学的な溝のことです。
この西縁で地震が頻発しているというのは少々不安ですよね。
下には富士山が構えていますし。

大きなことが起きないことを祈るばかりです。

日本だけでなく

実は昨日の午後6時ごろには

中国の四川省でマグニチュード6.3の地震

が発生していたようです。

というわけで、ちょっといろんなところが不安定な状況なのかもしれません。

ちなみにいつも言及している太陽活動については、いまのところ比較的穏やかなようです。
太陽フレアもそれほど発生していませんし、黒点の数も少ないぐらいです。

せっかくの3連休だというのに、少々心配ですね。
大きなことに至らずにおさまってくれればよいのですが…。

本日もありがとうございました。

太陽フレアは引き続き頻発しています

スピ

つい先日太陽活動が非常に活発な状態が続いていることをお伝えしました。
その後徐々におさまっていくのかと思いきや、依然として太陽フレアはすごい勢いで発生しています。

太陽の黒点についても、100以上の状態が続いております。

黒点数の推移から見ていきましょう

いつものように宇宙天気情報センターさんのデータを拝借しました。

ss3-1

 

こちらがそうなんですが、10月21日以後は黒点数が多い状態が続いています。
そしてそれまでは、前回も言いましたが

黒点数が100以下の日が連続15日間

続いていました。

これは今年最長だったかと思います。

さらに

観測史上最大の面積を持つ黒点群AR2192

というのもまだ見えている状態です。

ss3-2

 

こちらが最新の写真ですが、前回の記事の写真と比べてもらうと、少し右端に移動しています。
それでもかなり大きいものがあることが分かっていただけるかと思います。

なんだかいつもといろいろ違うことがあるだけに、少々気になりますよね。

そして太陽フレアなんですが

太陽フレアの発生頻度はすごいことになっています。
これまで時々はサイトを見させてもらってましたが、こんなに多かったのはあまり記憶にありません。

実際の発生数はこちらです。

ss3-3

 

巨大なフレアであるXクラスが一昨日は2回、昨日は1回

発生しています。
Mクラスのものも結構な頻度で発生しているのがお分かりいただけるかと思います。

それでもなんとなくピークは過ぎつつあるのかなぁという印象もありますが、まだこれだけだと分かりませんよね。

ちなみに写真はこちらです。

ss3-4

太陽のそこらじゅうでフレアが発生しているのが分かりますでしょうか。

いつも言っていますように、太陽フレアの影響は発生してから地球に届くのに数日かかります。

ですから、しばらくの間は注意して様子を見た方がよいかもしれません。

地震についてはあまり目立っていません

太陽フレアがこれだけ発生していると、どうしても気になってしまうのが地震の方です。
しかしこれまでのところはあまり大きなものも発生しておらず、頻度もそれ程多くはありません。

ss3-5

 

ここ1週間で発生した地震です。
大きなものでも震度3ぐらいまでとなっています。

またある一定の場所で頻発しているといった感じもなさそうです。

そういう意味では、いまのところは巨大地震が起きる危険性はそれ程高くはないのかもしれません。

とはいえしばらくご注意を

黒点数が上昇に転じたところでの巨大太陽フレアの頻発ってのはほんとに嫌な感じです。
しかし地震が頻発していないというのは幸いかもしれません。

もし地震が頻発してくるようなことがあれば要注意かもしれませんので、皆さまその点はご注意を。

あとまだ完全に太陽活動がおさまったわけではないようですので、引き続き注視していく必要はあるかと思います。

先ほども書きましたように

太陽フレアの影響が地球に及ぶのは、発生後数日してから

と言われていますので、ちょうど今日ぐらいからはいろいろ注意していった方がよいかもです。

本日もありがとうございました。

太陽活動は活発なままです

スピ

つい先日太陽フレアと黒点の関係がおかしなことになっているってことを書きました。

この時は黒点数が少ないままXクラスのフレアが出現していたので、いつもと違うなぁって感じていました。

そしたら、とうとう黒点数が増加に転じ始めたのでした。

黒点数は再び100以上となりました

今年最長の黒点数100以下の日数とお伝えしていましたが、再び100以上に戻ってきたのでした。

いつものように宇宙天気情報センターさんが提供している黒点数の推移を見ていきましょう。

ss2-1

 

こちらがそうなんですが、最終的には

黒点数が100以下の日は15日間継続

したのでした。

結局前回お伝えした翌日が最後になってしまったわけですが、それでも今回はかなり長い期間でした。
10月21日以後は黒点数が120以上の日が続いており、元の状態に戻ったと言えばそうなんでしょうか。

しかし黒点数もそうなんですが

これまで観測された黒点群としては最大の面積を持つ黒点群AR2192が観測された

とのことです。

ss2-2

こちらが黒点を写した写真ですが、誰が見ても分かるぐらいはっきりとした黒点ですよね。

こういったものが地球に何か影響を及ぼすのかどうか、少々気になるところです。

太陽フレア活動も相変わらずです

先日X級のフレアが出現していることをお伝えしましたが、その後もフレア活動は活発な状況が続いております。

こちらがここ3日間のフレア活動をまとめたものです。

ss2-3

10月19日にもX1.1のフレアが発生していましたが、本日はさらに大きい

X 3.1のフレアが発生

しています。

X級のフレア自体が珍しいものなんですが、立て続けに大きなものが発生しているだけに少々驚きです。

ちなみに

これまで観測された最大のフレアはX28

ということなので、それに比べればまだまだかわいいのかもしれませんね。

しかしMクラスの大きめのフレアも結構な頻度で発生していますので、まだかなりフレア活動は活発な状態が続いていると言えるでしょう。

ss2-4

こちらは10月23日のものですが、これでも太陽上で活発にフレアが発生していることがお分かりいただけるかと思います。

普段はこんなに激しく太陽表面でフレアが発生してないですからねぇ。

今後の地球への影響は?

太陽との関係が切っても切れないこの地球ですが、今後こちらへの影響が気になるところです。

特に太陽フレアについては

GPSや電力網に影響することがある

と言われています。

過去にはカナダで大規模な停電が発生したり、人工衛星が故障したりといったことが報告されています。
今回のフレアの影響で同様なことが起こる可能性も無きにしも非ずです。

だいたい太陽から地球にフレアの影響が及ぶのが、太陽フレアが発生してから数日と言われています。
ですのでしばらくの間はそういったことにも注意が必要かと思われます。

そして心配なのが

太陽黒点数の増加とともに、大きめの太陽フレアが発生したこと

なんですよね。

これはちょうど

東日本大震災の時と同じような状況

なんです。

その際も3月4日から黒点数が100以上に増加し、3月10日にXクラスのフレアが発生という経過を辿っています。

そう考えると、今回の太陽の状況ってもの少々気になります。

ただ地震自体は幸いなことに現在のところあまり頻発しているわけではありません。
そういう点では、東日本大震災の時と状況は異なりますので、大丈夫と言えば大丈夫なのかもしれません。

しかし油断したときに災害というのは発生しますから、しばらくの間は要警戒かと思われます。

地震や自然災害、電力の問題など心配されることが多々ありますが、何ごともなく数日間が過ぎてくれるのを祈るばかりです。

本日もありがとうございました。

黒点とフレアがおかしなことに

スピ

9月27日に御岳山が噴火して以来、しばらくの間は日本中のそこかしこで地震が発生。
ちょっと不安定な時期がありました。

さらに台風が来たりといろいろ心配されることがありましたが、幸いなことにそれほど大きな被害が出ることなくすみました。
その後最近はあまり目立った地震などもなく、自然災害の方も少し落ち着いたかと思われていました。

そんなこともあって、最近は黒点の方にもそれ程注目してなかったのですが、久しぶりに見たところ、ちょっと大変なことになっていたのでした。

黒点数の減少が続いています

いつも出している宇宙天気情報センターさんが提供している黒点数の推移です。

ss1-1

上の表のうち、黒点数はsunspotというところになります。

9月26日のピーク時には、黒点数は203個まで増えていました。
しかしその後徐々に減少し、10月6日以後はとうとう100以下となってしまいました。
そして10月19日まで100以下の日が続いているのです。

それこそ10月19日現在で

黒点数が100以下の日が連続14日間

となっています。

これは今年最長ではないでしょうか?

黒点数が少ない日が一体この先どこまで続くのか、少々気になるところです。

さらに気になる兆候が

黒点数の減少については、個人的には直接大きな被害を及ぼさないのではないかと考えています。
しかし黒点数減少中にも関わらず、ちょっと気になる兆候が。

それは

太陽活動が活発になっている

ということなんです。

ss1-3

こちらをご覧ください。

ss1-2

 

そうなんです

太陽フレアがかなり発生している

ということなんですよ。

一昨日と今日はMクラスのものが発生しており、昨日などは

Xクラスまで出現

しています。
これは久しぶりに大きなフレアですよね。
しかも発生頻度もここ3日はかなり目立ちます。

こちらの方はちょっと注意を払った方がよいかと思われます。

しかし不思議ですね

これまでは黒点数が増えている時に太陽フレアが発生することが多かった気がするんです。
しかし今回に限っては、黒点数が少ないにも関わらず大きめの太陽フレアが発生しているんですよねー。

この点が少々気になるところです。
何かいつもと違うので、ちょっと気持ち悪いんですよ。

太陽フレアについては上にも書いたように、数日後に地球にも影響が及ぶ可能性がありますので、しばらくは地震などに要注意かと思います。

そしてもし太陽フレアの頻発とともに黒点数が上昇してくるようなことがあった場合は、厳重な注意をした方がよいかもしれません。

ちょうど東日本大震災の時は、黒点数が減少から増加に転じた時に、太陽フレアも大きめのものが出て、しばらくしてから地震が発生しましたからね。

まぁ太陽だけがすべてではないと思いますが、最近の地球の活動自体いろいろ不安定になっていますから、注意していくに越したことはないかと思われます。
今回のサインでも、特に何ごともなく過ぎ去っていってくれればいいんですけどね。

本日もありがとうございました。

太陽活動が活発化してきています

スピ

先日は地震が日本全国で頻発しているということを書きました。
それこそ栃木県北部を中心とした地震が頻発していた9月4日のことでした。

その後はと言いますと、地震自体はまだ普段と比べると発生頻度は少し多めではありますが、やや収束に向かっているような感じです。
それでも日本各地で規模は小さいものは起きているようですが。

eq2-1直近の地震の発生状況はこのようになっています。

大きくても震度3ぐらいまでですから、それほど大きなものは起きていないですよね。
しかもあれだけ頻回に地震が起きていた栃木県北部では、その後ほとんど起きていません。

これでおさまっていってくれるのでしょうか?

太陽の黒点数はというと

太陽の黒点数については、最近は不安定な状態が続いていましたよね。
だからこちらはどうなのかと気になっていましたが、その後はちょっと安定しつつあるのかもしれません。

eq2-2

 

こちらが黒点数の表なんですが、“Sunspot”の項目は100以上の日がしばらく続いている状態です。
一時のように増えたり減ったりという状態は脱してきたのかもしれません。

まぁこれはいいことと捉えていいんでしょうかね。

太陽活動はというと

では太陽フレアはどうかと言いますと、こちらはちょっと活発化してきているようなんです。

eq2-3

この3日間の推移ですが、ちょっとフレアの発生頻度が多いんですよね。

少ないときは全くない日もあるんですが、ここ3日間はそこそこの数が発生しています。

特に今日は

M4.5の太陽フレア

が発生しています。

eq2-4

まだX級と比べたらかわいいものかもしれませんが、ちょっと活発になってきている印象です。
今後もやや大きめの太陽フレアが発生する可能性はありそうですので、しばらくは注意が必要かもしれませんね。

またM4.5のフレアの影響も数日以内に地球に及ぶかもしれませんので、こちらも気を付けていきたいところです。

そういえば今日は

もう終わってしまいましたが、実は

スーパームーン

の日でした。

eq2-5

スーパームーンというのは、月が地球に普段より接近することで、大きく明るく見える現象のことです。
今年は

7月12日、8月10日、9月9日

と3回もあるという、非常に珍しい年だったようです。

ちなみに今日のスーパームーンはAM 10時頃だったようなので、実は日本からはバッチリでは見れなかったんですよね。

とはいえ、ほぼ満月に近い状態が今日も見れるはずですので、空を見上げてみてもよいかもですよ。

 

月と太陽とは関係があるかは分かりませんが、どちらも地球に何らかの影響を及ぼしているのかもしれませんよね。

太陽フレアやスーパームーンの発生と、実は何か意味があるのかもしれませんが、地球に大きなことが起きなければよいですけどね。
今後も普段はあまり気にしていない天体の動きにも、いろんな意味で注意していってもよいのかもしれません。

 

とりあえずは太陽フレアの活動はしばらく監視していくことといたしましょう。
ただ黒点数は安定しているので、以前ほどは心配しなければいけない時期は過ぎつつあるのかもです。
ぜひそうあってもらいたいところですけどね。

本日もありがとうございました。

 

ページの先頭へ