「口コミ」タグの記事一覧


エネループのモバイルバッテリーが大活躍

買い物&レビュー

ずっと前に買ったまま忘れられていた

ネループのモバイルブースター KBC-L2BS

というのをしばらく前に発見。
意外とこれが役立っているんで、今日はそのレビューです。

モバイルバッテリーって必要?

そもそも普段から「モバイルバッテリーって必要なんかなぁ?」と疑問には思ってました。
ただ震災があってからしばらくした時に、

電気が止まってしまう事態があると確かに困るぞ!!

ってことで購入したんだと思います。

だがしかし、よくあるパターンなんですが、結局買っただけで満足してしまって、その後必要とされることもほとんどなく忘れ去られてしまっていたんですね、実は。

そんなある日に押し入れの中でこれを発見!
せっかくだから使ってみようということになったわけです。

モバイルバッテリー自体が絶対必要というわけではなかったんですが、ここ最近心配になってきていたことは

移動中にスマホの電源がなくなってしまうこと

なんですよねぇ。

自分はiPhone 5を使用中ですが、最近電池の減りが結構速いんです。
普通に使っていると1日持つか持たないか。

すぐにUSBで充電ができる環境ならばいいんですが、外出先だとなかなか難しいこともありますよね。
そんな時に非常に心強いというわけです。

それでもあまり荷物が重くなるようだとちょっと…となりますが。
そのあたりも含めてレビューしていきます。

実際の商品です

こちらがその商品です。

emb1

emb2

商品自体は2010年発売ということで、まだSANYOの文字が輝いていますね。

ちなみに最新機種は引き継いだPanasonicから発売されております。
(PanasonicのQE-QL202Xがそれに相当するようです)

よく見るとパッケージの下の部分が結構膨らんでいますよね?
実はここにケーブル類がいろいろ入っているんですよ。

まずは充電用のACアダプターです。

emb5

まぁこれはよくありがちなタイプの充電アダプターですね。

そして続いてUSBの充電ケーブルがこちらです。

emb3emb4

USB>ミニUSBのケーブルと、ミニUSB>マイクロUSB変換アダプタが一緒に入っています。

後で述べますが、これが結構優れものなんですよねー。

本体の方はこちら

emb6

こんな風に真っ白でつるっとした感じです。
さわり心地も滑らかで、傷もつきにくいかと思います。

emb7emb8

左側面にはUSBの端子が2つあります。
そして右側面にはACアダプター用のコネクタと、ミニUSB用のコネクタがあります。

emb9emb10

iPhone 5との比較です。
幅はほぼ同じぐらい、縦は半分より少し大きいくらい、厚みは2倍ぐらいといったところでしょうか。

重さは130gとのことで112gのiPhone5より若干重いですが、あまり違いは感じないぐらいです。

実際の使い勝手

重さや大きさに関しては、上記した通りで持ち運びに関してはあまり邪魔になりません。
持っていることを忘れてしまうぐらいで。

ただ充電用にケーブルを別途持っていかないといけないという点があります。
しかしこのケーブルがなかなかよく考えられているんですよね。
どういうことかというと、

エネループからの充電にも、エネループの充電にも両方使える!

ってことなんです。

emb11

上の図を見てもらえれば分かりやすいかと思います。

つまりUSB>ミニUSBのケーブルでエネループの充電はできるし、ミニUSBにコネクタを装着すればスマホなども充電できるというわけです。
なるほどー!とちょっと感心しました。

ですから、ケーブルは1本持ち歩けばよいということになりますね。

性能面は?

充電池の容量自体は5000mAということで、最新のものと比較すると少々劣りますね。
それでもすごいところは1Aで充電できるため、タブレットにも対応している点です。

500mAまでのものだと、スマホはできてもタブレットの充電はできませんので。
そういう意味では守備範囲も広く、使い勝手は良好です。
iPad miniも試しにやってみましたが、ちゃんと充電できました。

ちなみにiPhone5だと2回ぐらい満充電まで行けました。
それぐらいのパワーの持ち主ということです。
これはちょっとした旅行のときなんかにも心強いですよね。

優れている製品ですが、あえて弱手を挙げるとすれば充電時間でしょうかね。

エネループの満充電までの時間は書かれている通り、ACアダプタで7時間、USBで14時間かかってしまうんです。
夜に充電してほっておけば大丈夫なんで、まぁ実際にはそれほど困ってはいませんけどね。

というわけで、なかなか買われてから日の目を見ていなかったこの製品ですが、最近はかなり利用頻度が増えてきています。
スマホの充電池でお困りの方やいざというときのためにという方は、ぜひ購入をお勧めしますよ。

ちなみに最新機種はPanasonicのQE-QL202Xになります。

こちらの方が容量が5800mAと増量していますし、充電コード一体型のアタッチメントがあるようで進化してるみたいですね。
色も白と黒があるようですし。
ただコードのアタッチメントの分、幅が70mm→90mmと少し大きくなり、重さも10gほど重くなっているようです。
またACアダプターは別売りのようなので、別途購入が必要なようです。
それでもお値段は3000円ぐらいですから、随分コスパはよさそうですね。

本日もありがとうございました。

 

日立のベーカリーレンジ ヘルシーシェフ (MRO-BK1000)のレビュー①

買い物&レビュー

ずーっと前に楽天スーパーセールで購入したベーカリーレンジ ヘルシーシェフさんですが、これまで使ってきた感じはなかなか良いです。
ということで、今回は簡単にレビューをば。

どんな機種?

まぁその名前の通り、ホームベーカリーとオーブンレンジが一緒になった機種です。
そして”ヘルシー”と名前が付くのは、最近流行りのスチームを使った蒸し焼き機能が付いているんですね。
SHARPのヘルシオがその走りですよね。

そんなわけで最近の人気のある昨日はほぼ網羅しているといってもよいかと思います。
そしてそのうえ、これ一台で

ホームベーカリーもできちゃう!!

ってところが、他の機種にはない一番のウリですよねぇ。
自分もこれ目当てで買いました。

というのも、ホームベーカリーは前から欲しいとは思っていたものの、やっぱり場所を取ってしまうんですよね。
で、どうしようかなと思っていたところ、たまたまうちのオーブンレンジがお亡くなりになってしまったため、この機会にじゃあってことでこの機種を買うことにしました。

機能などの詳細についてはHITACHIさんのページでご確認くださいね。

実際どんな感じ?

購入は前のブログで書いた通り、楽天スーパーセールのときに買いました。
型落ちとはいえコミコミで49800円だったので、かなりお得な感じだと思いませんか?
オーブンレンジにホームベーカリー機能がついてこの値段ですからねぇ。

ちなみに現時点の最新機種はMRO-MBK5000というものですが、こちらはまだまだ10万円前後するようです。
こちらの方が火力が強くて、ベーカリー機能なんかも強化されているんでちょっと惹かれましたが、まぁ今回はそこまで贅沢は言わないこととしました。
(もうちょっと値下がりしたらこちらが買いだと思います。)

届いて自分で設置したのがこちら。

BC1BC2
正面から正面拡大
BC3
斜め前から

ちょっと自分が映り込んじゃってますね(^^; 失礼失礼。
大きさはそんなに大きくなくて、奥行きもかなりとるということはありませんでした。
後もあまりでっぱりがないので、比較的設置しやすいんじゃないでしょうか?
基本的にはプリセットされた調理の種類がいろいろあるので、右のダイヤルで数字を選んで決定って感じです。
ちなみにパン焼きは左のボタンをポチっと押してスタートになります。

そしてふたを開けるとこんな感じです。

BC4

中は意外とシンプルですよね、でっぱりとかもあまりなくて。
その分掃除がしやすいということらしいですよ。

ベーカリー専用備品

そうなんです、ベーカリーレンジというぐらいですから、それ専用の備品が付いております。

BC5

こんな感じで、一つのボックスとやけどしないように厚手の手袋が付いています。

そして中を開けると…

BC6

こんな感じで、ベーカリー専用の備品が入っていました。
一番左はレンジにセットする台ですね。
そして右上にあるのがメインとなるパンこね&焼き上げ機になります。

全体の構成はこんな感じです。

では実際のパンを焼いたりについては次回ということで(^^)

本日もありがとうございました。

ワイヤレスノイズキャンセリングのイヤフォン MDR-NWBT20Nを買ってみた

買い物&レビュー

以前から気になっていたんですよねー、ノイズキャンセリングのヘッドフォン。
周囲の雑音がうるさいところでも、周りのノイズを消してくれるという優れものです。

原理としては

周囲の雑音をマイクで拾って解析し、それに対する逆位相の音波を発生させることで、騒音を打ち消して軽減させる

って仕組みです。
もともとは騒音に長時間さらされ、かつその中で情報のやり取りをしないといけない飛行機のパイロットの人達のために開発された技術らしいですよ。

そんな技術素晴らしい技術が簡単に手に入るなんてすばらしいことですね♪

早速購入です!

というわけで、最近発売されましたソニーのMDR-NWBT20Nってのを見つけて思わず買ってしまったのでレビューです。
現在はamazonさんで送料込みで7000円前後ですかね。

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-NWBT20N : Bluetooth対応 ブラック MDR-NWBT20N B

届いた商品がこちら!
NCH1.JPGNCH2.JPG

Bluetoothを利用したワイヤレスの商品で、ちゃんとイヤホンも付属してます。
そしてこのイヤホンにノイズキャンセリングのためのマイクが付いているというわけです。
ちなみに自分が購入したものはマレーシア製でした。

箱の中には、レシーバー本体とイヤホン、説明書、充電用ケーブルなどが入ってました。

NCH3.JPGNCH4.JPG
イヤホン自体はちょっと大きめですが、そんなに苦になるほどではないです。
本体に接続する端子の部分はステレオだけでなく、拾った音を送るためのマイクの入力も含め4本線が見えますね。
イヤホンの後側に見えますのが、ノイズキャンセリングの際に活躍してくれる集音用のマイクのようです。

そして本体はこんな感じです。
NCH5.JPG
真正面から

NCH7.JPG
上面

NCH6.JPG
下面

NCH8.JPG
側面

上面に電源スイッチが付いてます。
表面の右側のボタンで再生、停止。
左にあるホイルを回すと早送りと巻き戻しができます。
下面にノイズキャンセリングのon/offと音量調節スイッチがあります。
クリップもついているので、ポケットなどにはさむこともできます。

そして右側面にはUSBのマークがついていて、そこのキャップを外すとマイクロUSB端子が出てきます。
NCH9.JPG
ここから充電するわけですね。
最近はミニUSBよりもマイクロUSB対応の機器のが増えてきてますから、その点はありがたいかもです。

使用感

そして肝心の使ってみた感想ですが…

正直、結構いいかも

って感じです(^^)

これまでもソニー製のBluetoothレシーバーであるDRC-BT30というのを使用していたんですが、これと比べると

格段に音がいい

気がします。
これはイヤホン自体の性能が良くなったせいなのか、あるいは通信方式のせいなのか。
Bluetooth自体は3.0にupし、AACに対応したんで、その点もいいんでしょうかね?
自分のiPhoneとのペアリングもすごく簡単にできちゃいましたよ。

iPhoneとのBluetoothペアリングの実際の手順についてはこちらで写真や動画を交えて解説していますので、よければ参考にどうぞ。

そして気になっていたノイズキャンセイリングの方ですが、確かに街中で使ってみた感じだと音に集中できる気がしました。
イヤホン自体の密閉性も良好なので、それが貢献している面もあるかとは思いますが、以前と比べてあまり周りの音は気にならなくなりました。

実際ノイズキャンセリング機能をon/offすると、はっきり違いが分かります。

やっぱり効果あるんだなぁって。
ちなみに周囲の音が聞き取りにくくなるので、電車とか乗り過ごしてしまわないようにしないといけないかもですね(笑)

この前の機種のMDR-NWBT10Nは本体にイヤホンが直づけだったので、イヤホンの交換ができませんでしたが、こちらはそれも可能になったというのも良い点です。
ただノイズキャンセリングを使用する場合には、それ対応のイヤホンを購入しないといけないですけどね。

それからさらに優れている点は、1回の充電で9時間近く持つってことです。
これまでのは3-4時間ぐらいしか持たなかったんで、すぐ充電しなくちゃいけなかったですからね。
長時間聞いても電池を気にしなくてよいというのはいいことです。

使っていてちょっと改善してもらいたいなぁと思ったところは、

再生・停止ボタンのクリック感

ですかねぇ。

今一つ押されたのか押されてないのかが分かりにくいんです。
ボタンが平べったくて大きいので、カチッと入った感じが分からずについついポチポチ何度か押してしまいます。
まぁ再生されるかどうかで判別すればよいのかもしれませんが、不満と言えばこのあたりでしょうか。

以上、ちょっと使った感じでは結構いけてるなって印象のMDR-NWBT20Nです。
そんなにめちゃめちゃ高額な商品ではないですので、興味ある方はぜひ一度その良さを実感してみてください。
初めて使うと、きっと

おっ!!

って思うと思いますよ(^^)

本日もありがとうございました。

-2014.4.7追記-

このイヤフォンをしばらく使ってからのレビューを新たに書いてみました。
興味のある方はご参考にしてくださいね♪
こちらからどうぞ

ページの先頭へ