「ベーカリーレンジ ヘルシーシェフ」タグの記事一覧


ベーカリーレンジ MRO-BK1000のレビュー③ レーズンパン焼きリベンジ

買い物&レビュー

我が家にこの日立ベーカリーレンジ ヘルシーシェフが届いてから数か月経過しましたが、いろんな場面で活躍してくれております。
特に不具合もなくていい感じです♪

今回は前回失敗に終わってしまったレーズンパン焼きにリベンジしましたので、その経過をご報告します。

まずは材料から

今回は気合を入れて材料にも少しこだわってみました。
まず要となる小麦粉(強力粉)とレーズンですね。

bread11

小麦粉は北海道産の小麦粉”香麦”というブランドをチョイスしてみました。
噂では比較的初心者にも使いやすい小麦粉らしいです。

今後も作るだろうことを見越して、思い切って2.5kgのものを購入です。
それとともにレーズンも1kg分ドドンと買ってしまいました。

ちょうど自分が購入したときはセール中で、香麦は送料込みで1000円だったので飛びついちゃいました(^^)

そして、次に続くのはバターです。

bread12

無塩バターが必要なんですが、近くのスーパーに行ったらこれしか売ってませんでした。
カルピスさんが作ってるんですね。
しかも「えっ、こんなにするの?」ってほど、思っていた以上にお高かったです。
無塩バターはそんなもんなんですかねぇ。

そしてイースト菌はこちら。

bread13

これはパン焼き以外にも使えるタイプのもので、これもスーパーで買ってきました。
いろんな評判を見ると、”サフ”というメーカー(フランスなんですね)のドライイーストがよいようですね。
まぁ今回はそこまでこだわらずにこちらで挑戦することにしました。

肝心かなめの

そうです、前回の失敗の原因は材料を目分量で入れちゃったことがすべてです。
特に「小麦粉はちょっと多いなぁ」と思いながらも、「まあいっか♪」って入れちゃったんでね。

今回はそういうことが起きないようにこちらを準備しました!!

bread14

と大体的に紹介しましたが、普通の秤です。
奥さんからこれを使えと指令が下されましたのでね。

実際の材料の分量は、説明書に書かれているものをほぼ踏襲です。

 

①小麦粉230 g
②砂糖10 g
③はちみつ適当
④塩3 g
⑤バター11 g
⑥水160 ml
⑦ドライイースト3 g
⑧レーズン66 g

材料については以上です。
アレンジとしては、砂糖を少なめにしてはちみつを好みで入れたところですかね。

①~⑥の材料を入れたのがこちら。

bread15

小麦粉の上にバターとはちみつが見えるかと思います。
そしてこの上に、後ほど順に投入される⑦⑧をセットするための台を装着します。

bread16

右側がイースト菌で、左がレーズン山盛りです(笑)
レーズン好きなんで、指示に従わなきゃいけないのに我慢できず気持ち大目にしちゃいました。

bread17

あとはパン焼き用の台とともにレンジにセットです。
レーズン山盛りは外からでも確認できます。

bread18

ドアを閉めて”101″の”食パン-具材混ぜ”を選択してスタートボタンをぽちっと押せばあとは待つだけです。
今回は朝起きたら焼きたてが食べられるように、焼き上がり時間を予約しておきました。

そして翌朝

香ばしいパンの焼きあがった香りとともにお目覚めです。
なかなかこれもいいもんですね。

早速ドアをオープンしてみると、

bread19

おっ、今回はなんかよさげかも。
取り出してみますと

bread20

前回のときよりも明らかにしっかり膨らんでて、ちゃんとパンの感じです。
取り出してみましょう。

bread21

おー、ちゃんとおいしそうなレーズンパンになっております。

bread22 bread23

 

切ってみたところ、外はサクサク、中はふわふわと、まさに理想的なレーズンパンの完成です!!

本当はパン切り用の包丁があるといいんですけどね。
普通の包丁で切ったので、ちょっと形が崩れちゃいました。
次は以下のやつを買ってみたいものです。

 

 

そして肝心のお味の方はと言いますと、小麦粉を変えたのもあってか、香ばしさが増して以前より美味しい気がしました。
もちろんレーズンはしっとりしていて、自分にとっては理想形のものが完成したのでした。
おかげで朝から気分がよかったです(^^)

というわけで、前回は適当な分量で失敗しちゃいましたが、ちゃんと分量を守って作れば美味しいパンが焼けるよということを証明させていただきました。
オーブンレンジが欲しいけど、ホームベーカリーも一緒にって方にはこの機種は本当におススメです。

ぜひ一緒にパン焼き仲間になりましょう(笑)

本日もありがとうございました。

日立のベーカリーレンジ ヘルシーシェフ (MRO-BK1000)のレビュー②

買い物&レビュー

先日はベーカリーレンジ ヘルシーシェフさんを買ってこんな感じですってレビューを書かせてもらいました。

今回は第2弾ということで、気になるパン焼き編をつづっていこうと思います。

パン焼き機能について

これがこの機種の結構目玉機能だったりしますよね。
っていうか、自分もこれ目当てで買った感がありますから。

基本的には一般的なホームベーカリーと同じような感じで使えます。
ですので、材料をホイホイと放り込んで、あとは時間を設定すれば全部やってくれてしまうので非常に楽ちんです。
特に便利な点は

具を自動で入れてくれる!

ってとこじゃないでしょうか。
ホームベーカリーも機種によるとは思いますが、レーズンパンとかチーズ入りパンを焼こうとした場合、生地をねっている途中のタイミングを見計らって入れないといけないってのが結構多いと思うんです。
しかーし、このヘルシーシェフさんは違うんですね~。

メインの材料と別の場所にあらかじめセッティングしておくと、いいタイミングで自動で入れていってくれるんです。
それもこの機種にしようという決め手になりました。

さらに

パンが焼きあがるまでの時間が比較的短い!

これも大きい点ですよね。

食パンなどだったら120分で焼けてしまうんですから。
やっぱ火力が強いのがいいんでしょうかね?
(ちなみに最新機種のMRO-MBK5000は100分だそうですよ。うらやましぃ…。)

それからオーブンですから、当然食パン以外のバターロールなんかのパンももちろん対応してくれます。
生地だけはパン用のケースでねって作るっていう感じで。
というわけで、結構汎用性もあるし、おまけとは言えない機能性を持っておるわけです。

ではパン焼きにチャレンジ

今回は希望の具材入りのレーズンパンを作ってみました。
材料は小麦粉、塩、無塩バター、砂糖、水 etc.と基本的に説明書通りに入れてみました。
ただ今回は秤が見当たらなかったので、目分量でやっちゃいました(^^;;;
まぁ実はこれが原因であとあと痛いことになってしまうんですけどね。

bread1

こちらがメインの材料を投入した絵です。
なんにもかきまぜずでOKです。

bread2

そして、この上にかぶせるのがあとから投入したい具材を入れる上蓋と言いましょうか、マシーン君です。
左側にはレーズン、右側にはドライイーストが鎮座しております。

そしてこれをオーブンにセットします。

bread3

あとは仕上がり予定時間を設定して、スタートボタンを押すだけと。
とーっても簡単でしょ?

完成でーす

香ばしいにおいとともに、2時間ほどで完成したのがこちらです!

bread4

ん?なんかイメージと違うなぁ。
(実は今回の前に試しに作った時は、とってもふっくらで美味しいのが焼けていたんです)

取り出して切ってみました。

bread5

まぁちゃんと焼けてはいるんだけど、なんかもうちょっとふっくらしてくれるイメージだったんですがねぇ。
しかもレーズンも大分ずたずたにされている感じで…。

結局は小麦の分量が多かったのが原因と思われるんですけどね。
目分量で、「ちょっとぐらい多くても大丈夫♪」って入れすぎてしまったのが反省点です。

おかげでパン自体はちょっとずっしりした感じで、もちもちはしているもののふっくら感はちょっと弱かったです。
でもお味の方は焼きたてということもありまずまずだったので、そこそこ満足でした。
一応妻からも「まぁこれならねぇ」って言ってもらえたので、良しとしましょう。

本当はきれいに焼けて美味しいレーズンパンの写真を載せたかったんですけどねー。
なんだかマイナスな記事になってしまってごめんなさい、日立さん。

また美味しく焼けたら改めて載せよっかなぁ。

とにかくまだ機能的には使いきれていないですけど、なかなか優れたレンジですので買って損はしないと思いますよ。
興味のある方は、ぜひ一緒にパン焼き仲間になってくださいね。

本日もありがとうございました。

2013年12月25日 追記

今回失敗に終わりましたレーズンパン焼きですが、リベンジしました。
その模様はこちらからどうぞ。

日立のベーカリーレンジ ヘルシーシェフ (MRO-BK1000)のレビュー①

買い物&レビュー

ずーっと前に楽天スーパーセールで購入したベーカリーレンジ ヘルシーシェフさんですが、これまで使ってきた感じはなかなか良いです。
ということで、今回は簡単にレビューをば。

どんな機種?

まぁその名前の通り、ホームベーカリーとオーブンレンジが一緒になった機種です。
そして”ヘルシー”と名前が付くのは、最近流行りのスチームを使った蒸し焼き機能が付いているんですね。
SHARPのヘルシオがその走りですよね。

そんなわけで最近の人気のある昨日はほぼ網羅しているといってもよいかと思います。
そしてそのうえ、これ一台で

ホームベーカリーもできちゃう!!

ってところが、他の機種にはない一番のウリですよねぇ。
自分もこれ目当てで買いました。

というのも、ホームベーカリーは前から欲しいとは思っていたものの、やっぱり場所を取ってしまうんですよね。
で、どうしようかなと思っていたところ、たまたまうちのオーブンレンジがお亡くなりになってしまったため、この機会にじゃあってことでこの機種を買うことにしました。

機能などの詳細についてはHITACHIさんのページでご確認くださいね。

実際どんな感じ?

購入は前のブログで書いた通り、楽天スーパーセールのときに買いました。
型落ちとはいえコミコミで49800円だったので、かなりお得な感じだと思いませんか?
オーブンレンジにホームベーカリー機能がついてこの値段ですからねぇ。

ちなみに現時点の最新機種はMRO-MBK5000というものですが、こちらはまだまだ10万円前後するようです。
こちらの方が火力が強くて、ベーカリー機能なんかも強化されているんでちょっと惹かれましたが、まぁ今回はそこまで贅沢は言わないこととしました。
(もうちょっと値下がりしたらこちらが買いだと思います。)

届いて自分で設置したのがこちら。

BC1BC2
正面から正面拡大
BC3
斜め前から

ちょっと自分が映り込んじゃってますね(^^; 失礼失礼。
大きさはそんなに大きくなくて、奥行きもかなりとるということはありませんでした。
後もあまりでっぱりがないので、比較的設置しやすいんじゃないでしょうか?
基本的にはプリセットされた調理の種類がいろいろあるので、右のダイヤルで数字を選んで決定って感じです。
ちなみにパン焼きは左のボタンをポチっと押してスタートになります。

そしてふたを開けるとこんな感じです。

BC4

中は意外とシンプルですよね、でっぱりとかもあまりなくて。
その分掃除がしやすいということらしいですよ。

ベーカリー専用備品

そうなんです、ベーカリーレンジというぐらいですから、それ専用の備品が付いております。

BC5

こんな感じで、一つのボックスとやけどしないように厚手の手袋が付いています。

そして中を開けると…

BC6

こんな感じで、ベーカリー専用の備品が入っていました。
一番左はレンジにセットする台ですね。
そして右上にあるのがメインとなるパンこね&焼き上げ機になります。

全体の構成はこんな感じです。

では実際のパンを焼いたりについては次回ということで(^^)

本日もありがとうございました。

楽天スーパーセール

買い物&レビュー

楽天スーパーセール、ただいま絶賛開催中ですね。

だいたい3か月に1度ぐらいの頻度で開催されてるんでしょうか?
これに合わせて買い物をしている方も結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。
かく言う自分もその中の一人ですが(^^;

とりあえず、楽天のカードを持っていて、何か買う予定がある人はぜひチェックはした方がよいかと思いますよ。
時々掘り出し物もありますしね。
あとタイムセールはすごくお得なものもありますが、数が多いのもでないと大体買えない気がします。
(自分も何度かトライしたけど、ほぼ全滅です(> <))ちなみに今回は、前々から気になっていた日立のベーカリーレンジ ヘルシーシェフ MRO-BK1000ってのが型落ちになって安くなっていたので、思い切って買ってしまいました!!
パン焼き器のも一緒についてるってやつです。
この値段でレンジとオーブンが使えて、ホームベーカリー機能がついてるってすごくないですか?
もともとは12万円ぐらいしてたようですが、随分と安くなったものです。
価格.comでの評判も良かったので、ちょっと楽しみにしています。
また商品が届き次第、どんな感じかレビューしてみたいと思います。

残りあと数個あるみたいなので、興味のある方はぜひどうぞ。

あと、リアルタイムランキングで気になったみかんも一緒に買ってしまいました(^^;

こちらもおいしければレビューするかも(^^)

というわけで、9/4まで開催されるようなので、お暇な方や何か買いたいと思っている方は見てみてくださいね。
本日もありがとうございました。

ページの先頭へ