「ヒンデンブルグ・オーメン」タグの記事一覧(2 / 6ページ目)


日経はどこまで上昇するのか? 4月3週目はどうなる?

金融

先週の日経平均株価はとうとう20,000円を付けてきました。
予想以上に強いですね。
アメリカの方がモタモタしているのにも関わらずですからね。

では先週1週間の動きを振り返ってまいりましょう。

とにかく強い日経平均株価からです

先週はそろそろ危ないかもって予測していたんですが、予想を覆えして強かったですね。
月曜日こそほぼ先週と同じぐらいの値段で推移していましたが、火曜日は窓を空けて上昇。
その勢いは水、木と続き、金曜日にはとうとう20,000円の大台へ突入。
さすがに金曜日は陰線となってしまいましたが、週足では大陽線となりました。

金曜日の日経平均株価の終値は

19,907.63円 (前日比 -30.09円)

となっています。
20,000円はキープできませんでしたが、まだ射程圏内に捉えています。

チャートの方はこちらです。

chart2-1火曜日に上の抵抗を突き抜けてそのまま上に行ったという感じですね。
これで4段上げに入ったってことでしょうかね。
さてここから一体どこまで上昇していくのでしょうか?
そしてこの先5段上げまであるんでしょうか?

アメリカの3指標です

続いていつものようにアメリカの3指標を見ていきましょう。
まずはNYダウからです。

chart2-2先週は月曜日から上昇となり、結局下に抜けることはなく復活の1週間となりました。
とは言え、ちょうど抵抗付近に来ています。
ここから下に打ち返されるのでしょうか。
しかしもし日経同様に上に抜けて行くことがあれば、最高値を目指していく可能性もあるかもしれません。

続いてS&P500です。

chart2-3S&P500は相変わらずNYダウに近いチャート形状ですよね。
こちらもそろそろ抵抗にぶち当たるところまで上昇となっていますので、ここからどうなるかですね。

最後にナスダックです。

chart2-4

NASDAQも前2者同様に上昇の1週間となりました。
こちらは前回の山が他と比べて一番高かっただけに、もしかしたら最高値付近を目指すのかもしれません。
あとは他の指標との兼ね合いでしょうかね。

いつものゴールドです

先週は株価が上げたこともあってか、上昇はお休みとなっていました。
チャートはこちらです。

chart2-5月曜日を高値に下落が続きましたが、金曜日には上昇し1,200ドル台をキープしております。
チャート上は依然として上昇基調を保っています。
あとはここから再度高値を目指せるかどうか。
やはり株価がどうなるかの影響は強く受けそうな感じですね。

今週の日経はいかに

週明けからの日経平均株価ですが、20,000円台を固めていけるかがポイントとなりそうですね。

ちなみにドル円の動きはというと

chart2-6こちらも株価に合わせるように少し上昇してきています。
金曜日は下落して120円前半となっていますが、再び121円台ま到達できるかが鍵となるでしょうか。

金曜日はNYダウが100ドル近く上げたこともあり、CME日経225先物の終値は

20,075円 (ドル建て)

となっています。

というわけで、週明けから20,000円台から始まるかもしれませんね。
このまま20,000円をすっと抜けて、さらに上昇を続けていくんでしょうか?

最後に重要なサインのお知らせ

しかししかし、ちょっと気になる情報が。
何かと言いますと、また知らない間に出ていたんですね、あのサインが。

そう、いつもこのブログで話題にしているあれです。

ヒンデンブルグオーメン

ですよ。

どうも海外のサイトなんかを見ると

3月13日の金曜日に点灯

していたようですね。

日にち自体も、まったくもって不吉な日ですし。
なのにぜーんぜん気付いておりませんでした(^^;;;
だからアメリカの方が上げきれずにいるのかもしませんね。

ヒンデンブルグオーメンって何?って方は、昨年のヒンデンブルグオーメン出現の時に書いた記事をご参考に。

前回は結局大きなことは起こりませんでした。
だから今回もたいしたことは起きないのかもしれません。

ちなみに有効期間は30営業日ってことなんで、もうしばらくその効果には注意が必要ってことですね。

個人的には、ヒンデンブルグオーメンに関係なく、4月から5月ぐらいにかけてなんとなく危ない気がしています。
まぁ気のせいですんでくれれば問題ないんですけどね。

ま、世の中は株高で浮かれているようですが、ヒンデンブルグオーメンも信じてちょっとずつプットでも買っていこうかなって思ってます(^^)

本日もありがとうございました。

さーて年末の相場はいかに?

金融

とうとう今年も残すところ1週間となりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

前回は原油安やルーブル安の影響で、相場が荒れているということを書きました。

しかしその後株価は下落するどころか、逆にぐんぐん上昇してきました。
そして一時的な下落のところから1000円以上の上昇となっています。

週末はチャートで振り返りができなかったので、今週始まった分を含めて振り返っていくことといたしましょう。

先週からの日経平均株価です

ということで、先週からの日経平均株価のチャートです。

chart7-1よく5日間でここまで上げたなぁという印象です。
先週半ばにはチャートが一時崩れかけましたが、ほぼ高値付近まで戻してきています。

祝日明けの本日も

17,854.23円 (前日比 +219.09円)

と上昇して終了しています。

チャートを見るとジェットコースターのような相場ですよね。
下落したところからある程度戻すとは予想していましたが、ここまで来るとは恐れ入りました。

ここまでの戻りで窓を大きく3つ開けて上昇していますが、ここから前回の高値を越えて行けられるかどうかが勝負ですね。
下手をすると2番天井となってしまう可能性もあるわけで。

アメリカのチャートです

いつものようにアメリカのチャートも見ていきましょう。
こちらも下落したところから随分戻してきています。

そして実は昨日

NYダウは最高値を更新

して終了しているんですよね。
とうとう18,000ドル台に乗せてきましたよ。
どれだけ強いんだという印象です。

ではNYダウのチャートから行きましょう。

chart7-2ちょっと上髭が長めですが、抵抗を上に越えてきましたね。
こちらも5日間で下落分を完全に戻してきて、さらに上に行ってしまっています。
これだけ見ると強いですよねぇ。

続いてS&P500です。

chart7-3こちらも昨日最高値を更新しています。
ただNYダウと違うところは、陰線で終わっているということですね。
ここからさらに上を目指していくのでしょうか?

最後にNASDAQです。

chart7-4今まで相場をけん引してきたナスダックですが、意外にもこちらは最高値を更新していないんですよね。
昨日も始値は戻り高値となっていますが、結局陰線となって前日比マイナスで終了しています。

NASDAQも強いとなると、アメリカはまだ上を目指すのか?となりますが、ちょっとここが微妙なところです。
しかし今後ナスダックも高値を更新してくるようなことがあれば、アメリカはまだまだ上を目指すという展開になりそうな気がします。

ゴールドは

いつも注目しています金の価格の方ですが、こちらは一時の勢いはちょっとそがれている感じです。
チャートはこちらです。

chart7-5

 

1240ドル付近まで上昇していたのが、現在はそこから60ドルほど下げています。
こちらも値動きの激しい日々が続いています。
ただまだチャートは完全には崩れていません。
ちょうど下値抵抗付近ですので、ここからまた上に行けるかどうかです。
ただ下に抜けてしまうようだと、少々危ないかもしれませんね。

年末の相場の行方は?

ここまでは大きな下落から一気に復活してきた株式相場ですが、ここからが勝負どころかと個人的には考えています。

NYダウとS&P500は確かに最高値を更新してきました。
あとはナスダックが上に抜けれるか、そして日経も上に抜けて行くことができるかですね。

下手をすると先ほども少し書いたように

2番天井で終わってしまう

かもしれませんので。

チャート的にはなんとなく危なっかしい気もするのですが…。

ちなみに日経の株価にも影響してくると思われるドル円のチャートなんですが

chart7-6こちらもこの通り下落から戻してはきたものの、まだ高値更新はできていません。
今後は同時に高値を更新してくるのか、はたまた下落していってしまうのか。
このあたり要注目となりそうです。

本日第3次安倍内閣も発表して、首相としては株価をさらに上げていきたいところなんでしょう。
しかしアベノミクスの思い通りに行ってくれるかどうかですね。
とりあえず選挙も終わってしまったので、その力を維持する必要もないかもしれませんし。

雰囲気的には、去年のように年末までは参加者も減るので、株価の高値追いが続くかもなぁって気はします。
しかし問題はその先になりそうかなって思っています。

現在は小康状態となっていますが

原油安問題、ルーブル安問題

がまたぶり返して来そうな気がしますので…。

さらに先日書いていたとおりヒンデンブルグオーメンもまだまだ有効ですからね。

もしこの先上げることができなかった場合は、

基本的に下落してくるようなら売り

って考えではいます。

とりあえずは年末相場、注目して見ていくことといたしましょう。

本日もありがとうございました。

原油価格、ルーブル暴落が世界に波及する可能性も

金融

日本では選挙戦が終わって落ち着いたところかもしれませんが、世界ではいろんなことが起き始めていますね。

まずはちょっと前から注目していました原油の価格です。
こちらは60ドルを切った以後もさらに下落を続けています。
本日時点で

1バレル54ドル台

まで低下してきています。

日足チャートはこちらです。

chart6-1

なかなかの下げっぷりですよね。
全く底が見えてこないような状況です。

ちょっと前までは1バレル100ドル前後でしたから、ほぼ半値ぐらいまで下落したことになりますよね。

ちなみに

月足はというと

chart6-2このように大きく下落しているのがお分かりいただけるかと思います。
一番ピークからの下落にあたるのが、ちょうどリーマンショックの時ですね。
まだそこまで激しくは下落していないですが、50ドルぐらいまでは行きそうな予感です。
それを切るようだと30ドル台が見えてくる可能性もあります。

原油安の影響を受けて?

その影響でと言われていますが、ロシアが大変なことになっています。
何かというと

ロシアのルーブルが暴落

しているのです。

少し前からかなり下落していると言われていましたが、ここ数日勢いを増して下落しています。

こちらもチャートをお出ししましょう。

chart6-3

これはドル/ルーブルのチャートです。
要するに1ドルが何ルーブルになるかということですね。

ちょっと前までは40ルーブル台だったのが、昨日には最高で80ルーブルまで上昇しました。

ちなみに月足チャートも出しますと

chart6-4

今まで1ドル30-40ルーブルで安定していたのがこんなですからね。
FXやってたら軽く即死できますよね(^^;

このチャートの通りで、ここ3か月ぐらいで

ルーブルの価値がほぼ1/2になってしまった

んですよ。

その後少し戻しはしましたが、まだルーブル安は進んでいる状況です。
現在も1ドル65ルーブル前後で推移しています。

ちょっと落ち着いた理由としては、ロシアの中央銀行が政策金利を上げたからと言われています。
しかしその金利というのがまた聞いて驚きました。
なんと

17%

だそうですよ。

しかも

昨日まで10.5%だったのを、一気に6.5%も引き上げた

そうです。
これには驚きましたねぇ。
突然1.5倍以上に利上げですから。

もともと金利が10%ってのもすごいですが、それでも通貨の下落を避けれなかったってことですよね。

ロシアは結構な産油国ですので、原油の価格下落がルーブル安につながっていると報道されたりしています。

ロシアが何を考えているのかが怖いです

ニュースなんかを見ていると、ロシアが危機になっているなどと報道されています。
西側の経済制裁の影響や原油暴落が原因と言われていますが、果たしてどうなんでしょうか?

通常だったらこれだけ通貨が暴落したらある意味パニックの状態になってもおかしくないんですが、プーチンはあまり焦っている様子を見せてないんですよ。
それにロシア国内で暴動が起こってもおかしくないレベルですが、それも特に起きてないようなんですよねぇ。

ニュースはすべて西側視線で書かれたものばかりなので、ロシアが置かれている状況が本当にどうなのかは謎なんです。
プーチンもこうなることはある程度予測できていたでしょうし、もしやばいということなら前もって対策を打ちそうなもんですからね。
何か大きなことをたくらんでいるのではと勘ぐってしまいます。

putin

ロシアはもともとルーブル安に誘導していたはずですし、もしかしたらプーチンの望み通りの展開になっているのかもしれません。
今後このロシアのルーブル暴落をきっかけに、世界経済においてリーマンショック並みの大きなイベントが起きてくる可能性もあります。

もしかしたら

世界全体の経済崩壊を起こそうと画策している

のかもしれませんよ。

実際そんなことが起きてもおかしくない状況な気はしますしね。
ロシアから世界中に飛び火することも十分にあるわけで。

それこそ現在

ヒンデンブルグオーメンは点灯中

ですし、まだまだ予断は許せないと思われます。

今日の日経は多少戻しましたが、まだ下落が止まったかどうかは分かりませんね。
警戒はしておいた方がよいかもしれません。

そういえば明日早朝の4時から

FOMCの結果発表およびイエレン議長の会見

がありますしね。
それをきっかけにしても何か大きな変化が起こるかもしれません。

まぁ大きな動きに対処できるように注意して見ていくことといたしましょう。

本日もありがとうございました。

選挙結果にもかかわらず日経は下落しました

金融

昨日は衆議院議員選挙がありました。

結果の方はと言いますと、多くで予想されていたほど自民圧勝とはなりませんでした。
そうやって世論を誘導していた面も実はあったんでしょうかね?

実際の選挙結果の方はこちらです。

 政党名獲得議席数増減
自民291-2
公明35 +4
 民主 73+11
 維新41 -1
共産21 +13
 次世代 2 -17
 生活 2 -3
 社民 2 ±0
 改革 0 ±0
 諸派0 ±0
 無所属 8 -9
 合計475 

新聞によっては「与党圧勝」なんて書いてあるものもありますが、実際は前回と比べて与党は合計で2議席しか増えていないです。

自民党に至っては、実は2議席減

なんですよね。

一応自公で議席の2/3を確保し、議席数も減ってはいませんが、民主や共産が予想以上に増えているというのが実際です。
結局は次世代の党と無所属が大きく減り、その分を野党の中で分け合ったというのが本当のところだと思います。

こんな結果では選挙をした意味があったのかよく分からないというのが正直なところです。

しかも

最終投票率は52.66%と戦後最低

だったそうですし。

一体なんだったんでしょうかね。

選挙結果を受けての日経平均株価は

与党の勝利を受けて株価が上昇するかと思いきや、実際はそうはなりませんでしたね。

本日の日経平均株価の終値は

17,099.40円 (前日比 -272.18円)

となっています。

これは選挙結果だけではなく、金曜日のアメリカの影響もあったと思われます。

今日一日の5分足チャートは

chart5-1こんな感じでした。
朝方安く始まり、一時は17,200円台まで上昇しましたが、最終的には売り込まれて終了となっています。

安倍政権が安定したことでアベノミクス継続で株価が上がるかと思われましたが、実際はそうはいきませんでしたね。
もうちょっと上がってくれると思っていたので、少々残念な結果でした。
これではプットも仕込めません(^^;

今後はどうでしょうかね

アベノミクスで株高を謳っている安倍政権としては、このままズルズルと株価が下がっていくことは避けたいところでしょう。
もしかしたらまた何か対策を出してくるのかもしれません。

ただし昨日も触れていたように

ヒンデンブルグオーメンがどこまで影響するか?

ってのも、今後の株価の動きを占う意味で重要となってくるかもしれません。
特にアメリカの株価にはすでに影響を及ぼしつつありますからね。
チャートを見てみても、この先さらに大幅下落ってことも無きにしも非ず。

個人的にはもう少し高いところがあって欲しいんですけどねー。

このままどんどん下落していってしまうのかどうなのか。
今後を注視していく必要がありそうです。

本日もありがとうございました。

2014年3度目のヒンデンブルグオーメン点灯と日経平均の行方は?

金融

今日は昨日も書いたように衆議院議員選挙の日ですね。
本日投開票とのことで、明日の朝までには結果は出ていることかと思われます。

事前の予想では自民党が大勝利とのことですが、果たしてどうなるのでしょうか?

 

日経平均株価については先週頭までは上昇を続けていましたが、その後予想外に下落。

PKOでも支えきれなかった

ってことなんでしょうかね。
まぁメジャーSQもあるので、波乱が起こる可能性もあったのですが、思っていた以上に下落して終わったのでした。

ということで、チャートを見ながらまずは先週1週間を振り返ってみましょう。

日経平均株価は

先週月曜日には18,000円をつけて始まりましたが、結局終わってみれば随分下落して1週間が終了となりました。

チャートはこちらです。

chart4-1

月曜日が高値となって、随分と下落しました。
特に水曜日には窓を空けて下落し、木曜日には一時17,000円付近まで安くなったのでした。
そこからは盛り返しましたが、金曜日も終わり間際には売り込まれて、長めの上髭をつけて終了となっています。

12月12日金曜日の日経平均株価の終値は

17,371.58円 (前日比 +114.18円)

となっています。

一応陽線では終わっていますが、少々心もとない結果ですね。

ちょうど17,300円前後には抵抗がありますが、ここで持ちこたえられるかどうかが勝負でしょうかね。
ここから下落していくと

以前の高値の16,400円前後

を目指すことになるかもしれません。

アメリカはどうかというと

日経平均が下がったのは、アメリカの株価下落も影響していたものと思われます。
ということで、いつものようにアメリカの3指標を見ていくことといたしましょう。

まずはNYダウからです。

chart4-2なかなかの下げっぷりですよね。
火曜日に長めの下髭を付けたので盛り返すかと思ったのですが、そこからさらに下落していきました。
金曜日も大きく下落しています。

こちもこの辺りで止まることができるかが重要でしょうね。
切って行ってしまうと、前回安値ぐらいまで節がありませんからね。

続いてS&P500です。

chart4-3こちらもNYダウとよく似たチャートになっていますよね。
金曜日も同様に大きく下げており、この辺りで持ちこたえられるかがポイントとなりそうです。

最後にナスダックです。

chart4-4

他の2つと比べると下落はそれ程ではないかもしれませんが、2日続けて長めの上髭をつけています。
もうちょっと下あたりに抵抗はありそうですが、こちらもそこで耐えきれるかどうかがポイントとなりそうです。

実はヒンデンブルグオーメンが出現していたのでした

ちょっと前からまた出るんじゃないかと思っていたのですが、実はもうすでに出ていたんですね。
そうです

今年3度目のヒンデンブルグオーメン

が。

自分も見落としていたんですが、実は

12月2日にはサインが点灯

していたようなんです。
それが出たということもあって、アメリカは大きく下落しているのかもしれませんね。

ヒンデンブルグオーメンって何?って方には、以前ヒンデンブルグオーメンについて解説したところを読んでいただければと思います。

ちなみに

前回は5%以上下落

しましたが、クラッシュにはなりませんでしたからね。
(ちょうどチャートで10月に大きく下落したところがそうですね)

今回は果たしてどのような結果が待っているのか???

ちなみに年明けぐらいまでこのサインは有効ですから、それまでに大きなことが起こる可能性はあるかもです。

いつものゴールドはというと

株価は大きく動いていましたが、ゴールドについては実はそれほど激しくは動いていなかったのでした。
チャートはこちらです。

chart4-5

火曜日に大きく上げて、これまでのところ上昇基調は続いています。
このままいけば前回高値ぐらいまでは期待できるかもしれません。

あとは株価がどう動くかですね。
いつも言っているように、株価とゴールドは多くは逆相関関係になりますからね。

こちらはまだまだ要注目であります。

週明けからの日経平均株価は?

ということで、肝心の週明けからの日経平均株価ですね。
こちらについては、本日の衆議院議員選挙の結果も大きく影響することと思われます。

普通に考えれば

自民党大勝となれば、アベノミクス継続で株高が続く

となりそうではありますが、どうなるでしょうか。

ちなみに株価にも大きく影響を及ぼすドル円の方はと言いますと

chart4-6

このように先週は株価同様に大きく売り込まれました。
しかしこちらはまだ崩れた様子はありません。
少し円高傾向にはなりましたが、この先どうなるかですね。

そしてもう一つ気になる指標が。
それは以前も少し触れた

原油の価格

です。

実はこれがその後も大きく崩れているんですよね。
チャートはこちらです。

chart4-7日足チャートですが、すごい勢いで崩れてきていますよね。
とうとう60ドルを割ってきました。

ちなみに月足チャートも出しますと

chart4-8ムムムッ

って感じでしょ。

この分だと50ドル前後までの下落はありそうです。
場合によっては、リーマンショックの時のように30ドル台まで下落することもあるかもです。

ということで、選挙結果によっては目先一時的に株高になるかもしれませんが、全体的にみると非常に危ない気がします。
場合によっては

リーマンショックの再来!!

ってことがあり得るかもです。

ヒンデンブルグオーメンの出現、原油の大きな下落と、リーマンショックの時と類似した状況になっていますので、この先少々注意は必要かと思われます。

個人的には、高いところがあればまたプットでも仕込んでみよっかなぁって考え中です(^^)

本日もありがとうございました。

ページの先頭へ