「ヒンデンブルグ・オーメン」タグの記事一覧


[速報]ギリシャ国民投票は、まさかの反対派勝利となりそうです

金融

ここ連日話題となっているギリシャ問題ですが、本当に蓋を開けてみてびっくりの結果となりそうです。
気になって早朝から目が覚めてしまいました(^^;;;

昨日お伝えした通り、市場の動きなどからは賛成派有利と考えられていましたが、日本時間5時20分現在

開票率80%で反対派が優勢

となっています。
しかも

現時点で反対への投票が62%

だそうですよ。

この結果はまさに驚きですね。
世論調査は何だったのかと。

greece2-1

これは開票率60%時点でのものです。
最新情報はBBCの以下のサイトでご確認下さい。

Greek Referendum:live updates (BBC)

再びギリシャショックが!?

先週の金融市場は、賛成派勝利でおさまるとみて、為替相場も株式市場も火曜日以後は比較的穏やかな動きとなっていました。
しかしこれで反対派が勝利したとなると

週明け早々大荒れ

となる可能性が出てきました。

やはりみんなが揃って安心しているときというのは、何が起こるか分かりませんねぇ。
しかもギリシャ人の考えることを予想するのは非常に難しい(^^;
やってくれるなぁという感じです。

この結果を踏まえて、ギリシャはすぐにユーロ圏離脱となることはないかもしれませんが、今後どうなるか分かりませんよねぇ。

EUの方は、早速火曜日にユーロ圏首脳会議を緊急で開くことになりました。

そしてECBは月曜日に、現在ギリシャの銀行に対して行っている緊急流動性支援(ELA)の額をどうするかを協議するそうです。
ユーロ離脱の可能性があるのなら、もうこれ以上の支援はしないということにもなることでしょうし。

そうなるといよいよギリシャの銀行では

預金封鎖

という事態が生じるかもしれません。

ギリシャ国民もそこまで理解して投票しているかは微妙なところですが…。

市場がオープンしてから果たしてどうなるでしょうか?

まだ世界的に市場はオープンしていないので、どのようなことが起きるかは未知数です。
しかしもう数時間で為替市場もオープンとなります。
そして東京市場がメジャーな市場の中で最も早く開くことになりますが、この結果に対して一体どんな反応を示すのでしょうか?

そしてこれも昨日書いていましたが

中国上海市場の暴落は続くのか?

というのも気になるところです。

やはり

ヒンデンブルグオーメンが出ているときは危ない!!

ということなんでしょうかね。

先月の11日に出現してからというもの、このサインは現在も有効ですから。

あと数時間後に一体何が起きるのか、ギリシャ国民投票の結果に対してどのような対策が取られるのか、その辺りを引き続き注視していきたいと思います。

本日もありがとうございました。

6月最終週の日経平均株価はどうなる?

金融

先週はギリシャ問題が重荷となっていましたが、結局解決されることなく週末を迎えてしまいました。
株価の方は織り込み済み or 今回も何事もなく解決されるんだろうという安心感からか、あまり大きな動きはありませんでした。
実はみんなが楽観的な時が本当は一番怖いんですけどねぇ。

というわけで、先週一週間の動きを振り返ってまいりましょう。

日経平均株価からです

いつものように日経から見ていきましょう。

先週の時点では、安値付近まで来ているので少し危ないかもと思われました。
しかし前々回の記事で触れたように

ギリシャ問題なんてどこ吹く風

で月曜日から大きく上昇となりました。
そして火曜日にはこれまでの上値抵抗も、あっさりと抜き去っていったのでした。
これにはちょっと驚きましたが。

水曜日は一時21,000円に迫るような動きが見られましたが、結局そこを高値として少々下落。
それでも1週間で500円以上の上昇となりました。

6月26日の日経平均株価の終値は

20,706.15円 (前日比-65.25円)

となっています。

チャートの方はこちらです。

chart6-1よく1週間でここまで上げたなぁという感じですよね。
ここしばらく下落気味だったところを一気に上抜いていきました。
火曜日も大きく窓を空けての上昇でしたからね。
何か特別な出来事があったわけでもないのにこの上昇、どういうことなんでしょうかね?
チャートだけ見るとまだ上昇が続くかもしれないと思わされますが、果たしてどうなるでしょう。

アメリカの指標です

続いてはいつものようにアメリカの3指標を見ていきましょう。
こちらは日本のように上昇を続けたかと言えば、実はそうでもないんですよね。
週足では陰線となっています。

ではNYダウから見ていきましょう。

chart6-2こちらも月、火は勢いがありましたが、水曜以降は下落となりました。
結局は前回高値に迫ることもできずに終わっています。
金曜日は少し戻しているものの、上下の抵抗線の中での推移がしばらく続いている状況ですね。

続いてS&P500です。

chart6-3こちらも先週時点では、もしかしたら上値を越えていくかもと思われましたが、越えられずに終了しています。
NYダウよりは強いチャートではありますが、まだ方向感が定まらないような動きですね。

最後にナスダックです。

chart6-4NASDAQは一時前回高値を越えるぐらいのところまで行きました。
しかし水曜日以後は下落が続きました。
3つのチャートの中では一番勢いがありますが、日経のように高値を大きく超えてくることはできませんでした。
こちらもレンジ内の動きがまだ続くんでしょうか?

ゴールドはまた戻っちゃいました

いつも注目しているゴールドですが、先々週は上昇していましたが、先週はまた下落となりました。
結局は行って来いみたいな感じとなっています。
チャートはこちらです。chart6-5

せっかく1,200ドルぐらいまで復活し、上値を追うかと思われましたが、そうは甘くありませんでした。
底値付近に逆戻りとなっています。

しかし最近は株価との連動もはっきりしませんし、この先どうなっちゃうんでしょうかね?

6月最後&7月にかけての相場はどうなる?

先週末はギリシャ問題が不透明な状況だったにもかかわらず、あまり大きな下落とはなりませんでした。
CME日経225先物の終値は

20,875円 (ドル建て)

となっています。

先週末の日経平均株価の終値と比べて、むしろ200円弱高い値段ですからね。

株価にも影響を及ぼすドル円のチャートはと言いますと

chart6-6

一時よりは少し回復はしてきていますが、それでも高値奪還の動きとはなっていません。
まだ方向性ははっきりしないといった感じです。

 

と、先週末まではいつも通り落ち着いていました。
しかし週明けからは何が起こるか分からない状況になりつつあります。
何かといえば、こちらでも何度か話題にしていました

ギリシャ問題

です。

昨日開かれたユーロ圏財務相の会合では、ギリシャは金融支援の延長を拒否しました。
それにより、6月30日に期限を迎えるIMFへの債務返済は困難となりそうです。

ギリシャ債務不履行に現実味、支援延長拒否 (2015.6.28 ロイター)

昨日の記事でも書きましたが

IMFへの債務返済が遅れても、すぐにはデフォルトにはならない

ようです。

ただし、クレジットデフォルトスワップ(CDS)の支払いが生じるかどうかは

国際スワップデリバティブ協会 (ISDA)が判断する

ことになります。
ここがデフォルトだと判断すれば、CDSの売り手は大変なことになる可能性があります。

CDSの売り手としてドイツ銀行が関与しているとの話もあり、ギリシャがデフォルトしてしまうと、実はドイツが一番ヤバいのかもしれません。
最近のCDSの売り買いの詳細はよく分かりませんが、ドイツ発での金融恐慌ってこともありうる話かもしれません。

それから週明けから問題となりそうなのが

ギリシャ国内での銀行への取り付け騒ぎ

ですね。

これまでは欧州中央銀行(ECB)が、預金流出に対して緊急流動性支援(ELA)の枠を拡大して対応していました。
しかし支援要請を拒否したとなると、ECBもこれ以上ELA枠を拡大しなくなり、ELA枠自体の停止に動く可能性もあります。
そうなるとギリシャの銀行自体が危機に陥いるため、預金の引き出し制限などの資本規制が実施されるかもしれません。

破綻の瀬戸際に立たされたギリシャの銀行 (JB Press 2015.6.28)

今後果たしてどんな影響が出てくるのか、まったく想像もつかない状態です。
ギリシャのパニックが世界中に影響することもありうるんでしょうか。

ついでに日本、アメリカは比較的先週落ち着いていたんですが、お隣中国では大変なことになっていたのをご存じだったでしょうか?
そうなんです、株価が大きく変動していたんですよ。
チャートを出しますと

chart6-7これは上海総合指数なんですが、すごい勢いで下落しているでしょ?
金曜日も

7.38%の下落

となっています。
1週間で13%以上の下落ですからね。

これはギリシャ問題を先取りした動きなのか何なのか?

中国の影響も今後世界に波及する可能性もあるかもしれませんし、なんだかちょっと不気味です。

というわけで、週明けから一体どんな動きとなるのか、正直全く分かりませんが、用心するに越したことはないかと思います。

先日お伝えしている通り

ヒンデンブルグオーメンも発令中

ですしね。

ここ最近はスカが多かったヒンデンブルグオーメンですが、今回は本領発揮となりますかどうか。

24%の確率で株式市場が重大なクラッシュに至る

と言われていますが、いよいよそれが現実となるのかどうか。

ここからは特に注目していこうと思います。

本日もありがとうございました。

6月4週目の日経平均株価は?

金融

先週の日経平均株価ですが、一時は比較的大きな下げに見舞われたのでした。
と言いましても、まだまだ全体で見るとたいした下げには至ってはいませんけどね。

というわけで、いつものように先週1週間の動きをチャートとともに振り返ってまいりましょう。

日経平均株価です

まずは日経平均株価からです。

先週の月曜日は安く始まりましたが、そこから切り返して上昇。
もしかしたら先々週の金曜日の高値を越えていくか?とも思われましたが、結局火・水・木と3日連続の陰線を形成。
木曜日はとうとう20,000円を切って終了となりました。
金曜日はさすがに上昇し、20,000円はなんとかキープして1週間を終えています。

先週末の日経平均株価の終値は

20,174.24円 (前日比 +183.42円)

となっています。

チャートの方はこちらです。

chart4-1先々週の金曜日までは上昇していましたが、結局行ってこいのような形になってしまいました。
特に木曜日は20,000円を切って、直近の安値を更新しました。
金曜日はやや大きめに戻してはいますが、まだしばらく調整が続くのかもしれません。

今後木曜日の安値を切ってくるようだと、もしかしたらちょっと危ないかもですが。

アメリカの指標です

アメリカの方はと言いますと、実は日本よりも強い動きを演じていたのでした。
とは言え、結局は高値を抜けてくるほどの勢いはなかったんですけどね。

まずはNYダウからです。

chart4-2月曜日は一時大きめに下げていましたが、下髭を付けて回復。
火曜日以後は一気に上昇となりました。
木曜日にはちょうどレンジ幅の上限ぐらいまで戻しました。
金曜日はさすがにそこを越えての上昇は難しかったようで、少々下落となっています。

ここから最高値を目指すのか、あるいはまたレンジ下限まで下落するのかどうか。

続いてS&P500です。

chart4-3NYダウと比べると、相変わらずこちらの方がやや勢いが良いですね。
しかしこちらも前々回高値付近が抵抗となって、金曜日は少々下落しています。
月曜日の底値は前回安値を切り下げていませんので、そういう意味ではこちらの方がチャートの形状は良いかもです。
ここからどっちに抜けるかは、やはり要注目となりそうです。

最後にナスダックです。

chart4-4NASDAQはこの中では一番強いかもしれませんね。
こちらも月曜日は一時下落していましたが、そこから大きく復活してきました。
木曜日には前回高値付近まで一気に上昇となりました。
さすがにこちらも金曜日は下落していますが、それでも最高値付近まで一気に戻しました。
果たしてこの勢いが続くのかどうか。

もしナスダックが高値を更新してくるようなことがあれば、いつものようにNYダウ、S&P500も多少遅れても追従することになるかと思われます。
ここからどっちに行くのかは、今後を占う意味でも重要となりそうです。

いつものゴールドです

アメリカの株価は上昇していましたので、ゴールドは下がったかと言いますと、実はそうでもないんですよね。

チャートはこちらです。

chart4-5月・火・水は穏やかな動きでしたが、木曜日に一気に上昇して1,200ドル台まで到達しました。
こちらも金曜日は少し垂れていますが、それでも1週間で見ても比較的大きな上昇となりました。

株価と金の価格は、本来逆相関関係になることが多いのですが、ここ最近結構株価とパラレルに動いているんですよね。
一体どうしたもんなんでしょうかね?
でもきっとそのうち、いつものように逆相関関係に戻るのではないかなと考えています。

週明けからの日経平均株価は?

というわけで、週明けからの日経平均株価ですが、月曜日の朝はアメリカの下落を受けて少し安く始まりそうです。

CME 日経225先物の先週末の終値は

20,155円 (ドル建て)

となっています。

少し安いとはいえ、アメリカが下落した割には、比較的穏やかに始まりそうです。

問題はそのあとどっちに向かっていくかですね。

ちなみに、日経平均株価に影響を強く及ぼしているドル円はどうなっていたかというと

chart4-6先々週ほどの大きな動きはありませんでしたが、全体的にはまだ下落傾向が続いている感じです。
こちらも下値抵抗付近まで金曜日に下落となっています。

問題は122.5円付近より下に行かずにすむかどうかでしょうね。
もし切ってくるようなら、再び119円前後までの下落は起こるかもしれません。

というわけで、ドル円の動きにも引き続き注意が必要となりそうです。

アメリカは意外と堅調な動きが続いていた先週なんですが、対する日経はそれについていけてないんですよねぇ。
そうすると、下手するとここからさらなる下落が待ち構えているのかもしれません。

特に先週半ばぐらいに書いたように、ヒンデンブルグオーメンも発令中ですからね。

そして、今後に大きな影響を与えるかもしれない大きなイベントがまだ解決せずにそのままとなっています。
そうです

ギリシャ問題

ですよ。

18日にユーロ圏財務相会合があったんですが、結局不調に終わって結論が出なかったようですね。

そして、その代わりに

22日夜に緊急のユーロ圏首脳会議

が開かれるそうです。

これが本当に最後になるんでしょうかね?
月末にはIMFへの債務返済が迫っていますが、それまでに解決するのかどうか。

もしいよいよEUからの金融支援が打ち切られることになると

ギリシャはデフォルト

というのが、現実となるかもしれません。

ただやっぱり今回も何事もなくおさまってしまうような気もしちゃうんですよねぇ。
大体そんな緊急事態に至っているのに、アメリカの株価が上がっているというのもおかしな話ですし。
もうすでに結果を知っている人が買っているのかもしれませんが…。

とはいえ、すでに銀行からの預金の引き出しは一日10億ユーロ程度にまで膨らんできているそうです。
先週だけで42億ユーロが銀行から引き出されたとのこと。

ギリシャ:数日で妥協あり得る…財政通、野党議員 (2015.6.21 毎日新聞)

そういう意味では、ギリシャの銀行からいろんな危機が発生してくる可能性もあるかもしれません。

いずれにしましても、今週は激動の1週間となる可能性がありますので、要注意して臨むに越したことはないかと思われます。
果たしてどんな方向に進んでいくんでしょうか?
本当に気になります。

本日もありがとうございました。

2015年6月にもヒンデンブルグオーメンが出ました!

金融

ここ最近株価はちょっと不安定な状況が続いていますね。

実は全然知らなかったんですが、どうも先週またあのサインが出ていたみたいなんです。

そう、

ヒンデンブルグオーメン

です。

いつ出現したかというと

最近日本では、あまりヒンデンブルグオーメンが出現しても、それについて言及されなくなってきているかもですね。

というのも、以前は結構な確率で当たるということで、このサインが出現したら要注意となっていました。
しかし昨年から今年にかけて、何度かこのサインが出現している割には、ほとんどその効力を発揮していないんですよねぇ。
肩すかしとなることが多くて。

ヒンデンブルグオーメンの詳細については以前紹介した記事をご覧くださいませ。

そんな日本ではあまりニュースになっていませんが、実はアメリカではちゃんとニュースになっていたのでした。

Stocks Trim Gains as IMF Quits Greek Talk (2015.6.12 Investor Place)

この記事によりますと

2015年6月11日にNYダウで出現した

とのことですよ。

HO1-1

チャートではこのタイミングだったようです。

この先、果たしてパニック売りやクラッシュなどが発生するのでしょうか?
あるいは、これまで何度か出現した際のように、結局なにごともなく過ぎ去ってしまうのでしょうか?

今週は気になることが多いです

しかしこのサインが出た絶妙なタイミングで、いろいろなことが起こりそうな気配も漂っています。

今週の記事でも書いていたように、現在世界中が注目しているのが

ギリシャがデフォルトするかどうか

ってことですね。

HO1-2

そして、そのキーとなるのが

6月18日に開かれるユーロ圏財務相会合

となりそうです。

ここでどんな判断が下されるのかが、今後の重要なポイントとなりそうです。
もし交渉決裂となり、ギリシャがユーロ離脱の方向へ向かうとなると、デフォルトが確定するかもしれません。

問題は、もしデフォルトとなったときに、どの程度のインパクトを世界に与えるかということですね。

まぁこればっかりは実際に起きてみないと分からないかもしれませんが。
世間ではすでに織り込みつつあるなんて話も出ていますし、意外とあまり大きな影響を与えずに終わってしまうんでしょうかねぇ?

もちろんいつものギリシャの

デフォルトするぞ詐欺

で、結局何ごともなく終わっちゃう可能性も十分にありそうですが…。

でも個人的には、ギリシャがデフォルトした場合、結構大きなことが起きそうな気がするんですけどねぇ。

 

最初に書いた通り、現在ヒンデンブルグオーメンは思いっ切り点灯していますので、何が起こるか分からない面はあります。

昨年から今年にかけてのヒンデンブルグオーメンの的中率は散々なものとなっていますが、今回ばかりはちょっと侮れないかもしれませんよ。
面目躍如となるのかどうか?
皆さんもしばらくは用心していかれる方がよいかと思われますよ。

自分は懲りずにまたプットでも買ってみよっかなっと。

本日もありがとうございました。

4月4週目の日経はどうなる?

金融

先週の日経平均株価は、結局20,000円越えを固められずに下落してしまいました。
さずがに20,000円の壁は厚いんでしょうかねぇ。
とはいえ、まだ完全に崩れた訳ではないので、今後挽回するかもしれませんが。

では先週の日経平均株価の動きを見ていくことといたしましょう。

先週の日経平均株価の動きです

まずはいつものように日経平均株価から見ていきましょう。

先々週の金曜日にはとうとう20,000円を付けて期待されていた日経ですが、月曜日は残念ながら20,000円を超えることはできず。
その後も20,000円前後で上下をしていましたが、木曜日に少々長めの下髭をつけました。
そこから上昇するかと思いきや、金曜日にはやや大きめの下落となりました。

金曜日の日経平均株価の終値は

19,652.88円 (前日比 -232.89円)

となっています。

チャートの方はこちらです。

chart3-1

20,000円の手前でやや失速した感じです。
4段上げも終了といったところでしょうか。
あとはここから再度上昇に転じて5段目を形成できるかどうかですね。
まだ下の抵抗(19,500円前後?)までは少し距離がありますので、そこまでの下落はあるかもです。

とはいえ、そこを切るようなことが起きると、窓を埋めるために19,400円ぐらいまでは下落するかもです。
さらには19,000円前後もあるかもしれません。
まぁそこまではもう少し見てみないと分かりませんけどね。

続いてアメリカの指標を見ていきましょう。

アメリカの3指標です

アメリカの方もなんだかんだ言って上昇を維持していましたが、金曜日には大幅な下落となっています。
なかなか高値は越えさせてくれないのかもしれません。

チャートはこちらです。

chart3-2木曜日までは比較的順調に上昇していました。
上髭が続いたんでどうなるかと思いましたが、金曜日に完全に下に跳ね返されてしまいました。
金曜日の下落は280ドル近くですので、かなり大きな変動ですね。
そのせいで週足でも陰線となってしまっています。

続いてS&P500です。

chart3-3こちらもNYダウ同様に金曜日に下落しています。
それでもダウほどの下落幅には至っていませんね。
とはいえ、こちらも前回の高値は結局抜けられずに下落している格好です。
ここから復活できるかどうかですね。

最後にナスダックです。

chart3-4NASDAQは月曜日を高値として、そこから下落しています。
特に金曜日は窓を空けての下落となっています。
ここから前回安値付近までの下落があるのかどうかですね。
これまで先行指標となっているナスダックですので、ここからの動きもよく見ていく必要があるかと思います。

ゴールドの方は

いつも見ているゴールドですが、こちらは1,200ドル前後でやや停滞気味な感じです。
チャートはこちらです。

chart3-5一時よりは動きもおとなしくなっていますよね。
ここから上に行くのか、下に行くのか、どちらでしょうか?
こちらも

株価と逆相関する

と思われますので、どちらに動くか見ていく必要があるかと思います。

週明けからの日経平均株価はどうなる?

というわけで、4月20日からの日経平均株価ですが、月曜日はアメリカなどの影響を受けて安く始まりそうです。

金曜日のCME日経先物の終値は

19,565円 (ドル建て)

となっています。

ですから、金曜日の終値からは100円近く下げたところから始まるかもしれません。

また日経平均に影響を及ぼすドル円の方ですが

chart3-6この1週間で2円近く下落しています。
まぁその割によく株価は下げなかったなという感じではありますが。

この辺りも抵抗になりそうなので、また上昇に転ずるかもしれませんが、もしここから下落していくようだと

場合によっては116円台まで

あるかもしれません。

ここから反転できるかどうかですね。

そういえば先週も書きましたヒンデンブルグオーメンですが

今週いっぱいぐらいはサインは有効

となっています。

3月13日に発動したとして、30営業日有効ですからね。

今週いっぱいぐらいは、何が起こるか分からないこともありますので、注意するに越したことはないかと思われます。
デフォルトするぞ詐欺のギリシャのこととかもありますからね。

本日もありがとうございました。

ページの先頭へ