「デフォルト」タグの記事一覧


明日はギリシャの国民投票ですね

金融

先週末から混迷を極めているギリシャ問題ですが、その後も解決することなく1週間が過ぎようとしています。
7月に入ってからも、チプラス首相は債権団宛てに妥協案の書簡を送ったりしたようです。
しかし国民には反緊縮への投票を求めたりしたために、結局は

国民投票が終わるまでは話は聞かない

と、怒りを買う結果になってしまったのでした。

今週末の7月5日にはいよいよその国民投票が行われます。

国民投票がどうなるかの予想は難しそうですが

そんな国民投票なんですが、まだどちらに転ぶか分からない状況のようです。

先週はATMの引き出し額制限(1日60ユーロまで)が実施されたりして、国民の間にはだいぶ不満がくすぶっています。
以前は緊縮反対派が大勢を占めていましたが、この1週間で緊縮を受け入れる賛成派がかなり増えてきたようです。

7月3日に行われた世論調査では

賛成派 41.5% 反対派 40.2%

と賛成派の方がわずかに優勢となっています。

ギリシャ、ユーロ圏残留か孤立か 5日に国民投票 (2015.7.4 日本経済新聞)

反対派もかなり多いんですが、その中でもユーロ離脱を望んでいる人は少ないようです。

しかし、もし緊縮反対派が勝利することになると、EUから見捨てられる可能性も出てくるわけです。
望んでいないユーロ離脱も現実的となってしまうかもしれず、一体どうなってしまうんでしょうかね?

逆に賛成派が勝った場合には、チプラス政権は総辞職をするとのことです。
そうすると、また解散総選挙となると予想され、まだまだ混乱が続くことになりそうです。

どっちに転がっても、しばらくは混迷が続く可能性が高そうです。

クレジットデフォルトスワップの価格から考察すると

こんなに混乱しているにもかかわらず、世界の市場は先週は比較的穏やかだったんですよね。
中国を除いては。

とは言え、この状況では当然ギリシャがデフォルトするんじゃないかと心配されるところです。
そこでクレジットデフォルトスワップ(CDS)の価格を見てみました。

すると

greece1-1

ギリシャ国債のCDSは6月までは高くても2,500ベーシスポイント付近でウロウロしていました。
しかし6月30日を境に一気に3倍ぐらいまで上昇しました。
その後もまだ上昇が続いている状態です。

これはかなり危ないのか?

と思って、もう少し前からのチャートを確認してみました。

というのも、実は以前もギリシャについてはCDSの支払いが発生したことがあるんですよね。
2012年にギリシャが債務再編をした際に

CDSの清算事由に該当する

との判断となり、CDSの支払いが発生しているんです。
ということで、以前からの長いチャートで見てみました。

こちらがそのチャートです。

greece1-2こちらを見ると、今回CDSが急激に上昇したとはいえ、以前のCDS清算の発生前後(2012年3月9日に発生)に比べると、まだまだ全然って感じですよね。
これを見る限りでは、まだ市場全体もデフォルトするとは考えていないのかもしれません。

というわけで、いろいろ不安をあおっているギリシャ問題ですが、いろいろ考察した限りでは、なんだかんだ言って

国民投票は賛成多数になる

のではないかなぁと踏んでいます。

というか、金融界はきっとそうなると予想しているんでしょうね。

しかし逆にその予想が外れた時には、とんでもないことが起こる可能性もあるわけで。
最近はいろいろと予想しないことが多くなってきている気もしますので、もしかしたらってこともあるかもです。
個人的にはそうなってくれると面白いんですけどね(^^;

まぁどうなるか予断を許さない状況ではありますので、固唾をのんで見守っていこうと思います。

本日もありがとうございました。

ギリシャショックに続いて

金融

ここ最近何度かギリシャ問題を取り上げていましたが、不安視していたことが大変なことになってしまいましたね。
本日がIMFへの債務返済期限でしたが

そんなもの払えるか!!

と、チプラス首相は逆切れ状態です(^^;

 

月曜日はギリシャショックでも起きるかと思いましたが、株価などは比較的冷静な動きとなっていました。

昨日の日経平均株価は

前日比596.20円安の20.109.95円と2.88%の下落

とやや大きめの動きを見せました。

しかし今日は逆に

20,235.73円 (前日比+125.78円)

と上昇して終わっています。

まだまだ強いということなのか、あるいは下げ初めの段階に過ぎずに嵐はこれからとなるのでしょうか?

日経平均株価のチャートは

せっかくなんでチャートを出しておきますね。

chart7-1これで見ると大きく窓を空けて下落しているのがお分かりいただけるかと思います。
ただ20,000円前後の抵抗は強いのかもしれませんね。
ギリギリななめ抵抗の辺りで保たれているところです。
ただしここを切ってしまうと、19,000円前後までの下落は覚悟しないといけなくなるかもしれません。

その他のチャートも

ということで、ちょっと抜粋しまして、いくつかチャートを出しましょう。
まずはNYダウから。

chart7-2昨日は$-350と大きく下げました。
しかしこちらもちょうど水平の抵抗辺りで止まっています。
ここを切ると17,000ドル付近までの下落はあるかもしれません。

続いてナスダック。chart7-3

こちらは窓を空けて大きく下落しました。
前回の安値は切っちゃったので、もう少し下があるかもです。

と、日本、アメリカについては下げたとはいえ、いまのところはそれ程ひどいことにはならずにすんでいる感じです。

最近どこよりもヤバいのは

ヨーロッパ諸国も含めた先進国は、実際ショックというほど下げずにすんでいます。
しかし前回の記事でも触れましたが、ちょっとやばいところがあります。

それが

中国の上海市場

です。

チャートはこちらです。

chart7-4ギリシャショック前から下落は始まっていたのですが、値動きがとても激しいことになっています。
ちなみに今日はプラスとなって

5.55%の上昇

だったようです。

これで落ち着きを取り戻すかどうかですよね。
まだもう一段下げがあっても全然おかしくない気がします。

おまけで週足も出しますと

chart7-5週足で見ても、崩れかけのチャートに見えますよね。
まさに

バブル崩壊が始まったか?

のように見えてしまいますが、いかがでしょうか。

最近は中国マネーも世界中に影響を及ぼしているはずなので、もし本国のバブルがはじけるとなると、一気に世界中に散らばっている投資を引き上げる可能性もあるわけで。
そうなると、当然世界中の株価などにも影響が出てくるかもしれないんです。

ギリシャショックも大きな問題ですが、中国の動きからも目が離せません。

デフォルトはギリシャだけでなく

実は本日入ってきたニュースによると、ギリシャだけでなく

プエルトリコもデフォルトを宣言

するとのことです。

プエルトリコ、米政府に破産法適用を要請 顧問は債務超過と指摘 (2015.6.30 ロイター)

プエルトリコってのはカリブ海の島で、アメリカの自治領なんですね。
僕も名前ぐらいしか知りませんでしたが。

PT

ここが720億ドルの債務返済の繰り延べなどを要請したとのことです。
プエルトリコ債は利回りが良かったようで、アメリカの投資信託会社などが投資していたようなんです。

これがパーになったとすると、その辺りにも影響が及ぶ可能性がありそうです。

世界中がギリシャ問題で揺れていたところに、寝耳に水の事態ですわね。
規模はすごく大きい訳ではなさそうなので、大問題にまでは発展しないかもしれませんが、なぜこのタイミングにという気はします。
何か連鎖的に起して狙っていたりするんでしょうか?

ギリシャもまだ7月5日の国民投票次第では

ユーロ離脱の可能性

もあるわけで、自体が沈静化するまでにはしばらく時間がかかりそうな予感です。
その間にも周りで様々な問題が起きてきていますので

ギリシャショックがそれ程ひどくならなくてすんだ

と油断するのはまだ早いかもしれません。

もうしばらくは注意していく方がよいかと思われます。

本日もありがとうございました。

ギリシャは即刻デフォルトとはならないようですが

金融

ここ最近は連日動きのあるギリシャ問題ですが、結局今のところ解決には向かっていないようですね。
6月25日の交渉もまとまることなく終了。
債権団とギリシャ側との隔たりは埋まらなかったとのことです。

そして本日もユーロ圏財務相会合が開催されるとのことです。

WRAPUP 1-ギリシャのデフォルト回避へ水面下の交渉続く、「プランB」も視野 (2015.6.27 ロイター)

この場で協議されて解決に至るのかどうかですが、ちょっと怪しい雰囲気ですね。

すぐにはデフォルトとはならないようです

前回の記事でもお伝えした通り

6月30日がIMFへの支払期限

となっています。

なので、基本的に6月28日までに解決しないと、期限内のIMFへの返済は不可能となります。

これをもってデフォルトとなるかと思いきや、実はそうでもないようなんですよね。
非常にややこしいことで(^^;

IMFは

デフォルトではなく延滞

という扱いになるそうです。
公的機関への支払いが滞る場合はそういう扱いになるんですね。

ギリシャ不払いデフォルトでなく延滞-ジンバブエ並みの扱いに (2015.6.25 Bloomberg)

でもちょっと前にはラガルド専務理事が

返済しない場合には、7月1日にデフォルトになる!

と明言していたんですけどね。

「返済ないとデフォルト。猶予期間はなし」 IMF、ギリシャ債務問題で (2015.6.18 産経ニュース)

これはある種の脅しで言った言葉なんでしょうかね?

格付け会社はデフォルトとは見なさないという見解のようですが

実際にデフォルトかどうかを判断するのに関係してくるのが格付け会社なんですが、以前の記事でも

IMFへの返済が遅延してもデフォルトとは判定しない

とのことが報道されています。

ギリシャにデフォルト判定せず、IMF返済延滞でも=格付け会社 (2015.5.2 ロイター)

ここにも書かれている通り、格付け会社は今回の件だけではデフォルト認定はしないようです。
ただし債権はさらに格下げされる公算が大きいとあります。

しかし注意しないといけないのは、デフォルトによりクレジットデフォルトスワップ(CDS)が発生するかどうかを判断するのは、実は格付け会社ではないんですね。
自分も全く知りませんでしたが。

それを判断するのは

国際スワップデリバティブ協会 (ISDA)

というところなんだそうです。

ISDA

なので、もしISDAがデフォルトだと判断すれば、CDSの支払いが発生することになるわけです。

ちなみに、ギリシャのCDSの売り手にはドイツ銀行や、アメリカの金融機関などが含まれているようです。
詳細はよく分からなかったんですが…。

IMFへの支払い遅延が発生した場合、ギリシャをデフォルトとするかどうかは

結局ISDAの判断次第でどうにでもなる

ということですね。
ある意味恐ろしい話なんですが。

 

というわけで、もし今週末の交渉がうまくいかなかったとしても、すぐにはデフォルト発生とはならなさそうな感じです。
あとはISDAの判断次第ではありますが。

また新しいニュースとしては、7月5日にギリシャで国民投票でどうするかを決めるなんて話が出てきているようです。

ギリシャ、国民投票を7月5日に実施へ━30日の期限どうなる (2015.6.27 The Wall Street Journal)

6月30日はどうなったんだ!?って話ですよね(^^;
期限までに解決する気はないってことなんでしょうかねぇ。

今後どうなるのか、まったく予想がつかない状況になってきました…。

本日もありがとうございました。

ギリシャ問題はどうなっちゃうの?

金融

もうずーっと前から

デフォルト、デフォルト

と騒がれているギリシャですが、結局どうなってるんでしょうかね?
一応

6月30日が国際通貨基金(IMF)への支払い期限

となっています。

だからそれまでに支払いの工面をしないと、ギリシャは本当にデフォルト扱いになってしまうかもしれないんです。
もうすぐの話ですよね。
もしそうなってしまったら、一体どんな影響が出るんでしょうか?

そんなことお構いなしに

しかしそんなギリシャのデフォルト危機にもかかわらず、日本の株価の方は

そんなの関係ねー!!

と言わんばかりに上昇してきました。

せっかくなんでチャートも出しておきますと

chart5-1こんな風に、火曜日にはとうとう高値を更新してきたのでした。
さすがに昨日、今日は息切れで少し下落はしていますが。

この先一体どうなる?

前回の記事で触れたように、6月22日に緊急でユーロ圏首脳会議が開かれました。

そこではギリシャのチプラス首相は余裕の表情で、笑顔すらあったようです。
それで交渉はまとまるとして株価は上昇したんでしょうね。

しかし実際には、まだ現時点でも完全にデフォルト回避とはなっていないんですよね。

現在も交渉継続中のようですが、ドイツのジョイブレ財務相は

「ギリシャは後退した」

と発言しているようですし。

schauble

現時点では債権者側とギリシャ側の妥協案は、お互いに受け入れられていないようです。

ギリシャが債権者と別の提案、財務相会合前には合意に達せず (2015.6.25 ブルームバーグ)

ここまでずっと

“デフォルトするぞ詐欺”

を繰り返してきたギリシャですが、今回ばかりは本当にヤバいかもしれません。

もちろん、結局終わってみれば何事もなく回避しちゃいましたって結論になるかもしれませんが。

ただ、いつもはデフォルトするぞ詐欺で株価が下がったところで

大丈夫でした、てへっ(^^;

って発表して、安心感から株価が上がっていたんですが、今回はパターンが違うんですよね。
先にもう株価が上がっちゃってますから。

だから逆に、ひょっとしたらひょっとするなんて気もしなくはないと考えているんです。

ギリシャの交渉期限はというと

さてさて、どこまでこのギリシャの揺さぶりが続くのか。
今回ばかりは注意して見ていく必要があるかと思います。

HO1-2

ちなみに本当の交渉の最終期限というのは

6月27 or 28日

となりそうです。

というのも、出した結論を

ギリシャおよびドイツ議会で6月29日までに承認されないとアウト

とのことなんです。

ギリシャの立場「不変」、時間切れ迫るなか25日に協議再開  (2015.6.25 ロイター)

そういう意味では

今週末が交渉のタイムリミット

になるってことですね。
それまでに結論が出るかどうかです。
どこまでギリシャが粘るのか、あるいは最初から合意するつもりが無かったりして。

今回もデフォルトするぞ詐欺ですむのか、あるいは本当にデフォルトしてしまうのか?
今週末までは油断はできなそうな雰囲気が漂っています。

本日もありがとうございました。

アルゼンチンデフォルト問題続報

金融

先日からお伝えしているアルゼンチンデフォルト問題ですが、結局デフォルトに至ったようですね。

デフォルトするって言いながら、結局しないんじゃないか?と予想していたんですが、予想を覆す結果に少々驚きました。

やはり前回言っていたように、アルゼンチンのバックには強大な

ロシア、中国

がいるから強気なんでしょうかね?

事実上のデフォルトということで

アルゼンチンが結局利払いを払えなかったため、国際スワップデリバティブ協会(ISDA)は「信用事由が発生した」と認定したとのことです。

アルゼンチンCDSで信用事由発生、事実上のデフォルト宣言 (ロイター 2014.8.2)

ということは、つまり

CDS(クレジットデフォルトスワップ)の支払いが有効になる

ということになります。

CDSってのは、もう皆さんきっとご存知でしょう。

簡単に言えば、保険のようなものですね。

要するに、

もしデフォルトになったら、その分補てんしますよ

というようなデリバティブ商品ですね。

実際に国債を購入している人にとってはリスクヘッジの意味はあるでしょうが、そうでない人も買えちゃったりするんです。
だからデフォルトをすることを知っていて、CDSをたくさん仕込んでいれば大儲けできちゃうわけですよねぇ。
もしかしたら、今回のホールドアウト債権者側も、デフォルト発表の前にすでにしこたまCDSを買っていたという可能性もあるかもです。

ちなみに今回のデフォルトに際しては、

約10億ドル

の決済が生じるとのことです。

CDSを売っていた側としては、たまらんと言えばたまらんでしょうね。
でも当然デフォルトしなければ、売ってる側にそれだけお金が入ってくるわけで。

ある意味賭けというか、ギャンブル的要素が非常に強いですよね。

そういえば、アルゼンチンの前にCDSで支払事由が発生したソブリン債ってご存知ですか?

そう

ギリシャ

なんです。

algentina1-2

もう2012年のことなんですね。
その時の支払総額は

28.9億ドル

だったそうです。

だから、そこからしたら今回のアルゼンチンのデフォルトの方が規模は小さいのかもしれません。

CDSのチャートは

ちなみにアルゼンチン国債のCDSチャートはこちらです。

algentina1-1

確かにここ1週間ぐらいで急上昇していますが、それでも2013年9月ぐらいに比べるとまだ安いぐらいなんですよね。

きっとデフォルトはしないだろう

と、たかをくくっていた人達が多かったからかもしれません。

今頃そんな人たちは真っ青になっているかもしれませんね(^^;

今後の展開は

あとはCDSの支払いを誰がするのかというのが気になるところですよね。
要するにCDSの保険を売っていた側ですね。

下手したらそれによって銀行や保険会社などが破たんする可能性も出てくるわけで。

サブプライムローンのときのAIG

のようにですね。

そしてこれらのことがきっかけで、世界中に金融不安が起こるということも無きにしもあらずです。

現に、株式市場も下落しているところが目立ってきていますし。

今後のいろいろな発表には注目していく必要があるかもしれません。

本日もありがとうございました。

 

ページの先頭へ