「エボラ出血熱」タグの記事一覧(2 / 2ページ目)


エボラ出血熱に有効かもしれない薬剤がなんと日本に

日記

先日からお伝えしているエボラ出血熱の話ですが、予想していた通り全く終息の気配はありません。
むしろ混乱度合いにさらに拍車がかかってきているといった雰囲気です。

すでに8月15日時点で

死亡者数は1145人

感染した疑いのある患者は2127人

と報告されています。

現時点ではさらにそれらの人数は増加していることでしょう。

まさに

パンデミック

に移行しつつある感じがします。

 

そんな中、リベリアでは隔離施設を群衆が襲うなんて事件が発生しています。

リベリアでエボラ熱隔離施設を群衆が襲撃、患者連れ去る (2014.8.18 ロイター)

現場の方はかなりパニックになってきているのではないでしょうか。
有効な治療法もなく、隔離されたまま次々と死を迎えているような状態では、現地の人もきっと納得がいかないんでしょう。

しかしこんな状況では、せっかく感染の拡大を抑えようと頑張っている医療従事者も、現地から退避して来ざるを得ない状態に陥りつつありそうです。

このままではさらに世界中に感染が拡大することが危惧されます。

そして周辺国では国境封鎖をしたり、流行国からの入国を禁止するなどの措置が相次いで取られ始めているようです。

治療法について

こちらも前回少し書きましたが、アメリカでは

ZMapp(ジーマップ)

というエボラ出血熱に有効と思われる薬剤があり、現在試験的に使用を開始しています。

これまで3人に投与されており、アメリカ人2人は快方に向かっているようですが、スペイン人1人は亡くなっています。

ですから、まだその有効性についてははっきりしません。

その後さらにアフリカ人医師3人に投与されたようですが、その効果については公表されておりません。
またいずれ発表されるのかもしれませんが。

実験段階にあるワクチンの話なんかも少しずつ出てきているようですが、現在唯一期待されている薬剤がZMappという状況になっています。

しかし日本にも効果が期待される薬剤があったんです

これは初めて知ったんですが、日本にも

もしかしたらエボラ出血熱のウイルスに効果があるかもしれない

と期待されている薬剤があるようなんです。

その薬剤というのは、実は抗インフルエンザ用に開発されたもので、RNAポリメラーゼ阻害薬の

ファビピラビル(商品名 アビガン)

というものです。

この薬、実は2014年3月に日本でのみ抗インフルエンザ薬として承認されたものなんです。

しかもその適応症は

新型インフルエンザ感染症および再興型インフルエンザ感染症
ただし、他の抗インフルエンザ薬が無効、または効果不十分のものに限る

となっています。

つまり、通常のインフルエンザ治療薬で効かないような場合の切り札として使うような薬剤なんです。
そういったことから現時点でも厳格に管理されていて、そう簡単に入手できるようなものではないようです。

で、この薬が

マウスを使った実験ではエボラウイルスに対して有効だった

ということなんです。
もちろんまだ人間でエボラ出血熱に感染した人には投与した実績はなく、実際に効果があるかは分かりません。
しかしインフルエンザで治験を通過しているので、安全性は証明されていると言えるかもしれません。

ちなみにこの薬の発売元は

富山化学工業

だそうですよ。
現在は富士フィルムの傘下に入っているとのことですが。

ebola3-1

 

日本の企業としては、ぜひぜひ頑張ってもらいたいもんですよね。

日本のインフル治療薬「アビガン」に脚光 マウス実験で効果 (2014.8.14 msn産経ニュース)

しかしもしこの”アビガン”がエボラウイルスに有効だったとしても、大量に使用すればあっという間に耐性のウイルスが発生する可能性もあり、その使い方には慎重を要するかもしれませんね。

それから今後の治療や治験に関して、アメリカ主導でものごとを進めていくと、いいように利用されるだけになったり、何か嵌められれる可能性もあるので注意は必要かもしれませんが。

 

でもこういった薬剤が、今後のエボラ出血熱の治療の糸口になってくれるといいんですけどね。

まだ解決までにはかなり時間がかかることが予想されますが、少しでも早く治療法が確立されることを期待して。

本日もありがとうございました。

 

エボラ出血熱の感染はさらに拡大中

日記

先日エボラ出血熱について書きましたが、その後も収束するような気配はなく、さらに被害は拡大しているようですね。

WHOの集計によると8月11日現在で

死亡者が1013人

に及んだとのことです。

5日間で80人近く犠牲者が増えているということになります。

未承認薬の使用開始へ

WHOは緊急事態ということもあり、まだ動物実験レベルでしか検討されていない未承認薬の投与を容認すると発表しています。

実際に使用される薬剤は

マップ・バイオファーマシューティカルが開発中の治験薬「ジーマップ(ZMapp)」

というものです。

ebola2-1
これはエボラ出血熱への感染が確認され、アメリカへ搬送されて治療を受けた人に投与されたものですね。

幸いその投与された2人は快方に向かっているとも伝えられており、一定の効果は期待できるようなんです。

そしてアメリカは、感染患者の多いリベリアに対して、この「ジーマップ」という薬を提供するとのことです。

 

米国、リベリアにエボラ治療試薬を提供へ (2014.8.12 ロイター)

 

これは人道的な意味ももちろんあるんでしょうが、アメリカとしてはきっと美味しいからするんでしょうね。

というのも

多数の感染者に投与できるので、有効性および副作用などを調べる治験が無料で一気にできてしまう

というメリットがあると思われるんです。

通常治験は、対象者を集めて同意を得て、場合によっては報酬を与えつつあらゆるデータを回収し、有効性および副作用の低さが確認できて、初めて正式な薬剤として認められるというステップが必要です。
でも今回はすでに対象となる感染者が多数いますし、もし副作用などが出ても多分患者側は文句を言えないので、ある意味好き放題治療してデータも取り放題になると予想されます。

表面上は困っている人たちを助けるってことなんでしょうが、うがった見方をすれば火事場泥棒のような物凄い悪者ですよね(^^;;

まぁそんな風でないことを期待したいですが、あのアメリカのやることですからねぇ…。

治療がうまくいけば

きっとアメリカとジーマップを開発した会社は、おもいっきりぼろ儲けでしょうね。
世界中に感染者が発生したときの治療に使用するようにと、高額でこの薬を提供することになりそうです。

それこそ

インフルエンザが流行したときのタミフル

のように。

もともとアメリカがこのウイルスを作ったなーんていう陰謀論もありますが、それについては詳細はよく分かりません。
まぁ確かにアフリカにしか存在しないようなウイルスに対する薬を、そんなに研究開発費をかけて作るなんてこと普通はないでしょうし。
考えれば考えるほど怪しい気もしないではないですが。

まさに

パソコンのウイルスと、ウイルスソフトの関係

と同じようなものかもしれません。

いずれにしても、この薬剤がちゃんと効いてくれて、今回の感染問題が収束していってくれればよいですが、まだどうなるか分かりませんね。
無論あまり多用すると耐性のウイルスが出現してくるという可能性もありますし、まだまだ予断は許せないかと思います。

近々エボラ出血熱の感染者が日本に入ってくることも十分にあり得ますから、皆さんも注意してくださいね。
特にこの時期、お盆休みで海外旅行に行かれている方もたくさんいそうですから、現地から拾ってくる可能性も非常に高いと思われますので。

本日もありがとうございました。

エボラ出血熱のパンデミックに要注意

日記

ちょっと前から世界ではかなり話題になっていたエボラ出血熱ですが、ようやく日本でも少し報道されるようになってきましたね。

それでもあまりTVなどでは報道されていないように思います。

もしかして意図的に隠しているんでしょうか?

こんな大変なことなのに、一体どうなっちゃってるんでしょうかね。

今回の感染は

始まりは西アフリカとのことですね。

どうも今年の2月にギニアで発症した人がきっかけで、以後隣のリベリアやシエラレオネへと感染が拡大していったようです。

ebola1-1

エボラ出血熱の原因はウイルスなんですが、このウイルスがかなり強力なんです。

感染した場合の致死率は最大90%

とも言われています。

もちろんウイルスの株によって、多少その強さや特徴などが異なるようですが、それにしても恐ろしい感染症です。

すでに死亡者が多数出ています

現地で治療にあたっていた医療関係者にも多数感染したようです。
その結果8月6日現在、WHOが発表したところによると

死亡者数は932人

にもなっているとのことです。

エボラ熱死者932人に、現場の医師らから緊急支援の要請相次ぐ (ロイター 2014.8.7)

 

これまで見つかっているウイルスと比べると若干弱いようですが、それでも現時点で

致死率55%前後

とのことです。

感染したら半分以上が死んでしまうなんて。

しかも現段階で

確立された治療法が存在しない

ってことなんです。

動物実験レベルで有効性が示された薬剤はあるようで、半分人体実験のように今回感染した人に対して使用されているようです。
ただ副作用などが出る可能性もあり、効果についてもまだ不明のようです。
ちゃんと効いて安全であればいいんですが。

とりあえず感染しないように心がけるしかないですよね。

ちなみに、空気感染はないようですが

血液、尿、唾液、汗などの体液

を介して感染するとのことです。

ですから、それらに接することを避けるしかありません。

空路を介した感染の拡大が危惧されています

今回のウイルスの特徴として

潜伏期が長い

といったことがあるようです。

一応

潜伏期は2-21日

とのことですが、これまでに見つかっているウイルス株と比べるとやや長めのようなんです。
それが今回のような感染拡大にも影響していると思われます。

そして今後の問題は

感染していることを知らずに飛行機で世界中にウイルスが広がってしまうこと

ですよね。

いわゆるパンデミックとなってしまいます。

すでに先ほど挙げた3カ国以外にも

ナイジェリア、アメリカ、サウジアラビア、スペイン

で感染者が確認されています。
アメリカについては、感染していた人を帰国させ、隔離したうえで先ほど書いたように現在未認可の薬剤で治療を開始したようです。

しかし感染が見つかっているのはまだほんの一部だと思われますので、今後さらに感染者は拡大してくる可能性があります。
はじめのうちは西アフリカからの帰国者を追跡すればよいかもしれませんが、世界的に広がってしまえばどうすることもできなくなってしまうことでしょう。

一説には

ウイルスを悪用した世界的テロ

なんて噂もありますが、真偽のほどは不明です。

治療薬をアメリカの会社が作っていたりするあたり、なんだか怪しい気もしないではないですが…。

とりあえずしっかり推移を見ながら気を付けるしかありません

最初に書いたとおり、こんな重要なことをTVなどであまり報道しないのもどうかとは思いますが。
日本のマスメディアは終わってますね。
とにかく自分たちで情報を収集しながら、対応をしていくしかないかと思われます。

すでに日本にもこのエボラウイルスが持ち込まれている可能性も十分にありますから。

とりあえずは

海外に渡航した後で、高熱を出している人にはできるだけ近づかないようにする

などの対策を取るべきかもしれません。

ちゃんとした治療法が確立されるか、現在の状態が収束するのを待つしかない状況です。

特にこれからお盆の時期に海外に行かれる方などはご注意くださいませ。

本日もありがとうございました。

ページの先頭へ