「エボラ出血熱」タグの記事一覧


エボラ出血熱感染の拡大はまだまだ油断できません

日記

今年8月にエボラ出血熱が問題になりつつあるってことをお伝えしました。
それからはや3か月が経過しました。

その後も感染者数は増え

死亡者数はすでに5000人超

となっています。

エボラ熱死者5177人 WHO集計、増加続く (2014.11.15 日本経済新聞)

8月の記事を書いた時点では、死亡者が1500人にも至っていませんでしたからね。
そこからすると随分と増えました。

いまのところ世界中にはそれほど広がってはいないようです

一番心配されていたのは

世界中にエボラウイルスが拡散してしまうこと

です。
しかし現時点では幸いそういったことは起きずにすんでいます。

実際の死亡者数もほとんどが発生した西アフリカのリベリアやシエラレオネ、ギニアとなっています。
(下の地図の黄色のところです)

ebola4-1

ただ飛行機での行き来はそれ程制限されたりはしていないので(特にアメリカなど)、いつ世界中に広がってもおかしくない状況は続いています。
しかしなぜアメリカが強力な渡航制限などしないのか不思議でなりません。
あえて感染を広げて、パニックでも起こさせたいかのように思えてしまいます。

日本も疑いの例があるごとにメディアで報道されていましたが、いまのところ発生は確認されていませんね。
ただ知らないうちに原因不明で亡くなっているというケースもあるかもしれませんので、実際は何とも言えないところです。

死亡者数については、確かに一時期よりは増加の勢いがおさまってきているように見えます。
しかしこれで本当に終息に向かっていくかはまだ分かりません。
まだ油断すべきではないように個人的には思っています。

今後心配されること

とりあえず世界中で死亡者が多発しているわけでもなく、勢いも収まりつつあるってことで安心できるかというと、まだそうとは言い切れません。

とくに今後心配なのが

中国

です。

なぜ中国かというと、

中国は最近アフリカに積極的に進出

しているので、エボラウイルスが中国国内に持ち込まれる可能性は非常に高い気がするんです。
すでに実は持ち込まれているかもしれませんし。

そのうえあの中国ですから、

もし感染が確認できたとしても公表するかは???

って問題があります。

感染が広がったとしても、体面を重視してその事実を揉み消してしまうかもしれませんしね。
それによって非常に怖いのは

中国から日本にエボラウイルスが持ち込まれる可能性

も十分にあるってことです。

アフリカにばかり気を取られていて、簡単に中国から持ち込まれてしまうかもしれないのでね。

 

そんな日本も、今後心配なこととしては

12月10日から特定秘密保護法が施行される

ことがあります。

これによって、もしかしたら国にとって都合が悪いと判断されることは公表されなくなるということも十分に考えられます。
事実が伝えられなくなるってことは非常に怖いわけで。

まぁそんな風に利用されないことを祈るばかりです。

まだエボラに有効な薬剤は不明のままです

以前もお伝えしたように、日本の富士フィルムが作った「アビガン」はエボラに有効かもしれないと言われています。

実際来月から臨床試験が始まるそうですし、期待したいところではあります。

しかし現時点ではまだ確実な有効性を示す薬剤はないというのが本当のところです。

WHOがエボラ熱治療法を精査、効果示すものはまだ皆無 (2014.11.15 ロイター)

ですから、もしエボラが世界中でパンデミックになった場合にはまだ十分な対応は無理ということになってしまいます。
治療法が早期にある程度確立されればいいですが、それまでにとんでもないことになってしまったら本当に大変です。
そうならないのを今は祈るしかないといったところです。

本日もありがとうございました。

感染症問題のその後

日記

以前からここで何度も取り上げている感染症の問題。

世界的にはエボラ出血熱が、日本ではデング熱が大きく取り上げられていますよね。

デング熱については、ある意味そこまで大騒ぎしなくてもというほど大きく報道されています。
対して、こっちの方がヤバいと思われるエボラ出血熱の方があまりテレビなどで取り上げられないことが逆に気持ち悪いぐらいです。

身近に迫っていることしか興味を持たない人が多いためなのか、マスコミが扇動しているだけなのか?
なんか変な違和感を覚えます。

エボラ出血熱はとうとう死者2000人を超えたようです

エボラ出血熱に関して、このブログで初めて書いてからちょうど1か月ほどが経過しました

当時はまだ死者数が1000人に満たない程度でした。
しかしWHOが9月5日に発表したところでは、とうとう2000人を越えたというニュースが入ってきています。

死者2000人突破 WHO、日本の未承認薬に期待 (2014.9.6 msn産経ニュース)

 

感染が確認されたあるいは疑われている人も4000人近くいるようで

現時点での致死率は53%

とのことです。

しかしこれはあくまで現時点での話です。
この中からまた死者が増える可能性もありますので、最終的にはさらにもう少し高い致死率となることが予想されます。

エボラウイルスに対しては、感染者に対して未承認の薬剤を使用したりされていますが、まだ完全に制御できた状態ではなさそうです。
有効と言われている薬剤の一つ、ZMappをアメリカ以外で使用された患者のその後の報告がありませんが、どうなったんでしょうかね?
非常に気になるところです。

日本発のエボラウイルスに対する薬になるかもと伝えていた、富士フィルム傘下の富山化学工業が作った

アビガン(ファビピラビル)

ですが、こちらもまだヒトでの有効性は証明されていません。
抗インフルエンザ薬として承認されているので、安全性は大丈夫かと思います。
しかし有効性については期待されるような結果が得られるのでしょうか。

 

感染の制御という点から見ると、感染の拡大はさらに続いているようで、実際には

感染者は報告されている人数の2-4倍ぐらいいる

かもしれないとのことです。
エボラウイルスの潜伏期間自体が長いこともあり、なかなか総数の把握は難しいんでしょうね。

そうこうしているうちに、世界中に患者が広がっている可能性もあるわけで、いまの体制で大丈夫なのか非常に不安です。
航空会社によっては、危険地域への就航便を運航停止しているところもありますが、それだけで拡大がおさまるとは思えません。

いまのところ日本での発生はありませんが、いつそのような事態が起きてもおかしくないと感じています。
そうなったとき、政府はちゃんと対応できるんでしょうか?

日本はデング熱問題で盛り上がっていますが

ここ最近はTVでも立て続けにデング熱について報道されていますね。
まぁこれまで海外渡航歴のない人で発生することがあまりかなかったからなんでしょうが。

もちろん重症化すると危ないこともありますが、以前デング熱のことについて書きましたが、正直そこまで危険ではないと思います。
逆にここまで大きく扱われていることが不思議なぐらいで。

そんな中、発生源と思われる代々木公園は閉鎖されてしまいましたね。

デング熱、代々木公園を8割閉鎖 (2014.9.4 ハフィントンポスト)

デングウイルスを持った蚊が複数発見されたためということで、閉鎖に至ったようです。
まあ感染を拡大しないためということでは良いのかもしれませんが、本当にそこまでする必要があるのかと思ってしまいます。

蚊を駆除することについては異論はありません。
しかし今後はそんな蚊が見つかるごとに日本中の公園を閉鎖にでもするつもりなんでしょうかね?
そんな方法は到底現実的だとは思えませんが。

一説には

代々木公園で開催予定の反原発集会を開催させないため

なんて噂もあります。

これには「なるほど~!!」とある意味納得してしまいました(^^;
もちろんこの情報の真偽は不明ですけどね。

それ以外にも、デング熱のワクチンが開発され、15年には実用化されるなんてニュースもあります。

デング熱予防に効果、仏サノフィのワクチン-臨床試験で (ブルームバーグ 2014.9.3)

これもタイミング良すぎですよねー(^^;;;
日本人はワクチンとか大好きだから、いいターゲットにされてしまうんでしょうね。
もともとは流行地域のために開発されていたんでしょうが、これで日本で売れれば開発費の大半は回収できるでしょうからね。
なんか裏がありそうな気がしてしまうのは自分だけでしょうか?

 

しかし、個人的にはこれまでも書いているように、デング熱はそこまで恐れる必要はないと思っています。
現に日本で死者が出たという報告はないですよね?
だから過剰に反応しすぎだと思うんです。
マスコミの言われるがままに乗っていてはダメだと思います。
ちゃんと病気の正しい知識を付けて対処していきたいですね。

対してエボラ出血熱は本当にヤバいと思っています。
まだ日本で発生していないからという理由で安心していると危ないですよ。
いつ発生してもおかしくない状況にあるとは思われますから。

こちらもちゃんと正しい知識を身につけて、いざというときは正確に対応できるようにしておきましょう。

本日もありがとうございました。

 

 

デング熱感染が拡大しています

日記

ここ最近、ニュースではデング熱の感染が話題になっていますね。

ちょっと前にはエボラ出血熱が西アフリカで猛威を振るっていることを話題にしましたが、今度は日本での発生ですからちょっとびっくりしますよね。

デング熱は、基本的にその発生地域に旅行したりしない限りは感染しないはずなんですけどね。
今回海外渡航歴がない日本人から次々と感染発生が報告されています。

一体どうやって感染が広がったのでしょうか?

デング熱は基本的には人から人へは感染しません

デング熱は、デングウイルスというウイルスが体内に入ることで起こります。

dengue1-3

ただこのウイルスは、見出しの通りで

人から人への直接感染はありません

ここが非常に重要なポイントなんですよね。

先ほども挙げたエボラ出血熱の場合は、感染したヒトの体液に触れるだけで感染してしまいますから非常に怖いです。

しかしデング熱は、感染している人が近くにいても、空気感染などによって感染が拡大することはありません。

もちろん輸血をしたりして、ウイルスが大量に体内に入った場合などはダメみたいですけどね。

ですので、感染が拡大する原因として

ウイルスを媒介する蚊が吸血する

ことが必要となるわけです。

どんな蚊が媒介するのか?

多くの場合は“ネッタイシマカ”という蚊が媒介することが多いようです。

dengue1-1

 

見ているだけで、なんだか痒くなってきますねぇ(^^;

この蚊は基本的には日本では生息していなようなんです。
だからこれまでデング熱は日本では発生していないんですけどね。

ただ、この蚊以外にも“ヒトスジシマカ”という蚊も媒介すると言われています。

dengue1-2

 

こちらはきっと見たことある人もたくさんいるはずです。
そうなんですよね、こいつは日本でもよく見かけるやぶ蚊の一種なんです。
これに刺されると、とっても痒いですよねえ。

この蚊はどうもデング熱のウイルスを媒介するようなんです。

なので、今回デング熱が日本で発生した原因としては

①デングウイルスを持った”ネッタイシマカ”が飛行機などで日本に持ち込まれた

②デングウイルスに感染して帰国した人を、日本に存在する”ヒトスジシマカ”が吸血して感染を広げた

のどちらかなんでしょうね。

いまのところ感染経路についてははっきりしていません。
しかし代々木公園で吸血された人が次々と発症しているようなので、代々木公園の蚊が媒介したことは間違いなさそうです。

症状や治療法は?

このウイルスに感染しても、意外と多くの人は何も症状が出ないようなんです。

デングウイルスに感染しても、8割が無症状

ということです。

ただ時に重症化するケースがあるようなので、注意は必要なんです。

感染した場合には、

突然の発熱、頭痛、筋肉痛や関節痛、発疹

が出現するとのことです。
そして発熱がおさまり始める頃に重症化してショック状態などになることがあるみたいです。

ですから、危ない兆候としては

40℃以上の発熱がしばらく続いて、発疹が出現したとき

ということでよいんではないでしょうか?

その場合には、速やかに医療機関を受診する方がよいかと思われます。

ただ治療法については、基本的には対症療法のみとのことです。
特に特効薬なんかはまだないみたいですので。

しかしエボラ出血熱のように致死率が高いウイルスではありませんので、そこまで心配しなくても大丈夫かもしれません。

ちなみに潜伏期間は3-14日とのことですので、危険な地域に行ってからそれぐらいの期間は要注意ということになります。

今後パンデミックとなる可能性は?

現在感染者は次々に増えていっているようですね。

代々木公園周辺で感染?デング熱、新たに19人 (2014.9.1 YOMIURI ONLINE)

代々木公園では、早速蚊の駆除も始まったようです。

今後さらに感染が拡大するかというと、その可能性も無きにしも非ずではあります。

ただ基本的には蚊が媒介するウイルスなので、蚊が死んでしまえばそれ以上に発生することはありませんからね。
もう少し寒くなってくれば、自然と収束していくことは間違いありません。

デング熱って聞いて何かわからないからみんなが怖がるだけであって

正しい知識さえつけていればそれほど恐れなくても大丈夫

かと思います。
先ほども書いたように、意外と軽症で終わってしまうケースも多いようですから。
そう考えると、新型インフルエンザとかの方がよっぽど怖いですからね。

ですので、あまりパニックになったりせずに冷静に対処してくださいませ。

エボラ出血熱が発生した場合にはそんなこと言っていられませんが、デング熱についてはきっと大丈夫でしょう。

しかしなんでここ最近は、今までなかったウイルス感染が生じているんでしょうかね?
本当にもしかしたら生物兵器を用いたテロだったりして??

まぁ何が起きても正しい知識を元に適正に対処していくようにしたいものです。

本日もありがとうございました。

 

テロが起きる可能性に注意が必要かもしれません

陰謀論

なんだか相変わらず世界中がきな臭い動きをしておりますね。

ウクライナ問題もしかり、イスラム国問題もしかりで。

どちらも全く解決に向かって動いている雰囲気が感じられません。

いかにも

これから戦争に導いていきたい

という動きをしている気がしてならないのですが。

英国ではテロ警戒レベルを引き上げたそうです

そんななか、英国政府は

テロに対する警戒レベルを引き上げた

と報道されています。
これまで5段階のうちの3段階としていたのを、2番目に上げたとのことです。

英国、テロ警戒レベル引き上げ シリア・イラク情勢受け (2014.8.30 ロイター)
terrorism1-2

これは先日アメリカのジャーナリストが、イスラム国によって首を切断して処刑された事件とも関連があるんでしょうね。
その実行犯が、どうも

イギリス人のラッパー

だと報道されていますから。

【イスラム国】ジャーナリスト殺害が疑われるイギリス人ラッパーの素性が判明(動画・画像) (2014.8.25 ハフィントンポスト)

今回の措置は、イギリスからイラクやシリアへ行った人達が、イスラム国から先導されて、帰国後にテロを起こすのではないかという警戒のようです。
まぁもともとそちら出身の人達からすると、イスラム国の影響も受けやすいと言えばそうかもしれませんからね。

英米がイスラム国に対して徹底抗戦する構えを見せるようだと、イギリス国内で混乱が起きる可能性もありそうです。
結構移民の人達も多いようですし。

対してアメリカでは

アメリカも同様の状況と思われるのですが、いまのところ警戒レベルを引き上げるということはないと言っているようです。
そういう情報はつかんでいないということなんでしょうかね。

しかし空爆をしたりしていればひどい恨みも買うわけで、油断していると何が起きるか分かりませんけどね。

あるいは、敢えて警戒レベルを上げないでおいて、テロを起こさせようとしていたりして?

この発表の理由は?

しかし、なぜこのタイミングで英国政府がテロ警戒レベルの引き上げを大々的に宣言したんでしょうかね?

もちろんそういう情報が入ってきたからというのもあるんでしょうが、何か怪しい気がしてしまうのは自分だけでしょうか?

そう考えると、今後それに見合った事件が発生するかもしれませんね。
ただその場合は、テロと言っても

またしてもの自作自演のものの可能性

が十分にありそうな気がします。

なんだか最近の動きを見ていますと、すべてアメリカなどが仕組んだもののように思えてしまいますからねぇ。
ウクライナ問題でも、全部ロシアが悪いという風潮になっていますが、これも多くはアメリカが仕込んだことの気がしてなりません。

発表されていることのどこまでが真実かは、受け取る人それぞれがしっかり吟味していかないと、とんでもない方向へ先導されてしまう可能性がありますからね。

それこそ戦争を起こしたい連中に騙されてしまわないように、皆さんも気を付けていってくださいね。

とりあえずは、そういった自作自演テロの類にまずは自分が巻き込まれないようにご注意くださいませ。

ちょっと気になったことが

そうそう、ちょうどこのテロ関連のニュースを調べていたところ、グーグル先生で気になる検索結果が。

”テロ”、”引き上げ”で検索したところ

terrorism1-1

 

こんな結果が。

ニュースの記事に関しては問題ないです。
しかし一緒に表示されている画像を見てください。

これ、このブログでも何度か触れていたエボラウイルスの画像なんですよ!!

これってもしかして

生物兵器を用いたテロが起きる

ってことですかぁ???

まぁこれに関してはたまたま間違えて表示されてしまっただけだとは思います(^^;
でも悪いことをする人達は、いろんなところにサインを仕掛けてきますからねぇ。

注意しておくに越したことは無いと思います。

しばらくはテロ関連の情報にも注意しておきましょうね。

本日もありがとうございました。

エボラ出血熱に関する続報

日記

以前から問題視していたエボラ出血熱ですが、最近ではだいぶ日本のマスコミでも取り上げられるようになってきましたね。
とは言え、まだそれほど大々的に扱われていないのが現状です。

そのためか世間一般にはあまりこのヤバさが伝わってきていないように思います。

あえて大きく報道しないように言われているんでしょうかね?

エボラ出血熱による死亡者数は依然増加中です

以前の記事にて8月15日時点で死亡者数が1145人とお伝えしましたが、その後も勢いは弱まっていないようです。

8月22日時点でWHOが発表したものによりますと

感染者と感染疑いの患者数 2615人

死亡者数 1427人 

とのことです。

1週間で300人近く感染による死者が増加したことになります。

感染の勢いは収まるどころか、さらに拍車がかかってきているような状況です。

もうこの状態では、完全にパンデミックと言ってもよいかと思われます。

コンゴでは別の種類のエボラウイルスが発生?

コンゴと言いますと、今回発生した西アフリカからは少し離れた場所なんですよね。

ebola4-1

 

このアフリカの地図でいくと、黄色く塗ったところが西アフリカでエボラ出血熱が発生している

ギニア、リベリア、シオラリオネ

の3国となります。

対して青く塗ったところが

コンゴ民主共和国

になります。

ここでもエボラ出血熱によると思われる感染症で、すでに13人の方が亡くなったとのことです。
場所も離れていますし、別のウイルスではないかと言われているようです。

しかしなんでこんなタイミングで、別の地域で同時に発生したのかはまったくもって謎です。
こちらのウイルスには、有効とされていた薬剤が効くかどうかもまだ分かりません。

西アフリカとは別ウイルスか コンゴで感染確認、死者2人 新たな流行の可能性 (2014.8.26 msn産経ニュース)

期待されていたZmappも有効とは限らないようです

アメリカ人の感染患者に投与して有効だったとされた

アメリカ発の未承認薬 Zmapp(ジーマップ)

ですが、どうも効かない場合もあるようです。

実際アフリカで感染した医師3人に対して投与を開始したようですが、一時良好な反応を示したものの、そのうちの1人は亡くなったそうです。

エボラ熱の未承認薬「Zmapp」投与のリベリア人医師が死亡 (2014.8.26 ハフィントンポスト)

ですから、大丈夫と言える状態になるまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

日本では

昨日は日本でも菅官房長官が日本の未承認薬を提供する用意があるなんてことを言っていました。
このブログでも先日日本発のエボラ治療薬があるかもしれないということで触れていた

富士フィルム傘下の富山化学工業が作った アビガン (ファビピラビル)

のことのようですね。

ただこちらも前回書いたとおり、あくまで

マウスで有効だった

というだけで、ヒトで同等の効果が示されるかは分かりませんからね。

そんな発表のせいか、昨日は富士フィルムの株価は上がっていたようですね(^^;

ebola4-2

 

今日はさすがに少々下落したようですが。
それでもこちらのブログを見て、先回りして株を買っていた方がいらっしゃたのならおめでとうございます。

自分はさすがに買っていないですけどね(^^)

あとはちゃんとその薬の効果が証明されればいいんですけどねー。
少なくともZMapp以上の効果が得られればよいですが。

 

というわけで、まだまだこのエボラ出血熱に関しては予断を許さない状況が続いていると思います。
幸い今のところは先進国への拡大はないようですが、いつそんなことが起きてもおかしくないです。
空路がこれだけ発達している世の中ですからね。
特にエボラウイルス自体潜伏期が長いので、無症状のうちに帰国して感染を拡大させるという可能性は十分にあるかと思います。

いつかそんなことが起きるかもしれませんが、絶対にパニックにならないようにしたいものです。
また今後日本でも情報統制される危険性がありますから、皆さんもその前に正しい知識をつけておいて、いざという時にも対処できるようにしましょうね。

本日もありがとうございました。

ページの先頭へ