先日地震が多発しているという記事を書きました。
ちょうど10日ほど前だったでしょうか。

その際は太平洋沿岸で大きな地震が多発していて、日本でも増えつつあるよと書きました。

しかしその後日本での地震の頻度はおさまるどころか、さらにひどくなっていたのでした。

地震の発生頻度を見てびっくりです

一昨日は関東地方でも大きめの地震があったので、気付かれた方も多かったかもしれませんね。

震源地は栃木県北部で

マグニチュード 5.2  最大震度 5弱

と比較的大きなものでした。

eq1-1

ここ最近は震度4ぐらいまでだったので、久しぶりに大きな地震でした。

そして昨日の早朝にも同じ震源を中心とする震度4の地震がありました。

気になったので、ここ最近の地震の発生を見てみたところ

eq1-2

前回記事を書いた8月25日以後も、毎日かなりの頻度で地震が発生していたのでした。
ここまでたくさん発生しているのは、これも久しぶりの気がします。

そして栃木県北部では、昨日の震度5弱の地震が発生後に群発している状態です。

しかし栃木県だけに限定というわけではなく

日向灘、茨城、千葉、日高、静岡

と、日本各地で地震が発生しているようなんです。

大きな地震が発生した後には、余震が発生するというのは理解できるんですが、そこらじゅうでこれだけ多発しているというのは、なんとなく嫌な予感がするんですがどうなんでしょうか?

気になって黒点も見てみましたが

太陽の黒点も不安定だということを書いていましたが、その記事を書いた後は少しずつ黒点数が増えた状態で落ち着いたかに見えていました。

しかし8月26日から黒点数は減少し、最近も100以下が続いていました。
9月2日には100以上になったので、増加に転じたのかなと思ったのですが、また9月3日には100を切ってしまっています。

eq1-3

こうやって見ると、まだなんだかやっぱり不安定な感じなんですよね。
これまでのパターンだと、一時的に減少してもすぐに増加して、増加した状態で安定することがほとんどでした。
しかしここ最近はそういう風で落ち着くことがないんですよね。

この黒点数の不安定さも、現在の地震の頻発に関係しているんでしょうか?

さらに太陽フレアはというと

いつも

黒点数が減少から増加に転じたときに、強力な太陽フレアが発生すると心配

といつも書いていますが、現状は言うと

eq1-4

昨日はM2.5の中規模フレアの発生がありましたが、それほどフレア活動が活発というわけではなさそうです。
でもCクラスのものはちょこちょこ発生しているようです。

 

以上からすると、太陽活動が完全に落ち着いているかと言えば、そうとも言えない状況です。
この分だと、まだMクラスの太陽フレアが発生することはあるかもしれません。

昨日発生したMクラスの太陽フレアも、たぶん地球に影響を及ぼすのは数日後ぐらいかと思います。
その頃までは、ちょっとまた注意が必要なのかもしれませんね。

地震だけでなく、火山活動も要注意

地震にも関係してくると思われるのが火山活動です。

実際アイスランドではバルダルブンガ火山が噴火の危険性が高いと警告が出ています。
またアメリカのイエローストーンも、噴火する兆候が見られるとしばらく前から報じられていますし。

もしこれらが大噴火でも起こそうものなら、世界中に大きな影響を及ぼすことは間違いないです。

地震だけでなく、世界的な動きにも注意していく必要がありそうです。
太陽活動とともにしばらく注視していく方がよいのかもしれません。

本日もありがとうございました。