最近大きなこともなかったのでちょっと注目していなかったのですが、また太陽活動が活発になってきているようですね。
今年は地震や噴火などいろいろありましたが、太陽活動に直結して発生したものかは正直分からないものが多かった気がします。
ですから、今回もそこまで心配はしなくても大丈夫なのかもしれませんが。

黒点数も増えたままの状態です

いつものように宇宙天気情報センターさんからの情報によりますと黒点数については、やや多めの状態が続いているようです
こちらがここ最近30日間の推移です。

ss1-1“Sunspot”というのが黒点の数なんですが、12月の初旬は100を切るぐらいが続いていたのですが、その後上昇。
12月11日からは黒点数が100以上の日が連続で続いています。

太陽フレアの大きめのが出現しました

最近は太陽フレアはあまり大きなものが出現していませんでした。
しかし昨日久しぶりにX級の大きなフレアが観測されています。

ここ数日間の太陽フレアはこちらです。

ss1-2フレアの発生頻度も結構増えています。
12月19日にはMクラスのものが2つ発生しています。
そしてその中で目立っているのが、昨日発生して赤色になっている

X1.8のフレア

です。

10月下旬にはXクラスのものが連続で出現することがありましたが、その時以来ですね。
今日になってもまだCクラスのものは頻発していますので、再びXクラスのものが発生する可能性もありそうです。

昨日時点でのフレアの写真はこんなだそうです。

ss1-3
こうやって見ていただくと、フレアがたくさん発生しているのがよく分かりますよね。

今のところは大丈夫そうですが

黒点数は多く、太陽フレアは頻発しているものの、いまのところは大きなことは起きていません。
地震も全く起きていない訳ではないですが、そんなに頻発しているわけではないですしね。

ただ

太陽フレアの影響が地球に直接及ぶのは、発生後数日してから

と言われています。
ですので、ここから数日間は一応警戒しておいた方がよいかもですね。

こんな寒い中で大きな地震でも起きてしまうと大変ですから、そうならないことを祈るばかりです。

また地震だけでなく、火山活動にも同様に注意した方がよいかもしれませんね。
噴火に関してもここ最近はあまり騒がれていませんが、油断は大敵ですからね。

とりあえず何事もなく年を越せるといいですが、何が起きても大丈夫なように準備だけはぜひしておきましょう。

本日もありがとうございました。