iCloudってご存知でしょうか?

iPhoneを持っている方ならきっと知っていることでしょう。
アップルが無償で提供しているクラウドサービスですね。

ic1-4

アップル製品を購入したりしてapple IDを持っていれば、簡単に使うことができるサービスです。

iPhoneとiPad、Macなどすべてでデータを共有できたりするので、非常に便利なサービスではあるんですけどね。

アップル製品が無くても、普通のブラウザからも

https://www.icloud.com

でアクセスできちゃいます。

これが現在問題になっているんです

クラウドサービス自体非常に便利ではあるんですけど、やっぱり注意は必要なんですよね。
いくらパスワードがかかっているからと言って、

ハッカーさんの手にかかれば、簡単にアクセスされてしまう危険性

もあるわけで。

そんな危惧があったんですが、実際つい先日大きな問題が発生しましたよね。

日本ではないんですが、アメリカでセレブの自分撮りのヌード写真が流出してしまうという事態が発生しました。

米女優などの写真流出、アップル「自社システムへの侵入ない」 (2014.9.3 ロイター)

ジェニファー・ローレンスやリアーナなどのプライベートで撮影したヌード写真が流出してしまったようです。

まぁ自分のiPhoneや携帯で自分の恥ずかしい写真を撮るというのもどうかとは思いますが(^^;
その行為はさて置いても、その写真をネット上に置いてしまうのは非常に危険な行為ですよね。
いくらセキュリティーがある程度保障されているとしても、何が起こるか分からないですからねぇ。

iCloud自体の脆弱性が原因ではないとAppleは声明を発表しているようですが、この先も絶対大丈夫かと言われればどうかは分かりません。
また普通にIDとパスワードが狙われれば、簡単にアクセスされてしまうリスクもありますからね。

特に

他のサイトとIDとパスワードを共通にしている

といった場合は危ないですよねー。

どこかのサイトでハッキングされてしまうと、他のすべてのサービスへのハッキングができるようになってしまいますから。

最近ではFacebookやTwitterでも同様のことは起きているようですし。
そのあたりの意識も高く持つ必要はあるかと思います。

iCloudを使っている人が変更するべき設定は

とは言え、まったくiCloudを使わなくなってしまうのももったいないですからねぇ。

とりあえずは

危険と思われる設定をしないようにする

これが重要かと思います。

一番よく使われていると思われるiPhoneでの設定について説明していきましょう。
現在利用している人も、再確認の意味も含めて見直してみてくださいね。

まずiCloudをどう変更するかと言いますと、iPhoneの“設定”から行きます。

ic1-1

この中に”iCloud”というのがありますよね。
これをタップすると

ic1-2

 

こんな風にいろんな設定項目が出てきます。
それぞれ自分のiPhoneのデータを同期するかどうかを決めることができます。

自分の場合は上のような設定にしています。

この中で特に危ないと思われるのは

①書類とデータ
②メール
③写真

といったところでしょうか。

連絡先も本当は”Off”にしておいた方がよいのかもしれませんね。

とにかく人に知られては困るようなプライベートなものや、個人情報が入っているデータについては

同期を”off”

にしておくことを絶対的に推奨します。

それから、下の方にある“ストレージとバックアップ”という項目ですが

ic1-3

 

この

iCloudバックアップ

という項目は要注意です。

確かにバックアップを取っておくのは、何かあった時のためには有用です。
しかも自動でしてくれるので便利そうではあるんですが、これも

データが全部クラウド上に置かれてしまう

ことになりますからねぇ。
こまめに自分のパソコンにつなげて、iTunesで同期してバックアップする方が絶対安全です。

デフォルトでどこまで同期するようになっていたかが分からないんですが、とりあえずは危険なものはネット上に置かないというのが鉄則ですね。
そして重要なデータについては、自分のパソコンのHDD等にバックアップを取っておくということです。

他のクラウドサービスも注意が必要でしょうね

今回はAppleのクラウドサービスが狙われたわけですが、それ以外にも

GoogleのGoogle Drive

MicrosoftのOneDrive

DropboxやSugarSync

なんかも同様に注意は必要かと思われます。

Dropboxも、以前はiPhoneをパソコンに接続すると、勝手に写真を同期させようとしたりしましたからねぇ。
危ないったらありゃしないです。
自分はすぐにoffにしましたが。

クラウドサービス自体は非常に便利ではあるんですが

とにかく危険性も認識したうえで利用する

ことが重要ということですね。

一度ネット上に広がってしまうと、もうなかったことにするのはほぼ100%不可能ですから。
最近はそういう危険性を認識せずに利用している人が増えていそうな気がしますから、(自分もそうかもしれませんが…。)十分に気を付けていきましょうね。

しかしなぜこのタイミングでこのニュースが出てきたんでしょうかね?
iPhone6発表間近のアップルにとって、この悪いニュースは非常に痛いはずなので。
敵陣営が仕組んだ陰謀だったりする???

本日もありがとうございました。