先週の日経平均は結構動きましたね。
これには北朝鮮の動向が大きく影響していたのでした。
実際には日本以外の相場にも波及はしていたんですけどね。

というわけで、まずは先週1週間の動きを振り返ってまいりましょう。

日経平均株価です

先週月曜日は、ドル円が少し戻していたことや、ジャクソンホール講演を乗り切ったことで、少し高い位置からのスタートとなりました。
しかし上昇するまでの勢いはなく、陰線にて終了。
そして問題は火曜日。
早朝から北朝鮮がやってくれましたよ、ミサイル発射です。
その影響で朝からドル円が一気に下落して108円台となりました。
それを受けて、日経もここ最近の安値を更新してスタート。
しかしそこからはさすがに売りの期間が長かったこともあってか、陽線で戻して終了しました。
続く水曜日はさらに続伸してほぼ月曜日の水準まで戻したのでした。
さらに木曜、金曜はここ最近の上値抵抗となっていた19,500円前後を一気に突破して上昇。
金曜日は陰線とはなりましたが、週で見ると陽線で1週間を終了しています。

9月1日の日経平均株価の終値は

19,691.47円 (前日比 +45.23円)

となっています。

チャートはこちら。

火曜日の時点ではこのまま崩れてしまうのかとも思われましたが、さすがに戻してきましたね。
ただしまだ窓を埋めたと言える程度であり、完全復活とは言えないところです。
ここからさらに上昇して20,000円台復活ができるのでしょうか?

アメリカの3指数です

日経は上下にやや大きめに動いていましたが、アメリカはというと実は堅調に上昇していたのでした。

ではまずはNYダウから見ていきましょう。

こちらもさすがに火曜日の北朝鮮ミサイル発射直後は安く始まりましたが、下落はせずに力強い陽線となりました。
以後はさらに続伸していき、8月中旬ぐらいの位置まで戻してきています。
なかなか強いですね。

続いてS&P500です。

こちらもNYダウに近い形状ではありますが、それよりも若干強い動きでした。
実際8月中旬の高値を超えて1週間を終了していますからね。
今後もしかしたら高値更新なんてこともあるかもしれません。

最後にナスダックです。

先週の時点で、息を吹き返してくるかもって言っていたNASDAQなんですが、本当にそうなりましたね!
水・木と大きく上昇し、金曜日には一時最高値を更新していたんです。
これにはちょっとびっくりしました。
ナスダック恐るべしですね。

しかしアメリカの先行指標となりやすいナスダックが高値更新してきたということは、まだまだ下落には向かいにくいかもですねぇ。
この分だとさらに続伸していってしまうかもしれません。
一体どこまで強いんだ、アメリカさんは。

ゴールドも力強いです

株価が上昇したのでゴールドは下落したかと思いきや、実際はそうではありませんでした。
チャートはこちら。

こちらも北朝鮮の影響で火曜日に大きく上昇しましたが、そこから下落して長い上髭を付けました。
これにて天井かと思われたのですが、木・金と続伸し、終値では金曜日に直近高値を更新してきました。
とうとう1,330ポイントですよ。
最近株価との逆相関が崩れることが多いんですが、この先いったいどうなるんでしょうかね?
多分どちらか崩れてくるとは思われるのですが…。

ドル円は上昇、原油は少し下落でした

北朝鮮問題はドル円にも大きく影響しました。
前述のとおり、火曜日には大きく下落して一時108円台となりました。
しかしそこからは落ち着きを取り戻し、週足では陽線となったのでした。

火曜日には一時直近安値を付けましたが、そこからは復活し、久しぶりの110円台で週を終えています。
ただまだ完全に復活してきたとは言い難く、まだどちらにも行きそうに見えてしまいます。

続いて原油です。

ここのところ下落基調から抜けらえれていない原油ですが、こちらも月~水までは下落しました。
しかし木曜日に少し大きめに戻し、なんとか47ドル台をキープといったところです。
こちらはまだまだ上昇には向かいにくいんでしょうかね。

週明けからの日経平均株価はどうなる?

というわけで、9月に本格突入する日経平均株価ですが、先週末終了時点では高値を保てていました。

9月1日のCME日経225先物終値は

19,700円 (ドル建て)

でした。

ほぼ日経の終値と変わらない値段ですね。

しかし問題は週末に起きたのでした。
もうご存知かとは思われますが

北朝鮮が核実験を行った

ってことですよ。

しかも以前行った核実験と比べて、生じた地震の大きさからするとパワーが強かったようですね。
これにはアメリカもかなり激怒しているのではないでしょうか。

半島問題がきな臭い状態となっていますので、ドル円も週明け早々再び下落する可能性は十分にありそうです。
そうなると日経平均株価も上に抜けられないかもしれません。

この状況だといつ戦争になってもおかしくないわけで、買いにいは行きにくいですよね。
なかなか難しい情勢が続きます。

下手をすればまた安値を更新していってしまう可能性もあり、しばらくは注意して見ていく必要がある気がします。
皆様も何かあったらすぐに逃げられるよう、気を付けて相場に臨んでくださいませ。

本日もありがとうございました。