ここ最近iPhone6ネタばかり書いてました(^^;

そんなことをしている間に、先週の日経平均株価はとうとう上へ抜けてきましたね。
思っていた以上に勢いがあって驚きましたよ。

メジャーSQが控えているので、どちらかに大きく動くかもしれないと先週予想していましたが、結局上に持ってきたというのが答えでしたね。

では先週の日経平均株価からおさらいをしていきましょう

先週は持合いからどちらに動くかと思っていましたが、結局木曜日に上に抜けてきましたね。
結局はこれも言っていた通り、ドル円に大きく影響を受けた形ですね。

木曜日には15,900円台をつけ、金曜日も崩れることなく終了しています。

9月12日の日経平均株価の終値は

15,948.29円 (前日比 +39.09円)

となっています。

こちらが日足チャートです。

chart2-1

 

木金と上に抜けているのがお分かりいただけるでしょうか?
こうやって見るとなかなか強くも見えますね。
ただ窓を開けての上昇ですから、次にまた窓を開けて上昇するようなことがあると、ちょっと危ないかもしれません。

ついでに週足チャートも掲載しておきましょう。

chart2-2

これを見ると、来るところまで来たかという感じですよねぇ。
それこそ昨年の6月の高値のラインまで来ました。

昨年末の高値までもう少しのところまできています。
これが三尊となるのか、年初来高値を更新して上に行くのか?

非常に興味があるところです。

続いてアメリカのチャートです

日経は絶好調で上げてきましたが、アメリカは先週は足踏みが続いた状態でした。
ではいつものようにNYダウから見ていきましょう

chart2-3

 

こちらはなんだか怪しげな雲行きですよね。
一瞬高値更新をしましたが、結局横の抵抗線を越えられずにやや下落しています。
まだ崩れてはいないですが、このまま上に行けないようだと、前回の安値辺りまでの下落はありうるかもしれません。

続いてS&P500です。

chart2-4

こちらはNYダウと比べると高値は更新していましたが、先週は上値を目指せずに下落しています。
持合いの範囲内ではありますが、前回の高値付近が抵抗になっているといったところでしょうか。
この辺りを切ってくるようだと、こちらも下へ行く可能性はあるかもです。
切り返してさらに上を目指せるのでしょうか?

最後にナスダックです。

chart2-5

この中では一番強いように見えますよね。

火曜日には一時的に高値を更新しましたが、その後はほぼ持合いの状態になっています。

火曜日と言えば、ちょうどAppleがiPhone6を発表した日ですよね。

Appleの新製品発表後に株価は下落する

ってのは、今回も正しかったのかもしれませんね。

しかしNASDAQ自体はまだまだ高値圏の持合いなので弱くは見えません。
ただここからさらに上に抜けて行くようなパワーが果たしてあるのかどうかです。

金の方はと言いますと

ゴールドに関しては、ちょっと前から残念なチャートになってしまったと言っていましたが、その後さらに崩れてしまっています。
1240ドル前後で下げ止まるかと思いきや、さらに下に抜けてしまいました。

チャートの方はこちらです

chart2-6

先週はその後も大きな下落が続き、とうとう1230ドル台まで下落してしまいました。
今日は少し戻しているようですが、まだ巻き返してくるには時間がかかりそうな感じです。

ついでに週足チャートを出しておきますと

chart2-7

こんな感じになっております。
前回安値を少し下に抜けてしまっています。

しかしこの週足を見て何か気づきませんか?

そうです

日経平均株価の週足の上下を逆にしたチャートに似ている

と思いませんか?

ちょうど昨年6月と12月の日経平均の高値付近を見ると、金が底値になっているのが分かりますよね。

だからもしかしたら

ゴールドが底値になる頃が日経平均株価の天井

となるのかもしれませんよ。

もちろん相関関係がいつまでも続くわけではないでしょうが、こちらも要注目だと思います。

週明けの日経平均株価はどうなる?

というわけで、明日9月16日からの日経平均株価ですが、まだドル円の影響を強く受けそうな感じですね。

今回もドル円のチャートも一緒に出しておきましょうかね。

chart2-8

まぁよくここまで上げたもんだなぁといった感じです。

前回の高値の105円台をあっさり更新して、さらに上に抜けて行ったのでした。
こちらもせっかくなんで、週足も出しておきましょうか。

chart2-9

こんな感じです。
見事持合いから上に抜けてきたというチャートになっていますよね。
しかし

ドル円が高値を更新している割には、日経平均株価は高値を更新していない

のですよね。

これが少々気になるところですけどね。
為替だけでは限界があるということが徐々に現れてきているのかもしれません。

そして本日は祝日で日本の市場はお休みでしたが、CMEでの日経平均株価先物は現在22時時点で

15,830円 (円建て)

となっています。

先週末の終値からは少々安いところとなっています。
ドル円も少し下落しているので、その影響があるのかもしれません。

あとは今晩のアメリカの動き次第ですかね。

それから気にしておいた方がよい指標として

9月12日時点で

騰落レシオ(25日)が131.37

まで上昇しています。

この辺りもちょっと警戒していった方がよいレベルに来ていますからね。

今後は

アメリカの株価の動き、ドル円の動き、金の動き

の3つに大きく影響されそうな気がします。
これらの見極めが非常に重要となるんじゃないでしょうかね。

今後それらの指標が大きく動き始めるようであれば、日経も天井を打つと予想されるため、一気に売りで良いんではないでしょうかね?
そんな日が日に日に近づいてきている気がしますがいかがでしょうか?

というわけで、基本的にいつも売り目線ではありますが、そろそろ大きく崩れる日が来るのではとちょっと期待しています(^^)
GPIFなどの介入も役に立たないぐらいの下落が。
まだすぐには来ないかもしれませんが、虎視眈々と狙ってみたいと思います。

本日もありがとうございました。