気が付けばもう8月に突入ですね。
この時期市場の参加者自体は減っているのかもしれませんが、相変わらず激しい動きが続いています。
というわけで、いつものように先週1週間のチャートを見ながらまいりましょう。

日経平均株価です

月曜日はやや安い位置から始まりましたが、そこから大きく上昇。
一時は金曜日の高値付近まで上昇し、大きな陽線で終了となりました。
そこから上に行くかとも思われましたが、火曜日はやや下げたところから始まって陰線で終了。
そして水曜日は窓を開けて下落して始まり、そこから先々週の金曜日の安値も切ってしまったのでした。
木曜日には、一時はさらに下落して16,000円を切る場面もありましたが、そこから戻して陽線で終了となりました。
GPIFや日銀などの買いで16,000円台を守ったというところなんでしょうか。
金曜日は少し上に行きかけましたが、結局押し戻されてほぼ変わらずで終了となっています。

8月5日の日経平均株価の終値は

16254.45円 (前日比 -0.44円)

となっています。

チャートはこちらです。

chart1-1

これだけ見ると水、木、金と下に向かってきた感じですよね。
でも木曜日に長めの下髭を付けていることもあり、ここから少し戻すかもしれませんね。
まぁその辺りはドル円とアメリカ次第だとは思われますが。

アメリカの3指数です

ここまで絶好調が続いているアメリカの株式市場ですが、先週下落に向かうかと思われたものの、逆に上昇して終わったのでした。
日本とは大きく違いますねぇ。

ではまずはNYダウから見ていきましょう。

chart1-2

月曜日から一貫して下げていましたが、水曜日からやや上昇に転じました。
そして金曜日、雇用統計の結果を受けて大きく上昇となったのでした。
最高値更新とまではいきませんでしたが、かなり大きく戻しています。
ここから再度高値トライをしていくのでしょうか?

続いてS&P500です。

chart1-3

こちらも横ばいが続いていて、一時下に行くかと思われましたが、何と金曜日には最高値を更新して終了しています。
NYダウより明らかに強いですね。
この分だとまだ上を目指すつもりなんでしょうか?

最後にナスダックです。

chart1-4

ずっと上昇が続いていたNASDAQですが、とうとうこちらも金曜日に高値を更新してきました。
これまでのナスダックの最高値が2000年に記録した4816.35ポイントですから、もうあと25ポイントのところまで来ています。
この分だと、今週中には最高値更新もあるかもしれません。

NYダウが唯一高値を超えられていませんが、この分だと時間の問題かもしれませんね。
S&P500、NASDAQともに好調が続いていますから。
突発的な出来事でも起こらない限りは、まだまだサマーラリーが続くことになるのかもです。

ゴールドはチョイ下落です

株価と逆相関関係になるはずのゴールドなんですが、こちらは先週は少し下落しています。
それでもよく粘っていますけどね。
チャートはこちら。

chart1-5

途中まで上昇基調に戻っていましたが、さすがに金曜日の株価上昇の影響を受けて下落しています。
それでもまだチャート的には崩れていませんからねぇ。
この先どっちが崩れてしまうのか?
非常に気になるところです。

ドル円、原油です

ドル円については、先週は再び下落となったのでした。
それで日経平均株価もさえなかったんですけどね。
チャートはこちらです。

chart1-6

先々週金曜日に大きく売り込まれましたが、その後大きく戻すことができず。
火曜日にはさらに下落してしまったのでした。
金曜日には少し戻してはいますが、それでも102円に届くかどうかというところです。
ドル円が大きく復活しない限りは、いくらアメリカが盛り上がっていても、日経の上昇は難しいのでしょうか。

続いて原油のチャートです。

chart1-7

ここまで一貫して下落していた原油ですが、今週は少しコツンと来た感じでしょうか。
火曜日に40ドルを切りましたが、水曜日には復活して金曜日には42ドル付近で終えています。
原油も上昇してくるようだと、これまでの動きからすると株価の上昇にも勢いが付くかもしれません。

週明けからの日経平均株価は?

というわけで、週明け8月8日からの日経平均株価ですが、まずはアメリカとドル円の影響を受けて高く始まりそうです。
先週金曜日のCME 日経225先物の終値は

16,440円 (ドル建て)

となっています。

日経の終値から200円近くも高いところですね。

というわけで、週明け早々は高く始まりそうな予感です。
ただここまで下落基調で来ていましたから、ここからその抵抗を破って上に行けるかどうかですね。
あとはドル円とアメリカ次第といったところでしょうか。

しかし日銀のETF買いを年間6兆円に増額ということで、その影響もあって上がりやすくなっているかもしれません。
少なくとも以前よりはさらに下に行きにくくなるかもです。
ただ強引に株価を上げようとし続けると、いつかどこかでしっぺ返しが来ると思われるのですが…。
まぁその辺りは気を付けて見ていくしかありませんかね。

日経も上に抜けていくことができるのかどうか、見ていくことと致しましょう。

本日もありがとうございました。