先週の日経は思いのほか強く、あれよあれよと言う間にかなり高いところまで上昇してきました。
先々週末からすると、実に800円以上の上昇です。
ギリシャ問題がとりあえずはいったん落ち着いたというのが大きいんでしょうけど。

それにしてもここんところは本当に荒れた相場が続いているなって感じです。

では、まずは先週1週間の相場の動きを振り返っていくことといたしましょう。

日経平均株価からです

いつものように日経平均株価からです。

先々週は19,800円台となっていましたが、週明けは少し高い位置からスタート。
そこから一旦は戻されるかと思いましたが、そんなことはなく一気に上昇して20,000円を越えていきました。
火曜日には大きく窓を空けて20,300円台まで上昇。
その後の3日間も下髭を付けながらも連日の上昇となりました。

7月17日の日経平均株価の終値は

20,650.92円 (前日比 +50.80円)

となっています。

チャートはこちらです。

chart3-1

なかなか激しいチャートとなっていますよね(^^;
先々週木曜日に一気に上昇した後、その勢いを受け継いで上昇した感じとなっています。
しかし窓を開けたりして、かなり強引に上昇している感もあるので、少々息切れ気味かもと見えてしまいます。
20,600円前後は以前もしばらく停滞していたところですが、ここから一気に上に抜けれるかどうか。
もし下落してくるようだと

三尊完成

って可能性も無きにしも非ず。

ここからの動きは要注目ですね。

アメリカの3指数です

続いてはアメリカの方を見ていきましょう。
アメリカも基本的には日本同様に上昇となりました。

ではいつものようにNYダウからです。

chart3-2NYダウも良く戻してきましたよね。
一度は崩れたかに見えましたが、結局はボックス圏内での動きのようにも見えてしまいます。
ここから最高値を目指していくのかどうかですね。

続いてS&P500です。

chart3-3S&P500は基本的にはこれまでも言っているようにNYダウに近いチャートですよね。
ただこちらの方が最高値に近い位置まで来ています。
こちらもこのまま上に抜けて行くのかどうかというところです。

最後にナスダックです。

chart3-4NASDAQはまさかの高値更新と来ましたよ。
木曜日に窓を空けて高値を更新し、金曜日もさらに上昇して完全に上に抜けてきました。
3指数の中ではナスダックが明らかに強いです。
この先どこまで上昇するのやら。

というわけで、アメリカは下落から一気に持ち直してきました。
特にナスダックは高値を更新してきています。
これまでにも言っているように

ナスダックは先行指標

となっていますので、もしかしたらこの先も株高は続くことになるのかもしれません。

対するゴールドはというと

先々週株価が大きく下落していたにもかかわらず、ほとんど上昇とはならなかったゴールドですが、先週はさらなる下落となったのでした。
上昇しなかったのはそういうことだったのかもしれませんね。
チャートはこちらです。

chart3-5

こちらはまさかの安値を更新してきたのでした。
この結果には少々驚きです。
ついでに月足チャートも出しておきますと

chart3-6うーんっていう感じっですよね。
ここでギリギリ踏ん張れるのか、そうでないと

1,000ドル前後までの下落

は避けられないかもしれません。
この先の株価の動き同様に、こちらもどうなるのか注意が必要となりそうです。

週明けからの日経はどうなる?

というわけで、週明けからの日経ですが、この先もアメリカの株価の動きの影響を受けそうですね。

ちなみに先週金曜日のCME日経225先物の終値は

20,745円 (ドル建て)

となっています。

日経の終値からは100円近く高い位置ですね。

そして株価にも大きな影響を与えるドル円のチャートは言うと

chart3-7こちらも株価同様に上昇を続けてきています。
124円前後の抵抗付近まで戻してきましたが、ここから上に行くかどうかですね。

というわけで、週明けからの相場ですが、この分だと、もしかしたらまさかの

高値更新を目指していく

という可能性もありそうです。

先ほども触れたように

ナスダックとゴールドの動き

からは、あっても全然おかしくないですよね。

ギリシャ問題もなんとなく収束した感じですし、中国の暴落問題もなんとか落ち着いているようですし。
この機に上昇を目指すつもりなのかもしれません。

ただまたいつ上記の問題がぶり返してきてもおかしくはないですからねぇ。
しかも最近は安保問題なんかで安倍政権の支持率が急降下していることもあり、政局が不安定な感じもありますし。

いろいろ不安定な状況ではありますが、この先どんな動きを演じるのか注目していこうと思います。

本日もありがとうございました。