先週の日経平均株価も、どちらかというとはっきりしない動きが続いた1週間でした。
月曜日は休みでしたが、火曜日以後も方向感ははっきりせずでした。

というわけで、先週1週間の動きをチャートともに振り返ってまいりましょう。

日経平均株価です

前述のとおり、先週の月曜日は日本は祝日でお休みでした。
しかし海外市況の影響を受けて火曜日には上昇して開始となりました。
水曜日は続伸するかに見えましたが、結局は陰線にて終了。
木曜日も続落となりました。
しかし金曜日は薄商いながらもなんとか上昇し、17,000円をキープして終了となりました。

3月25日の日経平均株価の終値は

17,002.75円 (前日比 +110.42円)

にて終了となっています。

チャートの方はこちらです。

chart4-1今までの値幅に比べると、だいぶ動きが小さくなってきています。
チャートだけ見ると、ずいぶん煮詰まってきているようにも見えてしまいますが、どうなんでしょうか?
ここから大きくどちらかに振ってくるのかどうかですね。

アメリカの3指数です

アメリカの方は金曜日がお休みとなっていました。
なので日本同様に4日間の立ち合いでした。

しかし続伸したかというとそうでもなく、やはり抵抗付近で跳ね返されたような感じです。

それではNYダウから見ていきましょう。

chart4-2

月曜日こそ続伸しましたが、火・水と久しぶりの陰線となりました。
木曜日も下落するかと思われましたが、下髭を付けて陽線で終了しています。
ここらで一服なのかも知れませんが、ここから高値を超えていくことはできるのでしょうか?

続いてS&P500です。

chart4-3

こちらはいつも通りNYダウに近いチャート形状となっています。
しかし火曜日まで陽線で、その火曜日が最高値となっています。
こちらもいいところまで戻してきている気がしますが、どうなんでしょうか。

最後にナスダックです。

chart4-4

NASDAQの方も基本的には同じような動きとなっています。
しかし他の2つよりは動きの大きさが小さめでしょうかね。
まだこちらは戻りが弱い状態は続いていますが、以前のところまで戻してこれるのかどうか。
一時は前回安値を更新していたことからすると、ナスダックの方は分が悪い気がしますが…。

ゴールドは下げてきました

先々週まで勢いを保っていたゴールドですが、先週は下落してきたのでした。
チャートはこちらです。

chart4-5

あんなに強かったのに、どうしちゃったんでしょう?
辛うじて1,220ドル台をキープしています。
もしこの先1,200ドルを切ってくるようだと、また大きく下落してしまう可能性もないとは言えません。
ゴールドが下がってくるようだと、株価はさらに上がるのか???

週明けからの日経平均株価は

週明けからの日経平均株価ですが、金曜日は海外がお休みだったこともあり、大きく変わらずのスタートとなりそうです。
あとは株価に大きく影響するドル円ですが

chart4-6

このようにだいぶ戻しては来ています。
114円ぐらいまでは戻せるんでしょうかね?
しかし下値は切り下げてきていますので、再び大きく下落することもないとは言えません。
この先上昇が続くとはいいがたいところですね。

それからもう一つ、最近注目している原油相場ですが

chart4-7

こちらもアメリカの株価に近い形で、水曜日を高値に下落となっています。
金曜日は長めの下髭をつけてはいますけどね。
40ドル台まで戻してきましたが、まだ上げ続けられるのかどうかですね。
そろそろこちらも厳しくなってきた気がしますけど。

 

週明け早々日経は権利取りが発生します。
ここでどれだけ買いが入るかですね。
それからGPIFとしては、年度末の株価が評価額に影響しますので、何としても上げてきたいところでしょう。
ということで、4月に入るまでは大きな下落はないんじゃないかなと予想しています。
また4月に入ったら入ったで、新たな買いも入ってきそうですし。

週明けからしばらくは、まだまだ硬直状態が続くかもしれません。
しかし外人さんは結構売り越してきているのが気になるところですね。
この先どこかで大きな下落が生じるかもしれませんので、何分注意することは忘れないほうが良いかもです。

本日もありがとうございました。