今日は昨日も書いたように衆議院議員選挙の日ですね。
本日投開票とのことで、明日の朝までには結果は出ていることかと思われます。

事前の予想では自民党が大勝利とのことですが、果たしてどうなるのでしょうか?

 

日経平均株価については先週頭までは上昇を続けていましたが、その後予想外に下落。

PKOでも支えきれなかった

ってことなんでしょうかね。
まぁメジャーSQもあるので、波乱が起こる可能性もあったのですが、思っていた以上に下落して終わったのでした。

ということで、チャートを見ながらまずは先週1週間を振り返ってみましょう。

日経平均株価は

先週月曜日には18,000円をつけて始まりましたが、結局終わってみれば随分下落して1週間が終了となりました。

チャートはこちらです。

chart4-1

月曜日が高値となって、随分と下落しました。
特に水曜日には窓を空けて下落し、木曜日には一時17,000円付近まで安くなったのでした。
そこからは盛り返しましたが、金曜日も終わり間際には売り込まれて、長めの上髭をつけて終了となっています。

12月12日金曜日の日経平均株価の終値は

17,371.58円 (前日比 +114.18円)

となっています。

一応陽線では終わっていますが、少々心もとない結果ですね。

ちょうど17,300円前後には抵抗がありますが、ここで持ちこたえられるかどうかが勝負でしょうかね。
ここから下落していくと

以前の高値の16,400円前後

を目指すことになるかもしれません。

アメリカはどうかというと

日経平均が下がったのは、アメリカの株価下落も影響していたものと思われます。
ということで、いつものようにアメリカの3指標を見ていくことといたしましょう。

まずはNYダウからです。

chart4-2なかなかの下げっぷりですよね。
火曜日に長めの下髭を付けたので盛り返すかと思ったのですが、そこからさらに下落していきました。
金曜日も大きく下落しています。

こちもこの辺りで止まることができるかが重要でしょうね。
切って行ってしまうと、前回安値ぐらいまで節がありませんからね。

続いてS&P500です。

chart4-3こちらもNYダウとよく似たチャートになっていますよね。
金曜日も同様に大きく下げており、この辺りで持ちこたえられるかがポイントとなりそうです。

最後にナスダックです。

chart4-4

他の2つと比べると下落はそれ程ではないかもしれませんが、2日続けて長めの上髭をつけています。
もうちょっと下あたりに抵抗はありそうですが、こちらもそこで耐えきれるかどうかがポイントとなりそうです。

実はヒンデンブルグオーメンが出現していたのでした

ちょっと前からまた出るんじゃないかと思っていたのですが、実はもうすでに出ていたんですね。
そうです

今年3度目のヒンデンブルグオーメン

が。

自分も見落としていたんですが、実は

12月2日にはサインが点灯

していたようなんです。
それが出たということもあって、アメリカは大きく下落しているのかもしれませんね。

ヒンデンブルグオーメンって何?って方には、以前ヒンデンブルグオーメンについて解説したところを読んでいただければと思います。

ちなみに

前回は5%以上下落

しましたが、クラッシュにはなりませんでしたからね。
(ちょうどチャートで10月に大きく下落したところがそうですね)

今回は果たしてどのような結果が待っているのか???

ちなみに年明けぐらいまでこのサインは有効ですから、それまでに大きなことが起こる可能性はあるかもです。

いつものゴールドはというと

株価は大きく動いていましたが、ゴールドについては実はそれほど激しくは動いていなかったのでした。
チャートはこちらです。

chart4-5

火曜日に大きく上げて、これまでのところ上昇基調は続いています。
このままいけば前回高値ぐらいまでは期待できるかもしれません。

あとは株価がどう動くかですね。
いつも言っているように、株価とゴールドは多くは逆相関関係になりますからね。

こちらはまだまだ要注目であります。

週明けからの日経平均株価は?

ということで、肝心の週明けからの日経平均株価ですね。
こちらについては、本日の衆議院議員選挙の結果も大きく影響することと思われます。

普通に考えれば

自民党大勝となれば、アベノミクス継続で株高が続く

となりそうではありますが、どうなるでしょうか。

ちなみに株価にも大きく影響を及ぼすドル円の方はと言いますと

chart4-6

このように先週は株価同様に大きく売り込まれました。
しかしこちらはまだ崩れた様子はありません。
少し円高傾向にはなりましたが、この先どうなるかですね。

そしてもう一つ気になる指標が。
それは以前も少し触れた

原油の価格

です。

実はこれがその後も大きく崩れているんですよね。
チャートはこちらです。

chart4-7日足チャートですが、すごい勢いで崩れてきていますよね。
とうとう60ドルを割ってきました。

ちなみに月足チャートも出しますと

chart4-8ムムムッ

って感じでしょ。

この分だと50ドル前後までの下落はありそうです。
場合によっては、リーマンショックの時のように30ドル台まで下落することもあるかもです。

ということで、選挙結果によっては目先一時的に株高になるかもしれませんが、全体的にみると非常に危ない気がします。
場合によっては

リーマンショックの再来!!

ってことがあり得るかもです。

ヒンデンブルグオーメンの出現、原油の大きな下落と、リーマンショックの時と類似した状況になっていますので、この先少々注意は必要かと思われます。

個人的には、高いところがあればまたプットでも仕込んでみよっかなぁって考え中です(^^)

本日もありがとうございました。