月曜日から世界の相場は大荒れとなっていますね。

週末書いていた通りに、週明け早々19,000円の攻防から始まりました。
しかしその後中国の影響などを受けて、あっさりと下へ行ってしまいました。

まぁ18,800円前後まではあるかと思っていましたが、そこをも簡単に突破。
そして8月24日の終値は

18,540.68円 (前日比 -895.15円)

でした。

この結果には少々びっくりしました。

夕方からもすごかったです

日経の取引時間が終了してからも、上海総合指数は下落を続け、終わってみれば

3209.91ポイント (前日比 -297.84ポイント (-8.47%))

と、大幅な下落となったのでした。

8%の下落なんて恐ろしいですよね。
日経でいうと1,600円ぐらいの下落ということですから。

その影響やドル円の激しい動きを受けて、昨日の日経225先物の夕場は大荒れとなりました。

chart5-1

こちらがその5分足チャートですが、16:30に18,400円前後で始まったのが、その後みるみる下落。
18,000円ぐらいで止まるかと思いきや、21時過ぎからさらに加速度を付けて下落。
そしてNYダウが始まる22:30頃には、なんと

17,200円

まで下落したのでした。

数時間で1,200円の下落

ですから。
信じられません。

ちょうどこれをリアルタイムで見ていたのですが、ほんと恐ろしい光景でした(^^;;;
一体どうなってしまうんだと。

ただそこからは急速に戻して、一時は18,300円前後まで上昇。
最終的には17,800円前後で引けたのでした。

ドル円も激しかったんです

ちょうどこの日経平均先物が大きく変動しているとき、ドル円も非常に激しい動きを演じていたのでした。

こちらも先物同様に5分足チャートを出しますと

chart5-2

16:30には1ドル121円前後だったのが、21時頃には120円を切るところまで下落。

その後の22:30直前には

5分間に2円以上の下落

を見せたのでした。

もうこれ、完全に狂っていますよね。
ロスカットなんかを巻き込んで、一気に下落したんでしょう。
これもリアルタイムで見ていて、胃のあたりがぐっと苦しくなる感じがしましたから(^^;

こんなところで勝負していたら、簡単に逝けてしまうでしょうね。
幸い自分はFXに手を出していなかったので良かったですが…。

NYダウも大荒れでした

そしてこの下落付近で始まったNYダウですが、こちらも開始早々大荒れとなりました。
こちらも5分足チャートを出しましょう。

chart5-3先週末は16,400ドル台で終わっていたものが、始値は15,551ドルと900ドル程度下落。
その後さらに下落し、一時は

前日比 -1,000ドル

を超えたのでした。

これはヤバいとみんな思ったんでしょうが、そこから急激な回復を見せました。
終わってみれば

前日比 588.4ドル安の15,871.35ドル

にて終了となりました。

戻したとはいえ、-600ドル近くですから、大幅下落といえますよね。
しかし本当に値幅が激しくて恐ろしいです。

今日の日経も大荒れでした

そしてそれを引き継ぐようにして始まった日経も大荒れとなりました。

せっかくなんで本日の5分足チャートもお出ししましょう。

chart5-4開始から300円近く窓を開けて下落しましたが、その後も下落を続け、一時は17,800円前後に。
その後は円安に戻したこともあって、一気に上昇となりました。
一時は前日比プラス圏の18,800円付近まで到達しました。

これでやれやれかと思いきや、午後に入ると再び下落となり、終わってみれば

17,806.70円 (前日比 -733.98円)

という結果でした。

ほぼ行ってこいですね。
本当に相場が弱いことを実感できる一日でした。

日足で見てみますと

chart5-5おっそろしいチャートですよね。
しかも

一日の値幅が1,000円以上

って、一体どうなっているんでしょうか。

このチャートだけを見ると、まだまだ下がありそうな気がしてしまいますね。
しかしここ1週間でかなり下落しました。
実に

下落幅は2,700円以上

ですから。

ここからの日経はどうなる?

ここまで振り返ってきたように、週明け2日間は本当に大荒れとなっています。
不安も募るばかり。

しかし前の記事でも触れたように、日足ではすでに-3σを大きく超えていますし

週足でもとうとう-3σまで到達

しました。

これは少々スピード違反ですね。

そう考えると、この先少しは反発するのではと思いますがいかがでしょうか?
ただ目先はまだ下に行く気満々にも見えてしまいますので、十分な注意は必要でしょうね。
そして値幅が半端なく大きいので、あまり無理はしないほうがよさそうです。

それからこれまで上昇してきていたゴールドですが

昨日、今日はやや下落

となっています。

そういうことからも、そろそろ一旦は転換するんじゃないかなぁと思いますけどね。

ただし、もし上昇してきたとしても

戻したところは売り

というスタンスで臨むほうが良いのではと考えています。
完全にいろんなチャートが崩れてしまってますからね。

いつ本格的な戻しに入るのか、非常に気になるところですが、いろいろなものを注意して見守っていくことといたしましょう。

本日もありがとうございました。