ここ最近フォルクスワーゲン問題を何度か取り上げていますが、スキャンダルはさらに拡大してきています。
まさかこのタイミングでいろいろ出てくるとは、こちらも少々驚きですが…。

ガソリンエンジン搭載車も対象となりました

これまでは

ディーゼルエンジンの不正プログラム

ということで取り上げられてきていました。

しかし、今回発表されたのは

ガソリンエンジンの排ガス中のCO2排出量を示すデータにも不正があった

というものです。

こちらは不正プログラムによるものかどうかはまだ詳細がわかりませんが

二酸化炭素の排出量と燃費に関しては、公表されていたデータを下回る

とのことみたいです。

 

これまでドイツで対象車が80万台と言われていましたが、そのうちの1割以上に当たる

98,000台

が、ガソリンエンジンを搭載した車になるとのことです。

現在分かっている段階では、対象となるガソリン車は

1,400ccエンジンのVW ポロやAudi A1

などとのことです。

polo1audi2

VW:不正、広範囲に…CO2排出量・燃費、ガソリン車も (2015.11.4 毎日新聞)

さらに被害が広がる可能性も

今回のフォルクスワーゲン問題ですが、とうとうガソリン車にまで及んできました。
これまではディーゼル車がより普及しているヨーロッパでの影響が大きいのではと考えられていました。
しかしガソリン車まで不正があったとなってくると、海外に輸出した自動車もかなり対象になってくる可能性が出てきました。

当然日本へもかなりの台数のガソリンエンジン車がドイツから輸入されています。
そうすると、今回発覚した不正問題の対象となる自動車が多く含まれることになるのではないでしょうか。

そしてその際に問題になるかもしれないのが

エコカー減税対象がどうなるか?

ということがあります。

eco1

これまでは日本でも排出ガス性能と燃費によってエコカー減税が得られていました。
しかしこれまでの値が正しくなかったということになると

本来はエコカー減税対象でない車種も含まれていた!

ということが発生する可能性が出てきます。

そうなった場合に、ユーザーがその分を払うのか、はたまたメーカーが払うことになるのか。
今後いろんな問題が起きてきそうな予感です。

当然この問題は、日本だけでなく

アメリカでも訴訟になる

ことが十分に考えられるわけで。

現在フォルクスワーゲンがリコール費用などで見積もっている代金で、今後すべての問題がおさまるのかというと、少々疑問な気がします。
今後リコールや訴訟費用がかさむことになると、本当にフォルクスワーゲンは危ないことになるかもしれません。

まさかドイツメーカーが!?という衝撃も

しかしCO2排出量や燃費に関してまで不正をしていたというのには、正直ちょっとビックリしました。

まさかドイツのメーカーがそんなことをするとはねぇ

という感じで。

2012年には

韓国のヒュンダイと起亜自動車が燃費性能を誇大表示していた

として問題になりました。

この時もアメリカでは補償や訴訟、制裁金でかなり痛手を負っていました。

まぁ韓国ならば多少不正するのもありそうな気もしちゃいますが、ドイツまで同じことをしていたとなるとちょっと残念ですね。
この問題のあとは韓国メーカーの車の売り上げもかなり落ち込んだようです。

今回の不正問題がどんどん明るみに出てくるほど、ドイツの自動車メーカーに対する信頼も低下していきそうな予感です。
当然売り上げがさらに落ち込めば、本当にフォルクスワーゲンはヤバいことになるかもしれません。
この問題は果たしていつ終息していくのでしょうか?

本日もありがとうございました。