先日何気に歩道を歩いていて、ふと気づいたこと。

そういえば歩行者用信号の音って、視覚障害者の人はどうやって見分けているんだろう?

歩行者用の信号機から音が出てるの、ご存知ですよね?
「カッコー」とか「ピヨピヨ」とかの音がしているものです。
音楽バージョンだと「とおりゃんせ」や「故郷の空」なんか時々耳にしますよね。

で、あれは信号が見えている人にとっては何ら問題ないんですが、見えていない人はどっちの信号から鳴っている音かって判断できるのかなぁって。

まぁ聞こえてくる方向が違うから分かるだろうということかもしれませんけど。

よくよく聞いていると、直行する信号では鳴る音はちゃんと違っているんですよね。
皆さん気付いてました?

signal.jpg

例えば片方の信号機が「カッコー」なら、次に青になる信号機は「ピヨピヨ」が鳴るんですね。
言われてみればそうかもって感じですかね。

そこで気になったので、いろいろ調べてみました。

すると、実はちゃんと決まってるんですねぇ、びっくりしました。

「カッコー」は東西 or 太い道路を横断する側の信号機
「ピヨピヨ」は南北 or 細い道路を横断する側の信号機

だそうです。

実際自分の近くの信号機も東西&太い道路を横断する側の信号機は確かに「カッコー」が鳴ってました。
ちょっと「おー!!」って一人で感動してしまいました(笑)

というわけで、生活に直接役立つ知識ではないですが、雑学としてご参考までに。

本日もありがとうございました。