この話題もしばらく間が空いてしまいました。
ついついいろいろ書きたいことがあって、どこまで書いたのか忘れてしまうんですよね~。
まだ途中かけになっている記事がたくさんありそうでちょっとやばい(^^;

今回はWordPressが無事インストールされた後に進めていくことを説明していきます。

データの移行について

これまで無料ブログで多数記事を書いてきていたとすると、やっぱりその資産を移行したいですよね?
ただいろいろ調べてみると

データは移行しない方がいい!!

なんて記載もちょこちょこ見かけます。

実際のところ、データは移行せずに新たに一から書き始めたほうが結果的には良いような気がします。
その理由は後日気が付くことになるんですけどね~。

詳細はまた別の機会にお話ししていきます。
(そう言っていていて、またまた忘れてしまいそうなんですけど…。)

実際の方法(Seesaaブログからの移行の場合)

最近の無料ブログには、これまでの自分の記事を簡単に移行する方法を備えているところが多いようです。
自分はSeesaaブログを利用させてもらっていましたが、こちらも簡単に移行が可能でした。
その方法について説明していきますね。

まず自分のブログにログインしてもらい、“設定”をクリックします。
その中の”その他”の中から“エクスポート”というのを選択します。

move2

するとこんな画面が出てきます。
そこで抽出したい記事の期間と、コメントやトラックバックを含めるかどうかなどを選択します。
文字コードについては最初から選択されている“UTF-8”のままでOKです。

そして出力されたlogファイルは、自分の分かるところに保存しておいてください。

注) 過去の記事がたくさんある場合、出力されたlogファイルの大きさが2MB以下になるように期間を調整してください。logファイルは複数になってもOKです。

WordPressへのインポート

WordPressにログインして、左のサイドバーの“ツール”>”インポート”と選ぶと以下の画面が出てきます。

move3

そしたらここで“Movable Type and Typepad”というツールをクリックします。

すると次のような画面に移行します。

move4

ここでSeesaaブログでエクスポートして保存しておいたログファイルを①に入力します。
(ボックスをクリックするとエクスプローラーが開くので、それでファイルを選択すればOKです。)
ただし、上記の注意点でも書きましたが、記載されているように取り込めるlogファイルの最大容量が2MBなので、たくさん記事がある場合には複数回に分割して取り込むことになります。

move5

投稿者の名前を変更するかを聞かれますが、特に変更なければそのままで“submit”をクリック。

以上で取り込みは完了となります。
一応これで記事は無事に表示されるようになるかと思います。

ただし注意点あり

①記事の表示のされ方が違う

取り込みはこれでよいんですが、よくよく見てみると若干表示が違ってしまうんですね。

具体的には

記事中の複数の改行が反映されていない

ってことなんです。

見た目にこだわって行間を調整するように記事を作っていた場合にはちょっとショックかもしれません。
ただこれはWordPressの仕様でもあるようで、なかなか良い解決法がないみたいです。

②画像ファイルの移行

画像ファイルの挿入については

move6

左サイドバーの“メディア”>”新規追加”で上のような画面が出ます。
そこで移行したい画像ファイルをドラッグ&ドロップでOKです。

しかし、実は記事を移行するだけで埋め込んでいた画像も表示されちゃうんです。
というのも、記事中の画像ファイルのリンクはそのままになっているからなんです。

どういうことかと言いますと、記事中のリンクはSeesaaブログ上の画像ファイルのままになっているため、Seesaaブログ上の画像を引っ張ってきて表示しているわけです。

なので自分のサーバーに画像データを移行した場合、移行してきた画像に新たなリンクの紐付けをしないといけなくなってしまいます。
記事の数が少ない場合には苦労は少ないですが、記事がたくさんあって画像もたくさんという場合にはちょっと苦労します。
当然サムネイルの画像も必要になりますからね。

ですからSeesaaブログ自体を完全に閉鎖しないのであれば、画像ファイルを置いたままとしてリンクもそのままというのも一つの方法かもしれません。
ただSeesaaブログ自体を閉じる場合には、画像ファイルとリンクの変更は必須となります。

また自分のサーバーには画像ファイルを置きたくない場合、画像共有サービス上に画像ファイルを置いて、そこにリンクを張るのもいいかもしれませんね。
今後またブログを移行する際にも共有サービスさえ生きていれば、リンクも生きてくれますから。

というわけで、記事の移行に関しては比較的簡単にできてしまいます。

ただし上記に書いた①②がネックになってきますので、そこら辺りはこだわった場合には時間が必要になるかもしれません。

本日もありがとうございました。