先週の日経は、先々週に引き続いてどちらともつかない動きが続きました。
一瞬上に抜けるかという時もあったのですが。

というわけで、まずは先週1週間の動きから振り返ってまいりましょう。

日経平均株価です

先週月曜日は少々高い値段からスタートとなりました。
しかしそこから上昇はできずに陰線にて終了。
続く火曜日は同値付近から始まりましたが、久しぶりに大きめの陽線を付けてきました。
そのまま高値を更新していくかと思われましたが、水曜日には少し下げたところから開始。
その後上昇はしたものの、それほど勢いなくはらみ線となりました。
そして木曜日、この日は朝から勢いがあり、最高値を更新してスタート。
そこから一気に行くかとも思われましたあ、意外と勢いがなく失速。
そのまま大きな陰線となってしまって、ほぼ前日と同水準で取引を終えました。
金曜日もどちらに行くでもないといった感じで、1週間を終了しています。

1月19日の日経平均株価の終値は

23,808.06円 (前日比 +44.69円)

となっています。

チャートはこちら。

木曜日に一瞬だけ直近高値を超えましたが、そこからは押し戻されてしまいました。
とはいえ、まだ下落するような感じにも見受けられず、この分だと上に抜けるのも時間の問題でしょうか?

アメリカの3指数です

先週の日経は変わらずの停滞状態でしたが、アメリカはというと、またそうでもなかったんですねぇ。

ではいつものようにNYダウから見ていきましょう。

こちらは先週も高値を更新してきています。
さすがに金曜日は少し下げてはいますが、まだまだ勢いはある感じですね。

続いてS&P500です。

いつもどおりNYダウに近い形状ではありますが、こちらは金曜日に最高値を更新してきています。
ダウよりもS&P500の方が勢いはあるかもしれません。
しかし強いですねぇ。

最後にナスダックです。

NASDAQの方も、S&P500同様に金曜日に最高値を更新しています。
こちらも崩れる気配はほとんど見受けられませんね。

アメリカに関しては、まだまだ強い状態が続いています。
そろそろ一息入れるかもしれませんが、一体どこまで上昇させるつもりなのでしょうか。
これだけ上げてきていると、その反動がちょっと怖いところではありますが…。

ゴールドも一服でした

ここまでV字回復をしてきたゴールドですが、さすがに先週は少しお休みとなりました。
チャートはこちら。

まぁそれでもまだ高い位置はキープしております。
上昇傾向も変わっていませんし。
株価がどうなるかによっても今後影響を受けるかもしれませんね。

ドル円は下落、原油は変わらずでした

日経が先週今一つ上昇できなかったのは、ドル円の影響もあったものと思われます。
実際のドル円の動きはと言いますと

このとおりで、結構下げてきていたんですよ。
月曜日の時点で、とうとう節目の111円を切ってきてしまいました。
水曜日には少し戻す場面もありましたが、結局110円台で終了となっています。
こちらが上昇しない限りは、日経の上昇もなかなか難しいのかもしれませんね。

続いて原油です。

こちらもさすがに少々下落しましたが、大きな下落は見られていません。
ほぼ先週のところをキープしている感じです。
ここらを抜けると、また急激な上昇があるかもしれませんが、どうでしょうかね。

週明けからの日経平均株価はどうなる

というわけで、週明け以後の日経平均株価ですが、とりあえず月曜日は少しだけ高い位置から始まりそうです。
アメリカが上げた影響でしょうか。

先週金曜日のCME日経225先物の終値は

23,860円 (ドル建て)

となっています。

日経の金曜日の終値より60円ほど高い位置ですね。

ただ実際にここから上昇できるかのカギを握るのは、なんといってもドル円の動きでしょうね。
ここ最近下落傾向となっているため、こちらがスカッと上昇できないようだと、日経の上昇も難しそうな気がします。

下値は堅そうだし、まだ上を目指しそうな気はしますが、今後はドル円がしっかりするかどうかにかかってきそうです。
そのあたりを注目していく1週間となりそうですね。

本日もありがとうございました。