ここ最近本業がちょこっと忙しくて、更新をサボってました。
すみません。

そうこうしているうちに、気が付けば日経は大きく上に抜けてきましたね。
確かにアメリカが続伸していたので、やはり日経も追随してきたという感じでしょうか?

というわけで、いつものようにチャートを見ながら先週の動きを振り返ってまいりましょう。

日経平均株価です

先々週に20,500円を超えてきてからというもの、勢いは増すばかり。
先週月曜日は休みでしたが、休み明けの火曜日は窓を開けることなくスタート。
その後グイっと上昇し、早速高値を更新してきたのでした。
続く水曜日も続伸し、木曜日には20,900円台まで到達しました。
そして金曜日、スタートこそほぼ変わらずでしたが、そこから一気に上昇して21,000円台に乗せてきました。
以後ダレることなくさらに続伸し、終わってみれば大きな陽線で終了となりました。

10月13日の日経平均株価の終値は

21,155.18円 (前日比 +200.46円)

となっています。

チャートはこちら。

いやぁ、強いですね。
1か月半ほどで1,000円程上げてきました。
20,500円前後を抜けてからもまだ勢いがありますね。
この分だと、またしばらく休止があるかもしれませんが、3段上げに向かうかもですねぇ。

アメリカの3指数です

日経は絶好調が続いていましたが、アメリカもまだまだ勢いが続いていたのでした。
まずはいつものようにNYダウから見ていきましょう。

こちらも上昇が続いています。
ただ日経と比べるとややゆっくりといった感じでしょうか。
それでも崩れる気配は全くなく、いよいよ23,000ドルが目前となってまいりました。
どこまでこの勢いは続くのでしょうか?

続いてS&P500です。

こちらはNYダウと比べると続伸というまでの勢いはありませんでしたが、崩れる気配はなくほぼ横横の動きでした。
しかしこちらも強いですねぇ。

最後にナスダックです。

NASDAQもS&P500に近い動きではありましたが、金曜日に抵抗を抜けてきたように見えてしまいます。
ただ陰線ではありますので、ここからどうなるかですね。
週明けにそこを超えて陽線となるようだと、さらに上を目指す動きとなるかもですね。

先行指数のナスダックがまだ強い動きを続けていることから、まだアメリカは崩れないかもですねぇ。

ゴールドも復活してきました

株価が上昇していたので、ゴールドはどうなったかと思われましたが、実はこちらも上昇していたのでした。
チャートはこちら。

一時は1,260ポイントぐらいまで下落していましたが、先週には再度1,300ポイント復活となっています。
戻りと言えばそうなのかもしれませんが、この先株価との関連からどんな動きとなるのでしょうか?

ドル円は下落、原油は上昇でした

日経は上昇していましたが、実はドル円は下落していたのでした。
チャートはというと

こんな感じで先々週は113円台に入っていたのが、週末には111円台となっています。
1円以上の下落でしたが、日経の上昇には影響がほとんどありませんでしたね。
ただしチャート的には、この辺りを切ってしまうと危ない形になりますので、ちょっと注意は必要かもしれません。

続いて原油です。

こちらも一時は下落していましたが、そこからは復活して51ドル台で終えています。
まだ上昇傾向が続いているように見えますね。
この後前回高値を超えていくかですが、株価が好調ならそれもありそうな気がします。

10月16日からの日経平均株価はどうなる?

というわけで、絶好調が続いている日経ですが、週明けも高く始まりそうな雰囲気です。

先週末のCME 日経225先物終値は

20,265円 (ドル建て)

となっています。

日経の終値からは100円以上高い位置ですね。
雰囲気的にはまだまだ上を目指してしまいそうな気がしますが、いかがなもんでしょうか。

とりあえず選挙が終わるまでは、多分下げるに下げれないので、きっと大きな下落はないことでしょう。
問題はそのあとどうなるかですが、ちょっとここまで結構強引に上げてきていることもあり、危ないような気もしてしまいます。
特に最近は

指数が上がっている割に、下落した銘柄の方が多い

という逆転現象が良く起きているようですので。
さらに

騰落レシオ(25日)は137.9

まで上昇していますからね。

こちらもすぐに下落とはならないでしょうが、140を超えた1か月後ぐらいが危ないことが多い気がしますので。

というわけで、まだ選挙が終わるまでは安泰かもしれませんが、そのあとどうなるかは注意が必要かと思われます。

本日もありがとうございました。